*

ペットにオススメのリクガメとは?飼いやすいリクガメの種類を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/08/18 カメの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

ペットにオススメのリクガメとは?飼いやすいリクガメの種類を紹介!!リクガメ

リクガメはペットとして人気が高いです。値段も手頃な種類が多く、飼育も簡単な種類も多いのでリクガメを飼ったことがない人でも簡単に飼育することができす。こんないの記事ではペットにオススメのリクガメを紹介します。

 

 

リクガメはペットとして人気で流通量も多いので、近年ではペットショップの他にもホームセンターでも販売されています。

 

リクガメを飼育する場合は紫外線ライトや保温器具が必要になりますが、室温の管理さえちゃんとしていれば病気になることも少ないので、初心者でも簡単に飼育することができます。

 

今回の記事ではペットにオススメのリクガメを紹介するので、リクガメを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ペットオススメのリクガメ① ヘルマンリクガメ

 

 

ヘルマンリクガメは1〜3万円前後で販売されている比較的値段の安いリクガメです。

 

体も丈夫で人にも慣れやすい性格をしているので、リクガメの中でも特に人気の高い種類です。成長しても20cm程度までしか大きくならないので、省スペースで飼育することができるので、アパートやマンションでも飼育することができます。

 

ヘルマンリクガメにはニシヘルマンリクガメとヒガシヘルマンリクガメの2種類がいます。

 

ヒガシヘルマンリクガメの方は流通量が多く値段も安く寒さにも強いので初心者向きです。初めて飼育するなら、ヒガシヘルマンリクガメがいいと思います。

 

ヘルマンリクガメの特徴と飼育方法はこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

 

ペットにオススメのリクガメ② ギリシャリクガメ

 

 

ギリシャリクガメも1〜3万円前後で購入することができる比較的値段の安いリクガメです。

 

 

甲羅の模様がギリシャのモザイク模様に似ているので、ギリシャリクガメと呼ばれています。体が丈夫で寒さにも強く日本の気候にも適応するので、飼育がしやすい種類のリクガメです。成長しても20〜30cm程度なので、省スペースで飼育することができます。

 

亜種が豊富でバラエティーが豊富なことで知られているリクガメで、亜種によっては寒さに弱かったり体長が違うので気をつけてください。

 

ギリシャリクガメを飼育する場合は亜種に合わせて飼育環境を整えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

ペットにオススメのリクガメ③ ロシアリクガメ

 

 

ロシアリクガメはヨツユビリクガメやホルスフィールドリクガメとも呼ばれています。

 

値段はリクガメの中でも安く8000円〜15000円前後で購入することができます。ロシアや中央アジアに広く生息しているリクガメで、寒さにも強い種類なので、屋外で飼育することもできます。

 

寒さに強く冬眠することもできる種類ですが、冬眠中に死んでしまうことがあるので、ロシアリクガメを飼育する場合は室内で飼育して冬眠しないように通年室温を管理して飼育するようにしましょう。

 

穴を掘るのが好きなリクガメなので、飼育ケージ内で飼育する場合でも床材を集めに敷いて穴掘りができるようにしてあげましょう。

 

ロシアリクガメの特徴と飼育方法についてはこちらの記事で、詳しく紹介しているので読んでみてください。

 

ペットにオススメのリクガメ④ パンケーキリクガメ

 

 

 

パンケーキリクガメも値段が安く15000〜30000円前後で購入することができます。

 

平べったい甲羅をしていて、おすとへっこむ柔らかい甲羅をしています。リクガメの中でもユニークな特徴を持っています。

 

甲羅が軽いので動きが早く、岩に登ったり岩の隙間に隠れたりします。成長も20cm程度と小さいので、省スペースで飼育することができます。

 

国内では繁殖個体が多く流通していて値段も比較的安いく、飼育もそれほど難しくないので、初心者でも飼育しやすい種類です。

 

 

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です