ヒョウモントカゲモドキの飼育にオススメの100均グッズ

ヒョウモントカゲモドキの飼育にオススメの100均グッズ 

100kin

ヒョウモントカゲモドキを飼育するには、シェルターや水飲み場などを用意しなければいけません。色々揃えるとなると、結構お金がかかってしまうので、できれば安く揃えたいって思う人も多いと思います。今回の記事では、ヒョウモントカゲモドキの飼育にオススメの100均グッズを紹介します。

100均グッズでも、ヒョウモントカゲモドキの飼育に役立つものがたくさんあります。ただ、100均グッズの中でもオススメのものとオススメできないものがあります。

100均で買った方がいいものとそうじゃないものがあるので、なんでも100均で買わないようにして、必要なものだけ購入するようにしましょう。

今回の記事では、ヒョウモントカゲモドキの飼育にオススメの100均グッズを紹介するので、これからヒョウモントカゲモドキを飼ってみようと思おう人はぜひ読んでみてください。

それでは、ヒョウモントカゲモドキの飼育にオススメの100均グッズを紹介します。

水飲み場

餌を食べるレオパ

ヒョウモントカゲモドキを飼育する場合は水飲み場が必要になります。水飲み場は別になんでもいいので100均のもので十分だと思います。

水飲み場以外にも、ワームを入れておく容器やカルシウム剤を入れておく容器もあとあと使うかもしれないので、100均で丁度いい容器を購入しておくのが良いと思います。

ガラスの容器などは見た目もきれいで丁度良いサイズがどの100円ショップでも販売されているので、そういったものを選ぶのも良いと思います。

爬虫類用の水飲み場などは、だいたい500円ぐらいで販売されているので、いくつも用意するとなると結構なお金になってしまいます。

100均なら、3つ用意したとしても300円なので、いくつか用意しておくのが良いと思います。

霧吹き

ヒョウモントカゲモドキを飼育する場合は、霧吹き用意しましょう。

ヒョウモントカゲモドキは水飲み場から水を飲まない場合はあるので、そういう時は飼育ケージの壁に霧吹きで水滴をつけておく必要があります。

それ以外にも、飼育ケージの湿度を上げるためにも使うので、ヒョウモントカゲモドキを飼育する場合は霧吹きが不可欠になります。

霧吹きはどんなものでもいいので、100均で購入するのが良いと思います。

シェルター

寝てるレオパ

100均でもヒョウモントカゲモドキのシェルターを用意することができます。

爬虫類用のシェルターは販売されいませんが、植木鉢が販売されているので、植木鉢を購入して、半分に割ってシェルターにすることができます。

ヒョウモントカゲモドキを飼育する場合はシェルターは欠かせません。ただ、100均で購入しないでも、ヒョウモントカゲモドキ用のシェルターは500円ぐらいで販売されているのでヒョウモントカゲモドキ用のウェットシェルターを購入するのが良いと思います。

100均で植木鉢を購入する場合は素焼きのものを選んでくささい。素焼きのものだったら水を吸いやすくシェルターの中の湿度を上げることができます。

100均で植木鉢を購入したら植木鉢を半分に割って霧吹きで少し濡らして飼育ケージに入れてください。1日に1回霧吹きでシェルターを濡らさないといけないので、面倒臭いと思う場合はウェットシェルターを購入するのがいいと思います。

タッパー

タッパーも用途が色々とあるので用意しておくのがオススメです。

小さいタッパーはグラパイを作ったときに保存するのに便利です。中ぐらいのタッパーを使ってウェットシェルターを作ることもできます。

レオパの体全体が入るぐらいの大きさのタッパーを用意して、側面か蓋にレオパが入れるぐらいの穴を開けてください。

中に湿らせたウールマットなどを入れることでウェットシェルターを作ることができます。

シューズケース

100均で売っているシューズケースを使って、レオパ用の飼育ケージを自作することもできます。

蓋と側面に穴を開けて、通気性を確保すれば飼育ケージに使用することができます。レオパを多頭飼育している場合は重ねて使用することができるので、使い勝手がよく値段も安いのでオススメです。

ヒョウモントカゲモドキを飼育する時に必要な飼育セットについてはこちらの記事で紹介しているので、こちらの記事も読んでみてください。ヒョウモントカゲモドキの飼育環境について!必要な飼育セットについて紹介!!

レオパを飼育しよう!ヒョウモントカゲモドキの飼育方法や飼育に必要な設備を紹介!!

 

爬虫類の飼育に必要な設備についてはこちらの記事で紹介しているので、爬虫類の飼育を考えている方は読んでみてください。

飼育設備について

Posted by hachuarium