*

おたまじゃくしを育てよう!おたまじゃくしの飼い方を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2017/10/28 カエルの飼育方法

Pocket

おたまじゃくしを育てよう!おたまじゃくしの飼い方を紹介!!%e3%81%8a%e3%81%9f%e3%81%be%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8f%e3%81%97

おたまじゃくしを育てるのは難しくなく、成長も早いので変化していくのを観察するのも楽しいです。おたまじゃくしはペットショップで販売されていたり、田んぼや小川で捕まえることができます。今回の記事ではおたまじゃくしの飼い方を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

おたまじゃくしとはカエルの幼体の総称なので、一言におたまじゃくしと行っても色々な種類のおたまじゃくしがいます。

 

種類によっては飼育方法は違います。日本に生息しているカエルやツノガエルなどのおたまじゃくしは飼育が簡単なので、おたまじゃくしを飼ったことがない方簡単に飼育することができます。

 

 

今回の記事では、おたまじゃくしの飼い方を紹介するのでおたまじゃくしを飼ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

それではおたまじゃくしの飼い方を紹介します。

 

 

 

 

おたまじゃくしの飼育に必要なもの

 

 

 

飼育容器


SANKO パーテーションケース 大
おたまじゃくしはプラケースで飼育することができます。何十匹もおたまじゃくしを飼育する場合はプラケースでは小さいので水槽の方がいいと思います。

 

1匹しか飼育しない場合はプラケースよりも小さいタッパーでも飼育することができますが、プラケースの方が扱いやすいのでプラケースがオススメです。

 

 

 

エアレーション


水作 水心 SSPP-7S
おたまじゃくしを1匹だけ飼育する場合はエアレーションは必要ありませんが複数匹飼育する場合やツノガエルのおたまじゃくしを飼育する場合にはエアレーションがあった方がいいです。

 

エアーが強すぎて水流ができてしまうとおたまじゃくしが疲れてしまうので、エアレーションを設置する場合にはエアーの量が調整できるようにエアーコックを用意してエアーの量を調整できるようにしましょう。

 

 

 

レイアウト


水作 カメの浮き島 L
プラケースの中には岩や水草を設置するようにしましょう。

 

水草や岩があることでおたまじゃくしがカエルになった時に陸地に上がることができます。おたまじゃくしの時は餌呼吸ですがカエルになると肺呼吸に変わります。

 

なので、陸地がないとそのうち疲れて溺れてしまうことがあります。おたまじゃくしの時は陸地がなくてもいいのですが、足が生えてきてカエルになってきたら陸地を作ってあげましょう。

 

床材に砂利を敷いてもいいですが掃除が面倒になるので簡単に飼育したい方はベアタンクで飼育するのがいいと思います。

 

 

 

 

おたまじゃくしの飼育にオススメの餌


テトラ (Tetra) テトラフィン 200g
おたまじゃくしは雑食性なので、何でも食べます。

 

 

パンのカスやご飯粒などから、野菜のあまりなども食べます。家のご飯の残りなどをあげるのもいいですが毎回用意するのが面倒な場合は金魚の餌をあげるのがいいと思います。

 

赤虫は他の餌に比べて嗜好性が高いので餌をよく食べます。ツノガエルを飼育する場合は冷凍の赤虫を与える方がいいと思います。

 

 

エサをよく食べると大きく成長してくれるので、ツメガエルを大きく成長させたい場合や他のカエルでも大きく成長させたい場合には冷凍の赤虫を与えるのがいいと思います。

 

餌を与えるときは1度に大量に与えないで1日2回に分けて食べきれる量を与えるようにしましょう。どに大量に与えてしまうと食べきれなくて、餌が残ってしまい水を汚す原因になるので注意してください。

 

 

 

 

おたまじゃくを飼う時の水温

 

 

 

日本が原産のカエルを飼育する場合は水温は気にしなくて大丈夫ですが、ツノガエルを飼育する場合は水温は22〜28度の間で安定させるようにしましょう。

 

水温が低いと食欲が落ちてしまいます。食欲が落ちると成長が遅くなってしまいカエルになった時のサイズが小さくなってしまいます。

 

なので、ツノガエルを飼育する時はヒーターを用意しておきましょう。ヒーターは熱帯魚用のものじゃなくて爬虫類の飼育で使われるパネルヒーターのほうがいいでしょう。

 

おたまじゃくを複数匹飼育していて、大きな水槽で飼育している場合には熱帯魚用のヒーターの方が使いやすいですが1匹だけ飼育する場合はパネルヒーターの方が使いやすいです。

 

 

 

 

水換えのやり方

 

 

 

おたまじゃくしは水温の変化に強いので、水温が悪化してもそんなに簡単には病気にはなりません。

 

頻繁に水換えをしてしまうと逆にストレスになってしまうので、そんなに頻繁に水換えをする必要はありません。

 

3〜4日に1回ぐらい水を半分交換するだけで大丈夫です。水換えをする時は水道水をそのまま使わずに、カルキ抜きをした水を使ってください。

 

ペットボトルに水を汲み置きして1日置いておくか、熱帯魚用のカルキ抜きを使ってカルキを抜いてください。

 

ツノガエルの場合は結構水が汚れるので、毎日水を全部交換するようにしてください。

 

 

 

こんな記事もオススメです。




 

 

オススメの飼育セット

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です