ヤモリの飼育ケージは何がいい?飼育ケージの選び方について紹介!!

ヤモリの飼育ケージは何がいい?飼育ケージの選び方について紹介!!大きいヤモリ

ニホンヤモリはペットとして飼育しやすい爬虫類です。日本に生息しているので、子供が捕まえてきて、どうやって飼育すればいいかわからないと思います。今回の記事ではヤモリを飼育するときの飼育ケージについて紹介します。

 

 

ヤモリは飼育のそれほど難しくありません。野生のヤモリは飼育環境に慣れていないと餌を食べなかったりしますが、ちゃんと飼育環境を作って安心できる環境を作ってあげれば飼育は簡単です。

 

飼育環境を揃えるときに大切なのが飼育ケースだと思います。どんなレイアウトで飼育したいかによって飼育ケース選びは変わってきます。

 

今回の記事ではヤモリを飼育する際の飼育ケースについて紹介するので、ニホンヤモリを飼育しようと思うっている方はぜひ読んでみてください。

 

ニホンヤモリの飼育は難しい?ニホンヤモリの飼育方法や値段、寿命などを紹介!!

 

飼育ケースの選び方について

 

 

生体にはそれぞれ生体にあった飼育環境があります。

 

ニホンヤモリを飼育する場合もニホンヤモリの生態にあった飼育ケージを選ぶようにしましょう。

 

 

高さ

 

樹上棲のヤモリで木の上で生活していることが多いので、ある程度高さのあるケージが必要です。

 

ケージの高さは体長の2倍ほど必要だと言われています。ニホンヤモリはそれほど大きな爬虫類ではなりませんが高さが30cmほどあった方がいいと思います。

 

 

広さ

 

なるべく広い方がいいと思いますが、ニホンヤモリはそれほど大きな爬虫類じゃないので、横幅が20cmほどあれば飼育することができます。

 

もう少し小さいケージでも飼育することができますが、登れる場所が少ないと頭を下にした体制でいることが多くなり、尻尾が曲がってしまうことがあるの注意してください。

 

流木や観葉植物を設置することができるように幅は20cmほどのものがいいと思います。

 

 

メンテナンス性

 

 

飼育ケージは定期的に掃除をしなければいけないので、メンテナンス性も重要です。ガラス製の飼育ケージだとアクリル製のものよりも重いので掃除が少し大変になってしまいます。

 

なのでメンテナンス性を重視するならプラケースなどで飼育するのがいいと思います。

 

 

鑑賞性

 

 

かっこいいレイアウトで飼育しようと思ったら鑑賞性も重要です。

 

鑑賞性で言えばアクリル性のものよりガラス製の方が透明度が高く鑑賞性が高いです。かっこいいレイアウトでヤモリを飼育したい場合は鑑賞性の高いガラス製のケースを使用するのがいいと思います。

 

 

 

ヤモリの飼育にオススメの飼育ケース

 

それではヤモリを飼育する際にオススメの飼育ケースを紹介します。

 

 

エキゾテラ グラステラリウム

 

エキゾテラ爬虫類の飼育でよく使われている飼育ケージです。

 

上部がメッシュになっているので、通気性が良くて爬虫類の飼育に使いやすいです。爬虫類を飼育するために作られているケースなのでヤモリの飼育にもオススメです。

 

前面が観音開きになっているので、全面から手を入れてメンテナンスをすることができるので、生体にストレスを与えずに掃除をすることができます。

 

高さは30cmのものでもいいと思いますが、かっこいいレイアウトで飼育したい場合は流木や観葉植物を設置しやすいように高さが45cmのものがいいと思います。

 

 

プラケース

 

プラケースでも問題なく飼育することができます。

 

プラケースは蓋もついているので脱走を防ぐことができ、使いやすいケースです。

 

大きさは幅が20cmほどあれば飼育することができますが、2匹飼育する場合は幅が30cm以上のものを選ぶようにしましょう。

 

ヤモリの餌は何がいい?ヤモリにオススメの餌や餌の保存方法について紹介!!

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 3030

ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 4530