*

ヒョウモントカゲモドキに餌をあげる頻度を紹介

公開日: : 最終更新日:2016/12/28 ヒョウモントカゲモドキの飼育方法

Pocket

ヒョウモントカゲモドキに餌をあげる頻度を紹介 

IMG_2736c

ヒョウモントカゲモドキは飼いやすい爬虫類としてとても人気の高いペットです。飼育環境さえちゃんと整っていれば、誰でも簡単に飼育することができますが、餌を与える頻度には注意が必要です。今回の記事では、ヒョウモントカゲモドキに餌をあげる頻度を紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ヒョウモントカゲモドキに限らす生き物を飼う場合は、餌の与えすぎには注意する必要があります。

 

餌を与えすぎてしまえば、脂肪過多になったり消化不良になってしまうことがあります。ベビーといった幼体を飼育する場合は、餌をあげる頻度が少ないとちゃんと成長できずに死んでしまうことがあります。

 

今回の記事ではヒョウモントカゲに餌をあげる頻度を紹介するので、ヒョウモントカゲモドキを飼い始めた人はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、ヒョウモントカゲモドキに餌をあげる頻度を紹介します。

ヒョウモントカゲモドキと暮らす本 (アクアライフの本)

 

 

 

1、ベビーを飼育する場合は食べるだけ与える

フタホシコオロギ(Mサイズ)100匹セット(死着補償有り)※エサ用

 

 

ヒョウモントカゲモドキのベビーを飼育する場合は、餌は食べるだけあげるようにしましょう。

 

 

小さいときにしっかり餌が食べられている個体の方が体が丈夫に成長します。なので、ヒョウモントカゲモドキのベビーを飼育している人は、いつでも好きなだけ食べれるようにしてあげましょう。

 

 

小さいコオロギを10匹前後ヒョウモントカゲモドキとおなじケージにいれておくのがいいと思います。生きたコオロギをヒョウモントカゲモドキと一緒のケージに入れておけば好きなだけ食べることができます。

 

冷凍のコオロギなどを食べることもできますが、何回もピンセットで与えるのは大変なので、生きたコオロギを入れておいた方が飼育は楽なのでオススメです。

 

 

ヨーロッパコオロギよりもフタホシコオロギの方が動きが遅いので、ベビーでも捕食がしやすいので、餌をちゃんと食べられていない場合はフタホシコオロギをあげましょう。

 

 

ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめの餌をこちらの記事で『ヒョウモントカゲモドキを飼育するときにオススメの餌を紹介』詳しく紹介しているので、ヒョウモントカゲモドキを飼ってみたい方はこちらも確認してみてください。

 

 

 

2、成体を飼育する場合は3日おきに餌をあげる

 

 

 

成体を飼育する場合は3日おきに餌をあげるようにしましょう。

 

 

飼育に慣れている人は、ヒョウモントカゲモドキの尻尾をみてどのぐらい脂肪を溜めているかを判断して餌をあげますが、飼育に慣れないとその方法は難しいので、初めて飼育する人などは3日に1回食べられるだけ餌をあげるようにしましょう。

 

 

成体にまで成長すれば、コオロギ以外にもピンクマウスや冷凍の餌を与えることができます。

 

冷凍コオロギやピンクマウスを与える場合は、ピンセットで摘んでヒョウモントカゲモドキの前に差し出してください。

 

 

ヒョウモントカゲモドキは動くものを食べるので、ちょっとピンセットを揺するとヒョウモントカゲモドキが食いつきます。

 

 

ピンセットで餌をあげればだれだけ餌をあげたかを確認することができるので、どのぐらい餌を食べたらどのぐらい尻尾が太くなるのかを知ることができるのでオススメです。

 

 

 

 

3、ヒョウモントカゲモドキが餌を食べないときは?

 

 

 

ヒョウモントカゲモドキを飼育しているとたまに餌の食いが悪くなるときがあります。

 

 

飼育を始めたばかりだと、餌の食いが悪くなることがあります。ヒョウモントカゲモドキは新しい環境で飼育し始めると餌の食いが悪くなってしまいますが、慣れればちゃんと餌を食べるようになるので安心してください。

 

ただ、飼育になれてきているのに餌の食いが悪くなってしまったときには注意が必要です。

 

尻尾が太くなっていれば脂肪を蓄えられているので、餓死してしまうことはありませんが、ちゃんと脂肪を蓄えられていないとしんでしまうことがあります。

 

 

餌の食いが悪くなってしまった場合は室温を確認しましょう。室温が低いと食欲が落ちてしまいます。25度よりも下がっていると食欲が落ち初めてしまうので室温が25度よりも下がっていないか確認しましょう。

 

人間の感覚だと20度ぐらいだとそんなに寒い感じはしませんが、ヒョウモントカゲモドキにとってはちょっと寒いので室温を高く保つようにしてください。

 

ヒョウモントカゲモドキを飼育する場合は室温を30度前後ぐらいに調整させてください。

 

 

飼っているヒョウモントカゲモドキが拒食になってしまった時の対処法はこちらの記事で『ヒョウモントカゲモドキが拒食になってしまったときの対処法を紹介』詳しく紹介しているんで、こちらも確認してみてください。

 

 

 

こんな記事もオススメです。

ヒョウモントカゲモドキが脱皮する間隔ってどのぐらい?脱皮前に気をつけることを紹介
ヒョウモントカゲモドキは定期的に脱皮をします。 ヒョウモントカゲモドキは飼育が簡単だと言われていますが、脱皮不全にならないように気をつけなければいけません。

ヒョウモントカゲモドキの寿命はどのぐらい?平均寿命と最高寿命を紹介!!
どんな生き物でも飼うからには責任をもって飼う必要があります。責任もって生き物を飼育するには寿命を知っておきたいですよね。今回の記事ではヒョウモントカゲモドキの寿命に

ヒョウモントカゲモドキを飼育するときに必要な飼育セットを紹介
ヒョウモントカゲモドキを飼育するためには何が必要なのか気になりますよね。ヒョウモントカゲモドキを飼ってみたいけど、飼い始めるには何が必要なのかいくらぐらいかかるのかわからな

おすすめの飼育ケージ

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

おすすめの保温器具

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

関連記事

ヒョウモントカゲモドキがなりやすい病気と病気にならないように気をつけて欲しいことを紹介

ヒョウモントカゲモドキを飼育する場合は病気にならなように注意しなければいけません。 &

記事を読む

ヒョウモントカゲモドキを飼育するときにオススメのケージを紹介

ヒョウモントカゲモドキを飼育するには、ケージが必要になります。   ヒ

記事を読む

ハイイエローとは?ヒョウモントカゲモドキの種類を紹介!!

  ヒョウモントカゲモドキの中でも最も有名な種類はハイイエローです。

記事を読む

ヒョウモントカゲモドキを飼育するときに必要な飼育セットを紹介

ヒョウモントカゲモドキを飼育するためには何が必要なのか気になりますよね。ヒョウモントカゲモド

記事を読む

アルビノとは?ヒョウモントカゲモドキの種類を紹介

ヒョウモントカゲモドキのアルビノを飼いたいって思っている人も多いんじゃないでしょうか?

記事を読む

ヒョウモントカゲモドキの有名な品種を紹介!!

  ヒョウモントカゲモドキにはいろいろな品種がいます。この品種の多さもヒョウ

記事を読む

超かわいい!!ヒョウモントカゲモドキの魅力を紹介!!

ヒョウモントカゲモドキはとても可愛くペットとしても人気の高い種類の爬虫類です。私も飼っている

記事を読む

【今、大人気!!】ヒョウモントカゲモドキの飼育方法を紹介!!

ヒョウモントカゲモドキは尻尾が太くて見た目がすごく可愛いヤモリです。  

記事を読む

マックスノーとは?ヒョウモントカゲモドキの種類を紹介

  マックスノーはヒョウモントカゲモドキの中でも人気の高い種類です。とても人

記事を読む

ヒョウモントカゲモドキを飼おう!ヒョウモントカゲモドキの飼い方を紹介!!

ヒョウモントカゲモドキは爬虫類の中でもペットとして人気の高い種類です。飼育も簡単なので、トカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑