*

ヤモリを飼育するときにオススメの餌

公開日: : 最終更新日:2017/10/28 ヤモリの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

ヤモリを飼育するときにオススメの餌mm150422-0103080896

ヤモリを飼ってみたいけどどうやって飼育すればいいのかわからないって人も多いと思います。そもそもヤモリってなにを食べるのか知らないって人も多いと思います。今回の記事では、ヤモリを飼育するときにオススメの餌を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

ヤモリを飼育してみたいけど、どんな餌を食べるのかわからないって人も多いと思います。

 

飼育してみたくてもどんな餌を食べるのかわからないと飼育することはできませんよね。

 

今回の記事では、ヤモリを飼育するときにオススメの餌を紹介するので、ヤモリを買ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、ヤモリを飼育するときにオススメの餌を紹介します。

 

 

 

 

1、ヤモリってなにを食べるの?

 

 

 

ヤモリは昆虫を食べます。

 

夏場など、自宅の壁や神社の壁でヤモリを見つけたことがある人は多いと思います。

 

 

なんで壁に張り付いているのかって疑問に思う人も多いと思いますが、ヤモリは餌を取るために壁に張り付いています。ヤモリは家の壁や神社の壁に張り付いて、神社や自宅の光に集まる昆虫を捕食します。

 

 

ヤモリは昆虫を食べるので、ヤモリを飼育する場合は昆虫を用意しましょう。

 

ペットショップなどで、餌用のコオロギやミルワームが売っているので、ヤモリを飼育する場合はコオロギやミルワームを購入しましょう。

フタホシコオロギ(Mサイズ)100匹セット※エサ用(死着補償有り)

(生餌)ミルワーム 5カップ分 本州・四国限定[生体]

 

 

コオロギでもミルワームでも飼育することができますが、コオロギのほうが栄養に偏りがないので、コオロギのほうがオススメです。ミルワームはコオロギに比べて脂肪分が多いので、与え過ぎてしまうと脂肪過多になってしまうことがあるので注意してください。

 

ミルワームを与える場合は、餌用のカップに適当な量のミルワームをいれておいてください。あまり大きすぎると食べることができないので、飼うヤモリの大きさに合わせて用意するようにしましょう。

 

ミルワームもコオロギも飼っているヤモリの顔より大きいと食べることができない場合があるので、顔の半分ぐらいのサイズのものを用意するようにしてください。

 

 

 

 

2、餌の保存方法

 

 

 

生き餌のほうが飼育も楽だし、ヤモリもよく食べるので、ヤモリを飼育する場合は生き餌の方がいいと思います。冷凍の場合はちゃんと解凍しないで与えてしまうと、内臓に負担をかけてしまうので注意が必要だし、個体によっては乾燥コオロギや冷凍コオロギを好んで食べない場合もあるので、最初は生き餌で飼育した方がいいと思います。

 

ただ、生き餌を用意する場合は、コオロギでもミルワームでもちゃんと保存しておかないとすぐに死んでしまいます。

 

死んでしまうと、ヤモリに与えることができなくなってしまうので、コオロギやミルワームを与える場合は正しい方法で保存してください。


特大昆虫飼育プラケース:カブトケース

 

 

コオロギの保存方法

 

昆虫マットをいれておいたほうがコオロギは長生きします。

 

 

ティッシュやキッチンペーパーを水に濡らして、プリンやペットボトルの底を切り抜いたカップなどにいれて、ケース内に一緒に入れておきましょう。

 

昆虫用のゼリーでもいいので、水分が取れるようにしておかないとコオロギは死んでしまいます。

 

夏場などは涼しくて風通しのいいところに置いておきましょう。湿度が高くなってしまうとコオロギが死んでしまうことがあるので注意してください。コオロギの保存方法はこちらの記事で詳しく紹介しているのでそちらを確認してください。

 

 

ミルワームの保存方法

 

 

ミルワームを保存する場合はふすまか昆虫マットを用意しましょう。

 

 

昆虫用のプラケースにふすまか昆虫マットをいれて、そこにミルワームをいれてください。

 

ミルワームは暑過ぎたりすると死んでしまうことがあります。夏場など、暑い場所に置いておくと、ふすまの中がすごく暑くなってワームが死んでしまいます。

 

夏場などは、ふすまが湿っていないか暑くなっていないかを確認して暑いようだったら、涼しい部屋で保存しましょう。

 

3ヶ月〜半年ぐらいで、ふすまは悪くなってしまうので、ふすまが少し黒ずんできたら交換するようにしてください。

 

ふすまが湿ってしまった場合も交換したほうがいいです。夏場など暑い季節は、ワームから汁が出ることがあるので、気が付いたらふすまが湿っていて、ワームが全滅している何てことがよくあるので気をつけてください。

 

ミルワームの保存方法はこちらの記事で詳しく紹介しているのでそちらを確認してみてください。

 

こんな記事もオススメです。



オススメの飼育セット

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Comment

  1. リュウ より:

    初めまして、生き餌以外のトカゲの餌とか
    ありますでしょうか?
    (ロボロフスキーヤモリを飼うつもりなんですけど…)

    • hachuarium より:

      コメントありがとうございます。

      生き餌以外の餌についてですが、レパシースーパーフードグラパイなどの人工餌を与えるか、冷凍コオロギを与えるかになると思います。

      個体差があるので絶対に食べるとは言い切れませんが、グラパイや冷凍コオロギであれば問題なく食べると思います。

  2. すずき より:

    こんばんは!子ヤモリを捕まえました、可愛くて飼いたいのですが、コオロギは気持ち悪いので買いたくないんですが、ミルワームなら子ヤモリでも食べてくれるでしょうか?
    セットはだいたい揃ってます。

    • hachuarium より:

      コメントありがとうございます。
      ミルワームも食べます。ただ、野生のヤモリは捕まえたばかりだとエサを食べないことがあるので、ミルワームを食べない場合はコオロギも用意した方がいいと思います。

  3. しょうや より:

    こんにちは。
    早速ですが、バッタなどは食べるのでしょうか

    • hachuarium より:

      コメントありがとうございます。
      バッタやクモなどの昆虫も食べます。
      サイズが合っている昆虫であれば大体食べるので、近所で昆虫を捕まえられるなら、捕まえた昆虫を与えるのもいいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です