*

亀を飼おう!ペットにオススメの亀を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/08/18 カメの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

亀を飼おう!ペットにオススメの亀を紹介!!

亀は飼っている方も多くペットとしても人気の動物です。種類も多く色々な亀がいて、種類によって飼育方法も様々です。今回の記事ではペットにオススメの亀について紹介してします。

 

亀には色々な種類がいて水中に生息しちる水棲の亀や地上に生息しているリクガメなど様々な種類がいます。

 

中には大きく成長して飼育が難しい種類もいますが、そこまで大きく成長せず、飼育が簡単な種類も多いです。

 

今回の記事では、ペットにオススメの亀を紹介するので、亀を飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ペットにオススメの亀

 

 

 

ヘルマンリクガメ

 

 

体長は最大で20cm程度までしか成長しない小型のリクガメです。

 

群れで生活している亀なので人にも慣れやすく飼育も簡単なので、リクガメの入門種として人気の高いです。

 

室温は20〜28度が適温で、対応する温度の幅も広いので、成体であれば冬の寒い時期や夏の暑い時期でなければ常温で飼育することができます。

 

国内で繁殖された個体が多く販売されていて、1万円前後で購入することができます。

 

栄養バランスが悪かったり、紫外線ライトが弱いと甲羅がボコボコになってしまうので、栄養バランスよく餌を与えるようにしましょう。リクガメの入門種!!ヘルマンリクガメの特徴と飼育方法を紹介!!

 

 

 

ギリシャリクガメ

 

 

ギリシャリクガメも飼育が簡単なリクガメです。

 

ベビーであれば1万円前後で購入することができて、大きくなるにつれて値段も高くなります。

 

温度の変化で体調を崩すことも少ないので、初心者の方でも飼いやすいリクガメです。寿命も長くて30〜50年程度生きるので、長く付き合うことができます。

 

 

 

オオアタマヒメニオイガメ

 

 

最大で13cm程度までしか成長しない小型の亀です。

 

頭が大きな亀で、甲羅は褐色に黒いラインが入っています。水棲の亀で見た目も爬虫類っぽいです。

 

ニオイガメなので危険を感じると臭い匂いを出しますが、飼育しているときは余程のことがないと匂いを出すことはありません。

 

水棲の亀用の人工餌で飼育することができて、サイズも小さくて飼育も簡単でオススメです。値段は8000円前後と少し高いですが、ちょっと違った亀を飼いたい方にオススメです。

 

 

 

ミシシッピニオイガメ

 

 

体長も10cm程度までしか成長しない小型の水棲亀です。甲羅は黒っぽくて頭部には明るい色のラインが入っています。

 

値段も安くて飼育も簡単なので、水棲亀の入門種として人気が高いです。小さいうちはプラケースで飼育することもできるので、手軽に飼育することが出来ます。

 

ベビーを飼育する場合は水温が下がりすぎないようにしたほうがいいですが、大人になれば常温で通年飼育することができます。

 

寒さにも強くて、水温が下がりすぎると冬眠することができるのそれほど手間をかけずに飼育することができます。

 

 

 

クサガメ

 

 

体長が15〜25cm程度まで成長する亀です。

 

水棲の亀で水質の悪化にも強い亀なので、簡単に飼育することが出来ます。人にも慣れやすくて亀の中でも人気の高い種類で、昔からペットとして親しまれています。

 

寿命も長く20年以上と言われていて、最大で100年生きた個体もいるようです。販売価格も安くて、幼体のゼニガメであれば500円程度で購入することも出来ます。

 

水温の悪化や変化に強い種類なので、幼体でなければヒーターを設置しないでも飼育することが出来ます。

 

 

オススメの飼育セット

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です