*

トカゲの餌は何がいい?トカゲの飼育にオススメの餌を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/11/25 トカゲの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

トカゲの餌は何がいい?トカゲの飼育にオススメの餌を紹介!!トカゲ

トカゲを飼ってみたいと思う人は多いんじゃないでしょうか?トカゲは表情もあって可愛いので、ペットとしても人気が高いです。でも、何を食べるのかなどよく分からないことも多いですよね。今回の記事では、トカゲは何を食べるのか、トカゲの餌を紹介します。

 

 

ニホントカゲやカナヘビなんかを捕まえて飼ってみたいと思っても、何を食べるのかわからなくて飼えないって人も多いと思います。

 

トカゲには色々な種類がいます。日本に生息しているニホントカゲやカナヘビなんかの小さいトカゲや、フトアゴヒゲトカゲなどの体の大きなトカゲなどたくさんの種類がいます。トカゲの種類によっては食べる餌も変わってくるので、飼育するトカゲに合わせて餌を用意する必要があります。

 

今回の記事では、トカゲが食べる餌を紹介するので、トカゲを飼ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではトカゲの食べる餌を紹介します。

 

 

トカゲの種類について

 

 

トカゲと一言に行っても食性は様々です。肉食の種類もいれば植物を食べる草食の周囲や昆虫も野菜も両方食べる種類もいます。

 

日本に生息しているニホントカゲやニホンカナヘビな肉食のトカゲで飼育する場合は昆虫を与えて飼育します。トカゲの中でもペットとして人気の高いフトアゴヒゲトカゲは若い時は昆虫を好んで食べますが大人になるにつれて植物を好むようになる雑食性のトカゲです。

 

また、グリーンイグアナは完全な草食生で植物を与えるだけで飼育することができるので、昆虫が苦手な人でも飼育することができます。

 

ニホントカゲやニホンカナヘビを飼育する場合は餌となる昆虫も一緒に飼育しなければいけなくなりますが、飼育自体はとても簡単なので、子供の自由研究などにもいいと思います。

 

それではトカゲの飼育にオススメの餌を具体的に紹介します。

 

 

 

昆虫

 

 

 

トカゲの餌は基本的に昆虫です。

 

ほとんどのトカゲは昆虫を食べます。肉食のトカゲには昆虫を与えておけば問題ないです。

 

ニホントカゲやカナヘビなどの小さいトカゲも昆虫を食べるので、昆虫を与えて飼育することができます。昆虫には乾燥した物や冷凍したものが販売されていますが、乾燥した餌や冷凍の餌はピンセットから給餌をしなければいけないので、飼育環境に慣れていないと怖がって餌を食べくれません。

 

なので、野生のトカゲを飼育する場合は生きている餌を選ぶのがいいと思います。

 

人工餌やドライフードで飼育することができる場合もありますが、個体によっては生きている昆虫しか食べない場合もなるので、昆虫を飼育したくない場合は野生のトカゲを捕まえて飼育するのはやめておきましょう。

 

簡単にトカゲの飼育にオススメの昆虫を紹介します。

 

コオロギ


生餌 生体 フタホシコオロギ 50匹 【ネットファームジャパン】

 

コオロギには肉食性の爬虫類を飼育するときによく使われる餌です。栄養バランスも良くて飼育も簡単なので、トカゲの餌にもオススメです。

 

餌用として販売されているコオロギにはフタホシコオロギとヨーロッパイエコオロギの2種類がいます。フタホシコオロギの方が動きが遅くて捕まえやすく、ヨーロッパイエコオロギの方が低温に右翼て鳴き声がうるさくありません。

 

基本的にどちらでもいいので、近くのペットショップで販売しているなど入手が楽な方を選ぶのがいいと思います。サイズ別に販売されているので、飼育しているトカゲに合わせて購入するようにしましょう。

 

飼育もそれほど難しくはありませんが飼育ケースないが群れてしまうと全滅してしまうこともあるので、夏場などは風通しがよくて蒸れずらい場所で飼育するようにしましょう。また、たんぱく質が不足すると共食いしてしまうので、コオロギ用の人工餌を用意して、しっかりと餌を与えてください。

 

コオロギの飼育方法はこちらの記事で詳しく紹介しているので、生き餌を使う方はぜひ読んでみてください。
コオロギを飼育しよう!爬虫類の餌に最適なコオロギの飼育方法を紹介!!

 

デュビア

 

いわゆるゴキブリです。デュビアの他にレッドローチやマダガスカルローチなど様々な種類のゴキブリが餌用として販売されています。

 

餌用に販売されているゴキブリは、日本に生息しているゴキブリよりも動きが遅いので扱いやすいです。栄養価も高く飼育も簡単なので、抵抗感がなければデュビアを使うのもいいと思います。

 

デュビアは草食なので、糞の匂いがほとんどしません。コオロギは餌を食べる量も多く、匂いもデュビアに比べて臭いです。コオロギとは違い鳴き声もないので、見た目さえ気にしなけえば昆虫の中ではとても扱いやすいのでオススメです。

 

ただ、デュビアは体長も大きいので、ニホントカゲやニホンカナヘビなど小型のトカゲを飼育する場合には小さいサイズを集めるのが大変です。その点レッドローチは体長が小さく繁殖スピードも早いので、小型のトカゲを飼育する場合はレッドローチを与えるのがいいと思います。

レッドローチの飼育方法と繁殖方法を紹介!!

 

ミルワーム

 

 

ミルワームはゴミムシダマシの幼虫です。コオロギに比べてカロリーが高く、脂肪が多いので与えすぎると肥満になってしまうので注意してください。

 

コオロギは売っているお店が少ないですが、ミルワームは鳥用の餌としても販売されているので、売ってるお店が結構多いので入手は楽です。ただ、与えすぎると肥満になってしまうのでおやつ程度に与えるのがいいと思います。

 

他の餌に比べて皮が暑くて消化が悪いと言われています。与えすぎると消化不良になってしまうこともあるので、ミルワームを与える場合は注意してください。ミルワームの飼育方法とは?ミルワームの餌や飼育方法を紹介

 

 

ショウジョウバエ

 

ショウジョウバエは小型のカエルの飼育などによく使われる餌です。餌用に飛ぶことができないショウジョウバエが販売されています。

 

トカゲの幼体を飼育する場合や小型の樹上棲のトカゲを飼育する場合はショウジョウバエが使われることがあります。ショウジョウバエは上に登っていく習性があります。上に登ると食べることができなくなってしまうので、ケージの上に登ってきたら、捕まえて下に放つようにしましょう。

 

ショウジョウバエは自分で繁殖させることもできます。繁殖はそれほど難しくないので、小型のトカゲや小型のカエルを飼育している場合は挑戦してみるのもいいと思います。

 

 

サシ

 

サシはカワハギ釣りなどで使われる釣り餌です。

 

赤サシなどと呼ばれて赤く着色されているものもあるので、餌用に使う場合は着色されていないものを選ぶのがいいと思います。サシはハエの幼虫で5mmほどしかなく小さいので、小型のトカゲを飼育するときに使いやすい餌です。

 

サシは冷蔵庫の野菜室に入れておけば1ヶ月ぐらい保存することができるので管理も楽です。常温で保存していると1週間ぐらいで成長してハエになってしまうので気をつけてください。

 

 

 

昆虫の与え方

 

 

トカゲにミルワームやサシを与える場合は、トカゲの顔の半分ぐらいのサイズのものを用意して、容器に入れて飼育ケージ内においておきましょう。

 

トカゲがミルワームに気づけば勝手に食べます。ただ、顔より大きかったりすると食べることができなかったり、喉に詰まらせてしまったりすることがあるので注意してください。

 

コオロギをあげる場合も顔の半分ぐらいのサイズのものを与えてください。与え方はピンセットでコオロギをつまみ、軽く揺らしながらトカゲの目の前に持って行くと食べます。

 

もし、ピンセットからだと食べないようなら、コオロギの後ろ足を切って飼育ケージ内に入れておきましょう。

 

トカゲの種類や個体によっては、コオロギを上手に食べることができない場合があります。コオロギの後ろ足を切っておくと、動きが遅くなるので、餌を取るのが下手な個体でもコオロギを食べられるようになります。

 

餌用に販売されているコオロギはフタホシコオロギとヨーロッパイエコオロギの2種類がいます。ヨーロッパイエコオロギの方が動きが早いので、フタホシコオロギの方がオススメです。

 

 

 

 

 

マウス

 

小型のトカゲであれば昆虫で飼育することができますが、中型〜大型のトカゲを飼育する場合はマウスやラットなどを与えて飼育するのが一般的です。

 

マウスやラットは冷凍されて販売されていて、湯煎などで解凍してから与えることになります。マウスやラットは内臓や血にはビタミンが、骨にはカルシウムが、肉の部分にはタンパク質が豊富に含まれているので栄養価も高いのでオススメです。

 

マウスも色々なサイズが販売されているので、飼育しているトカゲのサイズに合わせて購入することができるので餌としてとても使いやすいです。冷凍で保存することができるので、トカゲのサイズが大きくなってきたら、ピンクマウスなどのサイズの小さいマウスを与えるのがいいと思います。

 

マウスは栄養価も高くカロリーも高いので、与えていると太ってしまうことがあります。なので、マウスを与えすぎると肥満になってしまうので、与えすぎに気をつけてください。マウスを与える場合もピンセットでつかんで顔の前まで持っていって、軽く揺すって与えてください。

 

ちゃんと解凍できていないと消化不良になってしまうことがあるので気をつけてください。ピンクマウスやラットを解凍するときは袋に入れてお湯につけて解凍するのがオススメです。袋に空気が入っていると熱が伝わりづらいので、袋の中の空気をちゃんと抜いてお湯につけるようにしてください。ピンクマウスの解凍方法やピンクマウスを与える時の注意点を紹介

 

 

人工餌

 

 

イグアナ用の人工餌やフトアゴヒゲトカゲ用の人工餌、そのほかのトカゲ用の人工餌など様々なタイプの人工餌は販売されています。

 

人工餌は飼い主がピンセットを使って直接与えなければいけません。なので、飼い主に慣れていたりピンセットからの給餌に慣れていないと人工餌を食べることができません。

 

野生のトカゲを捕まえて飼育する場合は、飼育環境に慣れてなくストレスを感じているので、ピンセットから餌を食べることはないと思います。なので、野生のトカゲを捕まえて飼育する場合は生き餌を与えて飼育するのがいいと思います。

 

飼育環境に慣れて飼い主に慣れてきたら人工餌になれさせるのがいいと思います。ただ、人工餌よりもピンクマウスや生き餌の方が嗜好性が高いので、少し餌を抜いてから人工餌を与えないと食べないことがあるので、ゆっくり慣れさせるようにしましょう。

 

フトアゴヒゲトカゲやイグアナ用の人工餌は餌皿に入れてそのまま与えることができます。フトアゴヒゲトカゲやイグアナはカラフルな方が良く食べるので、野菜をあまり食べない場合は人工餌を混ぜて色合いをカラフルにするのがいいと思います。

 

 

 

野菜

 

 

 

フトアゴヒゲトカゲなどの大型のトカゲは成長するにつれて野菜を好んで食べるようになります。

 

チンゲン菜や小松菜などの葉野菜とニンジンなどの根菜を細かく切って、お皿に入れて飼育ケージ内に入れておきましょう。

 

大人になっていくとどんどん野菜を食べるようになるので、なくならないようにお皿に野菜を入れておきましょう。野菜は高タンパク質、高カルシウムのものが理想的です。一般的にはチンゲンサイやモロヘイヤ、小松菜などがオススメです。

 

市販されている野菜の他にはタンポポやオオバコ、クローバーなどもオススメです。ただ、野草には農薬や除草剤が付着していることがあるので、トカゲに与える前にしっかりと水洗いしてから与えるようにしましょう。

 

野菜はそれぞれ栄養価が違うので、一つのものを与えるのではなく、季節によって旬な野菜を使いながら色々と混ぜたり、メインの野菜をローテーションしながら与えるようにしましょう。

 

毎回野菜を用意するのが面倒だと思う人は、野菜に人工餌を混ぜて与えるのもいいと思います。トカゲ用の人工餌も販売されているので、なるべくお金をかけたくない場合や野菜を要しするのが面倒な場合は是非試してみてください。

 

 

 

サプリメントについて

 

 

 

トカゲを飼育する場合は、昆虫や野菜の他にサプリメントを与える必要があります。

 

トカゲは昆虫や野菜を与えているとビタミンとカルシウムが不足してしまいます。なので、トカゲに餌を与える場合はパウダー状のサプリメントを餌にまぶして与えてください。

 

毎回サプリメントをまぶさなくてもいいので、3回に1回ぐらいは与える餌にサプリメントをまぶして与えてください。


ジェックス カルシウムVITD3 40g PT1855

 

トカゲを飼うときの注意点とペットにオススメのトカゲはこちらの記事で、トカゲを飼おう!!トカゲ飼育するときの注意点とオススメのトカゲを紹介!!こちらの記事も読んでみてください。

こんな記事もオススメです。

トカゲの値段はどのぐらい?ペットにオススメのトカゲの値段を紹介!!

まるで恐竜!!アルマジロトカゲの魅力と飼育方法を紹介!!

トカゲってどうやって飼うの?トカゲの飼育方法を紹介

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です