*

アカハライモリの飼育にオススメの餌を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2016/11/09 イモリの飼育方法

Pocket

アカハライモリの飼育にオススメの餌を紹介!!アカハライモリ

アカハライモリは手軽に飼育ができますが何を食べるのかよくわからないって人も多いんじゃないでしょうか?今回の記事ではアカハライモリの飼育にオススメの餌を紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アカハライモリは両生類の中では飼育が簡単なので人気の高い種類です。ホームセンターなどでも売っているのでとても手軽に飼育が始められます。

 

 

でも何を食べるのかよくわからないって人も多いんじゃないでしょうか?

 

 

アカハライモリは手軽に購入できたり地域によっては捕まえることも出来ます。知り合いにアカハライモリを繁殖させている人がいて、子供が貰ってきたなんて人もいるんじゃないでしょうか?

 

 

アカハライモリについてよくわからないと飼育が難しそうと思うかもしれませんが以外にも何でも食べるので飼育は簡単です。

 

 

今回の記事ではアカハライモリの飼育にオススメの餌を紹介するので、アカハライモリを飼い始めたけど何をあげればいのかわからない人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではアカハライモリの飼育にオススメの餌を紹介します。

 

 

 

 

1、簡単に飼育したい人にオススメの餌


イモリの主食 40g

 

 

アカハライモリは何でも食べます。

 

生き餌も食べますが乾燥餌も食べます。簡単に飼育したいと思うなら乾燥餌に慣れさせて乾燥餌で飼育するのがいいと思います。

 

乾燥餌で飼育すれば飼育水をあまり汚さないので水換えの頻度を少なくすることができます。

 

 

水換えの頻度を少なくすればそれだけアカハライモリの飼育は簡単になります。時間がない人や飼育を簡単にしたい人には乾燥餌での飼育がオススメです。

 

イモリ用の乾燥餌も売っています。近くのペットショップでイモリ用の乾燥餌が売っていない場合はウーパールーパー用の乾燥餌かカメ用の乾燥餌がオススメです。

2、健康に育てたい人にオススメの餌


キョーリン UV赤虫 6枚セット (冷凍)

 

 

乾燥餌で飼育するのは簡単ですが病気になってしまったりすることがあります。

 

乾燥餌で飼育すると消化不良になってしまったり、お腹に空気が溜まってしまって水中に潜ることがで着なくなってしまったりすることがあります。

 

 

お腹に空気が溜まって水中に潜れなくなる原因はよくわかっていないのですが一般的には乾燥餌での飼育が原因だと言われています。

 

健康的に飼育したいと思う人は冷凍の赤虫を与えるのがいいと思います。冷凍の赤虫を溶かしながら適量水中に沈ませてあげてください。

 

 

アカハライモリは赤虫が好きなので乾燥餌よりも食いが良いです。大きく成長させたいと思ったら冷凍の赤虫をあげるのがいいと思います。

 

冷凍の赤虫は乾燥餌に比べて水を汚すので水換えの頻度は増えるので飼育は少し大変になります。

 

 

 

3、アカハライモリが好きな餌

 

 

 

アカハライモリの餌の食いが悪くなったらアカハライモリが好きな餌をあげるのがいいと思います。

 

 

アカハライモリは自然ではオタマジャクシやミミズや昆虫なんかを食べています。

 

 

乾燥餌や冷凍餌よりも生き餌の方は本能を刺激するので食いが悪くなったきたときは生き餌がいいでしょう。

 

オタマジャクシは熱帯魚屋さんで売っていることもあるので購入してアカハライモリの水槽に入れておけば勝手に食べてくれます。

 

 

水質は汚れやすくなりますがアカハライモリの運動不足の解消にもなるのでオススメです。

 

 

アカハライモリの飼育方法はこちらの記事で『アカハライモリってどうやって飼うの?アカハライモリの飼育方法を紹介!!』詳しく紹介しているので、アカハライモリを飼ってみたいと思う方はこちらの記事も確認してみて下さい。

 

 

おすすめの飼育ケージ

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

おすすめの保温器具

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

関連記事

no image

アカハライモリってどうやって飼うの?アカハライモリの飼育方法を紹介!!

アカハライモリはお腹が赤くてとてもかっこいいイモリです。日本に生息しているので手軽に購入でき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑