コオロギの餌は何がいい?コオロギの飼育におすすめの餌を紹介!!

2019年6月13日


コオロギの餌は何がいい?コオロギの飼育におすすめの餌を紹介!!コオロギ

餌用のコオロギにもちゃんと餌をあげて栄養価を高めておく必要があります。餌をあげていないと共食いをしてロスしてしまう数も増えるのでコオロギを購入したらちゃんと餌をあげるよにしましょう。今回の記事では、コオロギを飼育する時にオススメの餌を紹介します。

 

 

ヒョウモントカゲモドキなどの爬虫類の飼育以外にも、両生類や小動物の飼育などにコオロギは欠かせない餌です。

 

コオロギは飼育も簡単で体も丈夫なのでロスする数も少ないし、栄養価も高く栄養バランスもいいので、爬虫類の飼育にはとてもオススメの餌です。

 

ただ、コオロギにもちゃんと餌をあげてコオロギの栄養価を高めておかないといけません。餌を入れていないと共食いが起きてしまいロスしてしまう数も増えてくるので、ちゃんと餌をあげてコオロギを飼育しておきましょう。

 

今回の記事ではコオロギの飼育にオススメの餌を紹介するので、爬虫類などの餌用にコオロギを飼育する人はぜひ読んでみてください。

 

それではコオロギの飼育にオススメの餌を紹介します。

 

 

1、コオロギはなんでも食べる

コオロギは雑食性の生き物なので、なんでも食べます。人間が食べられるものは基本的になんでも食べることができます。

 

餌代を浮かせたいと思ったら料理を作った時に出る野菜の切れ端などを与えるのがいいと思います。果物の皮なども食べるので、日頃捨ててしまうものを与えると食べてくれます。

 

コオロギは本当になんでも食べるので、熱帯魚用の乾燥餌なんかも食べます。アロワナなどの熱帯魚の飼育用にコオロギを飼育している場合は乾燥餌を少し砕いてあげるのもいいと思います。

 

乾燥餌が湿気を吸うと痛んでカビが生えてしまうので、沢山あげずに少しずつあげるようにしてください。

 

野菜の切れ端や果物の皮などもあまりあげすぎてしまうとカビが生えてしまうので、餌を与えるときは1日で食べきれる量を与えるようにしましょう。

 

また、玉ねぎなどの刺激の強いものは与えないようにしましょう。腐ってしまうと匂いもキツくなるので気をつけてください。

 

食べ物の他にも薄い紙であれば食べてしまいます。なので、新聞紙を入れていると新聞紙も食べてしまいます。新聞紙にはインクなどの化学物質が含まれています。

 

栄養面を気にする場合は新聞紙はケージに入れておかないようにしましょう。コオロギを飼育するときの足場やシェルターにはインクがついていない紙製の卵パックなどを使用するのがいいと思います。

 

隠れ家をたくさん作っておくことで喧嘩することが少なくなるので、共食いの防止になります。餌をちゃんとあげているのに共食いが頻繁に起きる場合はシェルターが少ないのかもしれません。

 

 

 

2、コオロギの飼育にオススメの餌

 

それではコオロギの飼育におすすめの餌を紹介します。

 

野菜の切れ端

 

毎日料理をする人であれば、簡単に用意することができると思います。最初にも紹介しましたがコオロギは雑食性なので、野菜の切れ端も問題なく食べることができます。

 

野菜の切れ端であれば特別何かを購入する必要がないので手軽に使用することができます。野菜の切れ端を与える場合は1日で食べきれる量を餌入れに入れてケージに投入してください。

 

野菜は腐りやすいので、できれば毎日餌を交換するようにしてください。また、ネギやタマネギなどの刺激の強い野菜は腐りやすく、匂いもするので与えないようにしましょう。

 

ただ、野菜の切れ端だけ与えているとタンパク質が不足してしまいます。

 

タンパク質が不足するとコオロギ同士で共食いをしてしまいます。弱ったコオロギから食べられてしまうので、タンパク質が不足しないように他の餌も与えるようにしましょう。

 

みかん

 

コオロギを飼育する場合はみかんを与えるのがオススメです。

 

みかんは栄養価も高く、水分量も多いのでコオロギの飼育にオススメです。スーパーなどどこでも売っているので簡単に購入することができます。

 

みかんを与えるときは皮を剥いてみかんを一粒とって、薄皮を少し剥いて飼育ケースに入れてください。

 

コオロギを飼育する場合は餌から水分を取らせた方がカビが発生したりしないのでオススメです。コオロギの飲み水は数日で交換しなければいけません。ずっとそのままにしているとカビが発生したりコオロギが病気になってロスが増えるようになります。

 

なので、水飲み場は作らずに水分の多い餌を与えることでコオロギに水分を取らせる方が管理がしやすくておすすめです。

 

みかんなどの果物も数日で腐ってしまうので、1日で食べきれる量だけを与えて、毎日餌を交換するようにしましょう。

 

コオロギは蒸れに弱いですが水切れにも弱く、水分を補給することができないと数日で死んでしまいます。

 

なので、コオロギを飼育する場合は毎日水を交換する必要があります。水を交換するのが面倒な場合は水分量の多いミカンや野菜を入れておくことで、ロスを減らすことができます。

 

人工餌

コオロギはなんでも食べるのでドックフードやキャットフード、熱帯魚用の人工餌などなんでも食べます。

 

他にもニワトリやウサギの餌を混ぜて与えることがあります。

 

人工餌は管理も楽で使いやすいのでオススメです。野菜やみかんなどを毎回用意するのが面倒な場合は人工餌を与えるのがいいと思います。

 

人工餌にはダニが湧いてしまうことがあるので、人工餌を与える場合も2〜3日で交換するようにしましょう。

 

人工餌をプラケースの中にばらまいてしまうとフンと混ざってしまいます。掃除が大変になってしまうので、人工餌は餌入れに入れてばらけないようにしましょう。

 

コオロギ用に配合されて人工餌も販売されています。

 

値段は少し高いですが自分で餌を作るのが面倒な場合はそう言ったものを使用するのがいいと思います。コオロギ用の人口餌はコオロギを販売しているファームから販売されています。

 

コオロギを繁殖させて販売しているファームで使われている餌なので、コオロギを飼育するときに使いやすくておすすめです。

 

コオロギはタンパク質が不足すると共食いを始めてしまいます。

 

なので野菜の切れ端やみかんなどで飼育していると共食いを始めてしまいます。野菜の切れ端などを与える場合でも、少量人工餌も与えるようにしましょう。

 

 

3、飼育が簡単にしたい人にオススメの餌

 

created by Rinker
フジコン
¥367 (2019/07/20 20:46:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

飼育を簡単に使用と思ったら鈴虫やカブトムシ用の昆虫ゼリーがオススメです。

 

昆虫ゼリーは水分量を多く栄養も高いのでオススメです。

 

みかんとおなじで、水分量が多いとコオロギに水分補給させることができます。他の餌に比べると値段が高く、コスパは悪いですが栄養価も高いので、コオロギを繁殖させようと思ったら昆虫ゼリーがオススメです。

 

先ほども紹介しましたが昆虫ゼリーだけだとタンパク質が不足してしまい共食いが起きてしまうことがあるので、コオロギ用の餌などの人口餌も入れておきましょう。

 

コオロギの飼育方法はこちらの記事で詳しく紹介しているので、コオロギを生き餌として飼育する方はぜひ読んでみてください。

コオロギを飼育しよう!爬虫類の餌に最適なコオロギの飼育方法を紹介!!