ヤモリは冬眠させない方がいい!冬場の飼育方法を紹介!!

ヤモリは冬眠させない方がいい!冬場の飼育方法を紹介!!ヤモリ

ヤモリは日本のほとんどの地域にいて、家の周りに生息しているので、人間の生活にも身近な生き物です。ヤモリを捕まえて飼ってみようと思う方もいると思いますが、ヤモリを飼育する時は注意が必要です。今回の記事ではヤモリの冬場の管理方法を紹介します。

ヤモリは身近な生き物で、家の近くに生息しているので、飼ってみたいと思う方も多いと思います。実際にヤモリは飼育が簡単で、ちゃんと餌を用意してあげればそんなに簡単に死んでしまうこともありません。

ただ、注意しなければいけないのが冬場の管理方法です。ヤモリは日本に生息しているので、日本の冬場の気温でも問題なく飼育することはできますが、安全に飼育する場合はちゃんと室温の管理をする必要があります。

今回の記事では、ヤモリの冬場の管理方法を紹介するので、ヤモリを飼育しようと思う方はぜひ読んでみてください。

ヤモリの飼育方法は、下記の記事で紹介しているのでそちらも読んでみてください。ヤモリを飼育しよう!ヤモリの飼育方法や餌、寿命、飼育に必要な設備を紹介!

冬場はちゃんと室温を管理しよう

ヤモリは日本に生息しているので、日本の冬場の気温でも問題なく飼育することはできますが、室温が下がりすぎると冬眠してしまいます。

冬眠しても、ちゃんと餌をあげていて健康な状態であれば問題はありませんが、餌をちゃんと食べられていない状態だと冬眠中に死んでしまうことがあります。

また、いきなり室温が下がって冬眠の準備がちゃんとできていないのに冬眠してしまうとお腹の中の糞が腐ってしまって死んでしまうこともあります。

なので、ヤモリを安全に飼育する場合はちゃんと室温を管理して冬眠させないようにするのがいいと思います。ヤモリの餌は何がいい?ヤモリにオススメの餌や餌の保存方法について紹介!!

パネルヒーターを設置する

created by Rinker
ジェックス
¥3,747(2022/10/07 14:04:00時点 Amazon調べ-詳細)

室温を管理する場合はパネルヒーターを設置しましょう。

室温は25度ぐらいがいいと思いますが、冬場にそこまで室温が上がらなくても10度を切らないぐらいであれば冬眠することもありません。

パネルヒーターを設置したらサーモスタットも設置して室温を安定させるようにしましょう。室温の急激な変化はどんな生き物にとってもストレスになってしまうので、注意してください。

昼間はエアコンなどをつけていて室温が暖かくなっていても、夜になると部屋が寒くなってしまうような環境だと体調を崩してしまうこともあるので、注意してください。

繁殖させるためにクーリングをする場合

ヤモリを繁殖させるためにはクーリングと言って冬眠をさせる必要があります。クーリングをしないと発情期にならないので繁殖させることができません。ヤモリを冬眠させる場合は飼育ケージを気温の変化が少なく霜が降りないぐらいの室温の場所に設置しましょう。

室内で飼育していると室温があまり下がらないので、冬眠しないこともあります。なのでクーリングする場合は室内で気温の変化が少なく、比較的涼しい場所に設置するようにしましょう。

ヤモリが途中で起きてしまうとエサもなく水もないので、死んでしまうことがあります。なので、冬眠させる時は室温をちゃんと管理して途中で起きないように注意しましょう。

繁殖が目的であれば、2ヶ月ぐらいクーリングするのがいいと思います。室温が下がる12月〜2月ぐらいまで冬眠させて、2月ぐらいからパネルヒータを使って徐々に室温をあげるのがいいと思います。

糞がお腹にある状態で冬眠してしまうと冬眠中に糞が腐ってしまって、腸閉塞になったりすることがあります。なので、冬眠をさせる場合は冬眠をさせる前に餌を抜いてフンをしたことを確認してから温度を下げるようにしましょう。

繁殖をしない場合は冬眠をさせない方が安全に飼育することができるので、なるべく冬眠はさせない方がいいと思います。

こんな記事もオススメです。

可愛くて飼いやすい!!ロボロフスキースキンクヤモリの飼育方法を紹介!!

ヤモリのオスメスを判断するには?ヤモリのオスとメスの見分け方を紹介!!

ニホンヤモリを飼おう!ニホンヤモリの飼育方法を紹介!!

 

爬虫類の飼育に必要な設備についてはこちらの記事で紹介しているので、爬虫類の飼育を考えている方は読んでみてください。

ヤモリの飼育方法

Posted by hachuarium