*

フリンジヘラオヤモリ の特徴と飼育に必要な設備を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/06/30 ヤモリの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

フリンジヘラオヤモリ の特徴と飼育に必要な設備を紹介!!

出典:http://www.exotic-supply.com/product/2105

 

フリンジヘラオヤモリは独特な見た目をしていて個性的なヤモリです。マダガスカル島に生息していて、個性豊かで魅力的な生き物です。今回の記事ではフリンジヘラオヤモリの特徴と飼育方法を紹介します。

 

フリンジヘラオヤモリは独特な見た目でとても人気のヘラオヤモリです。ヘラオヤモリの中でも最大種で大きく成長します。

 

あまり輸入量も多くないので、販売しているお店も少なく値段も高いですが、他の人が勝っていないペットを飼いたいと思う方にはオススメです。

 

餌を取る時以外は動きも遅くハンドリングすることできるます。

 

今回の記事ではフリンジヘラオヤモリの特徴と飼育方法を紹介するので、フリンジヘラオヤモリを飼ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

フリンジヘラオヤモリの特徴

 

 

フリンジヘラオヤモリはマダガスカル島の東部に生息しているヤモリでヘラオヤモリ属の中では最大の種類になります。

 

最大で30cmまで成長することがあるヤモリで、平らな頭と飛び出したような目、名前の由来になっているヘラ状の平たい大きな尻尾が特徴です。

 

灰色をベースにした体に黒っぽい模様が入っていて、この体色で樹木に擬態しています。

 

 

夜行性のヤモリで、木に擬態しながら昆虫などを食べてきます。

 

寿命は10年以上と言われていますが、まだ繁殖個体の流通も少なく、販売されているのがほとんどワイルド個体なため、年齢の推測が難しく、飼育下でどのぐらい生きるかは判断することができません。

 

販売価格は他のヤモリに比べて高く、3〜5万円ぐらいで販売されています。

 

 

 

フリンジヘラオヤモリの飼育に必要なもの

 

 

飼育ケージ


ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 9045
爬虫類用の飼育ケージを使用するのがいいと思います。30cmまで成長するので、大きなサイズの飼育ケージで飼育するのがいいと思います。

 

45cmサイズの飼育ケージでも飼育することはできますが、45cmだと手狭になってしまうのでも60cm以上の飼育ケージを使用するようにしましょう。

 

また、樹上棲なので、飼育ケージには高さも必要です。高さも60cmぐらいあった方が登り木をセットして、立体的なレイアウトを作ることができます。

 

 

 

床材


ミタニ 昆虫爬虫類用床材 ハスクチップ10リットル KM-20
樹上棲のヤモリなので、地上に降りることはほとんどありませんが、餌を狙って木から飛び降りることもあります。

 

木から飛び降りた時に怪我をしてしまうこともあるので、怪我を防止するためにも床材を敷いておくのがいいと思います。

 

また、湿度が高い環境を好むので床材を入れておいた方が湿度が管理しやすくなります。

 

床材は保湿力があって柔らかいミズゴケやヤシガラを集めに敷いておくのがいいと思います。

 

 

 

コルクバーク・流木


ニッソー 自然流木 特大
ケージの背面にコルクバークや流木を立てかけてあげるとフリンジヘラオヤモリの隠れ場になります。

 

木に擬態するヤモリなので、コルクバークを設置すると上手に擬態します。

 

 

 

パネルヒーター


みどり商会 暖突 M
暖突などの保温器具を用意しましょう。

 

夏場は必要ありませんが、冬場は室温が下がってしまうので、暖突やシート状のパネルヒーターを用意して、背面や天井面から温めてあげるようにしましょう。

 

冬場でもケージ内の温度は25〜27度前後で安定させて、室温が下がらないように注意してください。

 

 

 

温度計・湿度計


ジェックス デジタル温湿度計 PT2470
温度と湿度の管理が大切なので、温度計と湿度計を用意しておきましょう。

 

爬虫類用の温度計と湿度計が一緒になっているものが販売されているので、そういったものを使用するのかいいと思います。

 

フリンジヘラオヤモリは湿度が高い環境を好むので、毎日霧吹きをして、常時湿度は70%ぐらいになるようにしましょう。

 

 

 

フリンジヘラオヤモリの飼育にオススメの餌

 

 

フリンジヘラオヤモリを飼育する場合はコオロギやデュビアなどの生き餌を与えます。

 

個体によっては冷凍のコオロギにも餌付くことがあります。飼育に慣れるまでは生き餌で飼育する方が安全だと思います。

 

餌を与える量は、ベビーからヤングサイズまでは毎日食べるだけ餌を与えて、アダルトサイズまで育ったら、3〜4日に1回程度餌を与えるだけで大丈夫です。

 

 

 

オススメの飼育セット

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です