*

爬虫類におすすめのパネルヒーターとパネルヒーターの選び方を紹介

公開日: : 最終更新日:2018/09/27 飼育設備について

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

爬虫類におすすめのパネルヒーターとパネルヒーターの選び方を紹介multi_40

ヒョウモントカゲモドキを飼育する場合はパネルヒーターが必要になります。パネルヒーターも色々な商品が出ているので、何を選べばいいのかわからないですよね。今回の記事ではおすすめのパネルヒーターとパネルヒーターの選び方を紹介します。

 

 

 

ヒョウモントカゲモドキは熱帯の地域に生息する生き物なので、日本で飼育する場合はパネルヒーターが必要になります。夏場はパネルヒーターがなくても飼育することができますが、冬場になって気温が下がってきたらパネルヒーターが必要になります。

 

ただ、パネルヒーターは色々な種類が出ているので、どんなものが良いのかってわからないですよね。

 

今回ので記事ではおすすめのパネルヒーターとパネルヒーターを選ぶ時の注意点を紹介するので、これからヒョウモントカゲモドキを飼おうと思っている人はぜひ読んでみてください。

 

それでは、おすすめのパネルヒーターとパネルヒーターを選ぶ時の注意点を紹介します。

 

 

 

 

おすすめのパネルヒーター

 

 

ビバリア マルチパネルヒーター

 


ビバリア マルチパネルヒーター 16W
私がオススメするパネルヒーターはビバリアのマルチパネルヒーターです。

 

ビバリアのマルチパネルヒーターは他にヒータに比べて値段も安い上、消費ワット数も低いので電気代が安いです。

 

ビバリアのマルチパネルヒーターは25〜45度まで温度を調整することができるので、サーモスタットを用意する必要がないので、飼育ケージ周りもスッキリします。

 

サーモスタットがないと出力を調整することができないものを購入してしまうと、サーモスタットも購入しなければいけなくなってしまいます。

 

温度を調整することができないものだと、一定の温度でただ温めているだけなので、夏場は暑くなりすぎてしまい、冬場は出力が低くちゃんと温まらなかったりします。

 

温度を調整させることができれば、春や夏は温度を低めに設定して、冬場は温度を高めに設定することができます。

 

ビバリアのマルチパネルヒーター以外にも、温度を調整することができるパネルヒーターはあるので、そういった温度を調整することができるパネルヒーターを購入するのが良いと思います。

 

ビバリアのマルチパネルヒーターは温度の設定ができるものの中では1番安く消費電力も低く電気代も安いのでおすすめです。

 

 

暖突

 

暖突も使いやすくてオススメです。ラックなどに取り付けることができるので、爬虫類を複数飼育する人でも使いやすいと思います。

 

他の保温器具に比べて消費電力も少ないです。飼育ケージに下に敷くタイプのパネルヒーターを使っていても空間全体を暖めることはできません。冬場はパネルヒーターだけでは室温が下がってしまうことが多いので、暖突とパネルヒーターを組み合わせて使うのがいいと思います。

 

暖突の表面は100度近くなっていて、距離が離れるに連れて温度が下がってきます。なんので高さのないケージで使うと暑くなりすぎてしまうことがあります。逆に高さがありすぎると室温がちゃんと上がらないので気をつけてください。

 

保温球などを使っているとヘビが巻きついたり、ヤモリが飛びついたり火傷をしてしまうことがあります。暖突の場合は触っても火傷をしないので、樹上生の爬虫類などを飼育する場合でも安心して使用することができます。

 

 

Motina エコパネルヒーター

 

コスパが優秀で温度の設定をすることができます。1000円前後で購入することができるので、なるべく安いパネルヒーターがいい人にオススメです。

 

サイズは少し小さめですが、コーンスタークやヒョウモントカゲモドキなどの飼育には問題なく使用することができます。値段も安いので暖突などの他のパネルヒーターと一緒に使用するのがいいと思います。

 

 

ジェックス レプタイルヒート

 

値段は高いですが温度が上昇しすぎるのを防ぐ温度制御機能が付いているので安心して使用することができます。コンセントを差し込むだけで手軽に使うことができるので、使い勝手もいいです。

 

見た目もカッコよくて、飼育ケージの周りをスッキリとさせることができるので、見た目を気にする人にもオススメです。

 

 

 

 

 

パネルヒーターを選ぶ時の注意点

 

 

 

パネルヒーターを選ぶ時は温度の設置ができるのが良いと先ほど言いましたが他にも気をつけたほうが良いことがあります。

 

 

それはパネルヒーターのサイズです。

 

パネルヒーターは飼育ケージの半分ぐらいのサイズのものを選んでください。

 

飼育ケージと同じサイズのパネルヒーターを設置してしまうと、飼育ケージ全体が温まってしまいます。飼育ゲージ全体を温めてしまうと飼っているヒョウモントカゲモドキが熱いと感じた時に逃げ場がなくなってしまいます。

 

パネルヒーターは飼育ケージの半分のサイズにして、飼育ケージの半分を温めるようにして、もう半分は暑くなりすぎてしまった時に涼めるようにしておきましょう。

 

 

爬虫類を飼育するときにオススメの飼育ケージについてはこちらの記事で紹介しているので、こちらの記事も読んでみてください。

 

 

こんな記事もオススメです。



ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です