アマガエルを飼いたい!アマガエルを飼育するときの飼育環境を紹介!!

アマガエル

アマガエルは日本に生息しているカエルで飼育が簡単な種類です。見た目も可愛いので飼ってみようと思う人も多いと思います。今回の記事ではアマガエルの飼育環境を紹介します。

 

 

ニホンアマガエルは日本に生息しているカエルで、黄緑色の小さなカエルです。見た目がとても可愛いので飼ってみたいと思う人も多いんじゃないでしょうか?

 

子供が捕まえてきて飼いたいと言われたって人もいると思います。

 

ニホンアマガエルは日本に生息しているだけあって、室温の管理もそれほどシビアじゃないので飼育がとても簡単です。飼育が簡単なのでまこれからビバリウムを始めたいと思う人にもオススメのペットです。

 

今回の記事ではニホンアマガエルの飼育環境について紹介するのでニホンアマガエルを飼育しようと思う人はぜひ読んでみてください。

 

飼育方法は、下記の記事で紹介しているのでそちらの記事も読んでみてください。

アマガエルってどうやって飼うの?アマガエルの飼育方法を紹介

 

それではニホンアマガエルの飼育方法を紹介します。

 

ニホンアマガエルの飼育環境

アマガエル

 

ニホンアマガエルは木や草の上で生活するカエルです。木の上で生活するカエルなのでツリーフロッグとも言われています。

 

カエルと一言に言っても生活している環境によって飼育方法も変わってくるので注意してください。

 

飼育は簡単で他のツリーフロッグと飼育方法はほとんど変わりません。日本に生息していて、手軽に入手することができるのでビバリウムの入門種としてもオススメです。

 

 

アマガエルの飼育に必要なもの

 

アマガエルを飼育する際はそれほど大掛かりな飼育設備は必要ありません。

  • 飼育ケージ
  • 床材
  • 寛容植物
  • 水入れ
  • パネルヒーター
  • 温度・湿度計

が最低限必要になります。

 

アマガエルの飼育ケージについて

created by Rinker
ジェックス
¥9,500 (2021/10/20 21:02:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

ニホンアマガエルを飼育する場合は高さのある飼育ケージが必要です。

 

プラケースは高さがない横長のものが多いですが、高さがないと木や観葉植物を設置することができなくなってしまうので注意してください。

 

高さのあるプラケースはホームセンターなどでも販売されているので、ニホンアマガエルを飼育する場合は探してみてください。

 

また、ニホンアマガエルを飼育する場合はプラケースの蓋はスライドさせてあけるタイプではなく、扉のように開くタイプのものにしてください。

 

スライドのタイプだと隙間にアマガエルが入ってしまって蓋をあけることができなくなってしまいます。

 

水槽で飼育する場合は蓋を用意してニホンアマガエルが脱走しないように注意してください。45センチ水槽ならメッシュの蓋が販売されているので45センチ水槽で飼育するのがいいと思います。

 

自分でメッシュの蓋を作ったり用意することができるなら小さな水槽で飼育することも出来ますが、45センチ用の蓋はホームセンターなどでも売っていて入手も楽なので自分で蓋を作ったり用意することが出来ない人は少し大きいですが45センチ水槽で飼育しましょう。

 

 

アマガエルの床材について

 

 

床材は保湿性の高いものを選びましょう。

 

アマガエルは水切れに弱く、ケース内が乾燥していると乾燥して死んでしまうので注意してください。

 

はじめて飼育するはら掃除が簡単なウールマットで飼育するのがいいと思います。ウールマットは熱帯魚を飼育する際のろ材として使用されているものです。

 

ウールマットをケース内に敷いたら、ウールマットより少し浅い程度に水を張ってください。ウールマットを使用する場合はフンを見つけたらすぐに交換してください、

 

ニホンアマガエルを飼育するときは湿度の高い環境で飼育するのでカビが生えやすいので気をつけてください。腐葉土などの有機物の床材を敷くとカビが生えやすいので気をつけてください。

 

 

観葉植物について

 

 

ニホンアマガエルを飼育するなら観葉植物を飼育ケージ内に設置してあげてください。

 

観葉植物がなくても飼育することは出来ますが、生きた草があるだけでニホンアマガエルはとても喜びます。

 

長生きさせたかったりビバリウムを楽しみながらニホンアマガエルを飼育しようと思ったら観葉植物を入れて飼育してあげてください。

 

アマガエルの尿で植物が枯れてしまうことがあります。また、アマガエルを飼育していると強い光をあてることはできません。アマガエルの飼育ケースに入れる観葉植物は丈夫で陰性が強いものを選びましょう。

 

スパティフィラムは陰性が強く丈夫なのでアマガエルを飼育する際にオススメの観葉植物です。

 

観葉植物は鉢ごとケースに入れるとメンテナンスがしやすくなります。

 

水入れ

 

先ほども紹介しましたがカエルは水切れに弱いです。

 

水分がなくなると乾燥して死んでしまうので、ケース内には水入れを設置して常に清潔な水を用意してください。

 

アマガエルは水に浸かって水分補給をしたり、水入れの中でフンをします。水入れに入って水分補給と排泄の両方をするので、水入れの水が汚いとすぐに病気になってしまいます。

 

水入れは2〜3日に1回は容器をしっかり洗って水も交換してください。

 

パネルヒーター

 

適温は21〜27度です。

 

高温には弱いので30度以上にならないようにしましょう。30度を越えると調子を悪くしてしまいます。

 

また、20度を下回ると代謝が落ちて消化が遅くなります。寒いと食べた餌を消化できずに死んでしまうことがあるので、20度以下にもならないようにしましょう。

 

冬眠させて飼育することもできますが、冬眠中に死んでしまうことがあるので、安全に飼育する場合はパネルヒーターを設置して、室温が下がりすぎないようにしましょう。

 

温度・湿度計

 

温度と湿度をちゃんと管理するために温度湿度計を用意しましょう。

 

アマガエルを飼育する際は湿度は50〜70%を維持しなければいけません。ヒーターを使用していたり、エアコンを使っていると湿度が下がってしまうことがあります。

 

また、冬場は湿度が下がってしまうので、毎日湿度と温度をチェックして、湿度が低いようなら霧吹きをして湿度をあげてください。

 

アマガエルの餌は何?アマガエルの飼育におすすめの餌と餌の頻度と量を紹介!!

アマガエルを繁殖させよう!!アマガエルの繁殖方法を紹介!!

カエルの飼育方法

Posted by hachuarium