*

レオパードフードのメリットと食べない時の対処法を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/08/02 ヒョウモントカゲモドキの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

レオパードフードのメリットと食べない時の対処法を紹介!!
ヒョウモントカゲモドキはコオロギやデュビアなどの昆虫を与えて育てるのが一般的です。ただ、人工餌も食べてくれるので、人工餌で飼育することもできます。今回の記事ではレオパードゲッコウフードの釣り方について紹介します。

 

ヒョウモントカゲモドキは昆虫を与えて飼育飼育することが出来ますが、昆虫は保存させておくのも大変だたり、昆虫を触るのも嫌だと思う方いると思います。

 

人工餌であれば保存も楽で、簡単に与えることができるので、ヒョウモントカゲモドキも簡単に飼育することが出来ます。

 

今回の記事では、レオパードゲッコーフードの作る方について紹介してするので、レオパフードを使ってみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

レオパードゲッコーフードとは

 

 

レオパードゲッコーフードはヒョウモントカゲモドキ用の人工餌です。

 

色々な種類があって、粉状になっていて粉に水を混ぜて与えるタイプや元々混ざっているペースト状のタイプのものがあります。

 

与えたい分だけ作って与えることができるので手軽に使うことができます。中にはチューブから出してそのまま使うことができるものもあります。

 

コオロギを与えて飼育する場合はコオロギを飼育して保存させておく必要があります。飼育していると死んでしまうコオロギもいてロスもよく出ます。

 

少量購入すると値段が高く、大量に購入してストックしているとロスも増えるので、コオロギで飼育するのは大変だと思います。

 

人工餌の場合は作りすぎてしまっても、タッパーなどに入れて冷蔵庫で保存することができます。コオロギを飼育するよりも手軽に使うことができて値段も安いのでオススメです。

 

 

 

レオパフードは臭い?

 

 

レオパフードは臭いがキツイと言われたりしますが、それほど臭いとは思いませんでした。

 

全部のレオパフードの匂いを嗅いだわけではありませんが、金魚の餌や魚釣で使う練り餌ぐらいの匂いです。

 

水を入れて練るとさらに臭うようになりますが、耐えられなうほどの匂いではありません。コオロギも飼育していると臭うので、それに比べればそんなに臭いわけではありません。

 

 

 

レオパフードを食べない

 

 

ヒョウモントカゲモドキはレオパフードを食べないことがあります。

 

ヒョウモントカゲモドキは生きたいコオロギの方が好んで食べるので、レオパフードはあまり好んで食べないことがあります。

 

ヒョウモントカゲモドキにレオパフードを与える場合は1〜2週間ぐらい餌を抜いて、お腹を空かせてから与えるのがいいと思います。

 

それでも食べない時は与えるコオロギに粉末を塗って与えたりして、レオパフードに慣れさせてから与えてみてください。

 

 

 

レオパフードの作り方

 

 

レオパフードの作り方は簡単です。

 

パウダー状のレオパフードは必要な分だけだして、水と混ぜて練って団子状にして与えるだけです。水を入れすぎると緩くなってしまうので、混ぜながら少しずつ水を入れてくようにしましょう。

 

少量作る場合は水を入れすぎてしまうことがあるので、スポイトなどを使って水の量を調整できるようにしましょう。

 

コオロギを与える場合はビタミンやカルシウムなどを添加して与える必要がありますが、人工餌はバランスよく栄養が含まれているので、サプリメントを添加させる必要がありません。

 

レオパフードはベビーの飼育にも使えます。ベビーも食べてくれるので、飼育から繁殖までレオパフードで飼育することができます。

 

 

 

オススメの飼育セット

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です