爬虫類用のケージは何がいい?オススメの爬虫類用ケージと選び方について紹介!!

イグアナ

爬虫類は鳴き声もなく匂いも少なく、飼育の手間もあまりかからないので人気のペットです。爬虫類は水槽で飼育することができますが、爬虫類用の飼育ケージの方が使いやすく、ペットにストレスを与えずに飼育することができます。今回の記事ではオススメの爬虫類用ケージとケージの選び方について紹介します。

 

 

爬虫類用ケージはサイズも様々で、ガラス製のものやアクリル製のものなどの種類があります。

 

爬虫類用ケージは爬虫類の飼育がしやすいような機能も豊富なので、爬虫類を飼育する場合は爬虫類用ケージがオススメです。ただ、販売されている商品も多く、何を選べばいいか迷いますよね。

 

今回の記事ではオススメの爬虫類用ケージを紹介するので、爬虫類の飼育ケージ選びに迷っている方は読んでみてください。

 

爬虫類の飼育に必要なものか下記の記事で紹介しているので、そちらの記事も読んでみてください。

爬虫類の飼育には何がいる?爬虫類の飼育に必要な飼育設備を紹介!

 

爬虫類用ケージの選び方

レオパ

 

爬虫類用のケージは各メーカーから様々な種類が販売されています。初めて爬虫類を飼う場合はどんな飼育ケージを選べばいいかわからないことも多いので、簡単に爬虫類用の飼育ケージの選び方を紹介します。

 

 

爬虫類のサイズに合わせて選ぶ

 

 

飼育ケージを購入するときは飼育する爬虫類のサイズに合わせて購入するようにしましょう。

 

ヒョウモントカゲモドキなどの小型の爬虫類であれば30cmサイズの飼育ケージで飼育することができます。

 

フトアゴヒゲトカゲなどの比較的大きく成長する爬虫類を飼育する場合は90cm以上の飼育ケージを選ぶようにしましょう。

 

また、木の上に暮らす樹上棲の爬虫類を飼育する場合は流木などを組む必要があるので、高さのある飼育ケージを選ぶようにしましょう。

 

前開きタイプがオススメ

 

爬虫類の天敵は鳥なので上から掴もうとするとストレスを与えてしまうことがあります。

 

そのため爬虫類用ケージは前開きタイプのものが多く販売されています。前開きのタイプであれば爬虫類を怖がらせることなく、餌を与えたり掃除をしたりすることができます。また、サイズの大きな爬虫類を出し入れする際も前開きの方が便利です。

 

ロック機能はあるか

 

爬虫類用の飼育ケージには上部のフタや扉をロックすることができるようになっているものがあります。ヘビは脱走することが多いので、ヘビを飼育する場合はロック機能があるものがオススメです。

 

コード穴・ランプステーはあるか

 

爬虫類を飼育する場合は紫外線ライトやバスキングライトの他にも保温器具をなど設置することが多いです。ケージ内にヒーターを設置することで、効率よくケージ内を温めることができますが、コードを通すための穴を開けなければいけません。

 

爬虫類用の飼育ケージにはコードを通す為の穴が空いていたり、ライトを止める為のランプステーが付いている商品もあります。

 

設置する機材が多い場合はそういった飼育ケージを選ぶようにしましょう。

 

 

飼育ケージの素材について

ボールパイソン

 

飼育ケージは大きく分けてアクリル製、プラスチック製、ガラス製の3種類があります。簡単にそれぞれの特徴を紹介します。

 

アクリル・プラスチック製

 

アクリル製、プラスチック製は値段が安いので、安価にすませたい場合はアクリルやプラスチック製の飼育ケージを使用するのがオススメです。また、ガラス製に比べて軽いので、丸洗いがしやすくメンテナンス性も高いです。

 

アクリルやプラスチック製の爬虫類用ケージは重ねることができるので、コーンスネークやレオパなどを複数匹飼育する場合は管理もしやすくてオススメです。

 

アクリル、プラスチック製の飼育ケージは柔らかいので細かい傷がつきやすいです。

 

爬虫類の爪などでひっかかれていると細かい傷がついて白く濁ったようになります。使用しているとどうしても傷がついてしまうので、鑑賞性が悪くなってしまうデメリットがあります。

 

ガラス製

 

ガラス製の飼育ケージはアクリルやプラスチック製のものに比べて傷は付きづらく鑑賞性は高いですが、重量があるので掃除などのメンテナンスは少し大変になります。

 

ただ、前開きになっている爬虫類用ケージなら掃除はそこまで大変じゃないです。爬虫類用ケージの多くはガラス性です。ガラス製のケージは蓋がネットになっていたり、コードを通す穴があったりなど、爬虫類を飼育するための機能が多くついています。

 

初めて爬虫類を飼育する方はガラス製の飼育ケージの方が管理しやすくてオススメです。

 

 

 

 

オススメの爬虫類用ケージ

 

 

ジェックス グラステラリウム 3030

created by Rinker
ジェックス
¥8,840 (2021/10/25 21:47:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

扉が観音開きになっているので餌やりや掃除などのメンテナンスがしやすい爬虫類用ケージです。

 

ヒョウモントカゲモドキや小型のトカゲやカメの飼育に向いています。中も見やすく観察もしやすいのでオススメです。

 

鑑賞性も高く、上部はメッシュになっていて、コード穴とロック機能もついています。

 

とても多く使用されているケースで、ペットショップで見かけることも多いので、買いやすい飼育ケージケージです。

 

寿工芸 ヒュドラケース 3120

created by Rinker
寿工芸
¥3,889 (2021/10/26 20:49:15時点 Amazon調べ-詳細)

この爬虫類用のケージも30cmと小型のケージです。ヒョウモントカゲモドキや小型のカメやトカゲなら問題なく飼育することができます。

 

上部が開くようになっていて前面を開くことはできません。上下に重ねて使うことができるケージなので多頭飼育する場合やブリーディングする方には使いやすいと思います。蓋はメッシュになっていて通気性もよくロック機能もついています。

 

またコード穴もついているので、ケージ内にコードやエアホースを通すことができます。

 

前開きにはなっていませんが、値段は安くて4000円ほどで購入することができます。先ほど紹介した飼育ケージに比べて値段が安いので、なるべく安い飼育ケージが良い方にはオススメです。

 

 

ジェックス グラステラリウム 3045

created by Rinker
ジェックス
¥8,780 (2021/10/25 22:46:51時点 Amazon調べ-詳細)

高さのあるタイプで樹上棲のカエルやヤモリなどの飼育にオススメです。ランプステーやコード穴もあるので、とても使いやすい飼育ケージです。

 

空気穴までの高さであれば水を張ることもできるのでテラリウムをする場合にもオススメです。

 

グラステラリウムシリーズは爬虫類用ケージの中でも特に人気があり、様々なサイズが販売されています。飼育する爬虫類の大きさや生態に合わせて飼育ケージを用意しましょう。

 

ニッソー WILD PLANETケージ WP645

created by Rinker
ニッソー
¥20,735 (2021/10/26 20:49:17時点 Amazon調べ-詳細)

コスパのいい飼育ケージです。値段もそれほど高くなく、機能も充実しているので、60cmサイズの飼育ケージを探している場合はこれがいいと思います。

 

高さも45cmあるので、カメレオンの飼育に使うこともできます。パネルヒーターを入れるスペースもあってランプステーも6つ付いているので、好きな位置にランプを設置することができます。

値段も他の同サイズの飼育ケージに比べて少し安いです。

 

SANKO パンテオン ホワイト WH9045

created by Rinker
SANKO
¥22,103 (2021/10/26 20:49:18時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの飼育ケージは見た目も良く鑑賞性のいい飼育ケージです。フレームは白のタイプと黒のタイプの2種類あります。

 

前面はスライド扉になっていて、鍵付きのロック機能もついています。上部はメッシュ蓋で、側面も一部メッシュになっています。別売りになりますが、側面を全面メッシュに変更することもできます。

 

ランプステー、コード穴もあるので、問題なく爬虫類を飼育することができます。通気性の良い飼育ケージなので、カメレオンなどの通気性の良い環境を好む生体を飼育する場合にオススメです。

 

爬虫類の飼育に必要な設備や飼育する際の注意点を紹介!!

爬虫類の餌は何がいい?爬虫類が食べる餌の種類を紹介!!

爬虫類の飼育にオススメのアクリルケージを紹介!!

飼育設備について

Posted by hachuarium