ヒョウモントカゲモドキが拒食になってしまったときの対処法を紹介

 

レオパ 餌

飼っているヒョウモントカゲモドキが餌を食べてくれないと心配になりますよね。ヒョウモントカゲモドキを飼育していると個体によって拒食になってしまうことがあります。今回の記事ではヒョウモントカゲモドキが拒食になってしまったときの対処法を紹介します。

 

 

ヒョウモントカゲモドキは個体によっては拒食になってしまうことがあります。簡単な対応で餌を食べてくれればいいですが、個体によっては全く餌を食べないことがあります。そんなときってどうしたらいいのかわからないですよね。

 

拒食になってしまった時は病気になってしまっている可能性もあるので注意が必要です。

 

 

今回の記事ではヒョウモントカゲモドキが拒食になってしまったときの対処法を紹介するので、ヒョウモントカゲモドキが餌を食べない人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではヒョウモントカゲモドキが拒食になってしまったときの対処法を紹介します。

 

 

レオパが拒食になってしまった時の対処法

 

ヒョウモントカゲモドキが拒食になってしまう原因はいくつかあります。原因によって対処法も違うので、何が原因か考えながら対処してみてください。

 

拒食になった時の対処法
  • 室温を確認する
  • 調整剤を餌にまぶす
  • 嗜好性の高い餌を与えてみる
  • 餌やピンセットを怖がっている
  • 水分不足

 

レオパが拒食になってしまう原因はこちらの記事でも紹介しているので、そちらも読んでみてください。レオパの拒食について!拒食の原因とえさを食べない時の対策を紹介!!

 

室温をチェックする

created by Rinker
ビバリア
¥818(2022/05/18 11:10:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヒョウモントカゲモドキが餌を食べなくなってしまったらまずは湿度をチェックしましょう。

 

 

温度が低いと餌の食いが悪くなります。餌を食べなくなったと思ったらまず最初に室温をチェックしてください。室温が20度を下回っていると餌の食いが悪くなっています。

 

ヒョウモントカゲモドキを飼育する場合は室温は25度〜30度ほどにしましょう。28度前後で安定させているのがヒョウモントカゲモドキにとっては理想なので、温度が低すぎないか確認してみてください。

 

ヒョウモントカゲモドキ寒さにも強いので、室温が20度前後になったからと行ってすぐに体調を崩す訳ではありませんが、室温が低ければ代謝が落ちて消化するスピードも落ちるので餌を食べる量も少なくなります。

 

また、室温が低すぎたり、低い日が続くと消化不良になってしまうこともあるので気をつけてください。室温が下がっていた場合は室温をあげるだけで餌を食べるようになることがあります。

 

ヒョウモントカゲモドキは温度が低いだけでなく、高すぎると餌をバテてしまい餌を食べなくなってしまうことがあります。夏場など暑い時期に餌を食べない場合は温度が高すぎないか確認してみてください。

 

餌に調整剤をまぶす

 

 

餌に調整剤をまぶすことで腸内環境が整って糞がよく出るようになります。

 

糞がよく出るようになると餌もよく食べるようになります。お腹の調子がよくないと餌の食いが悪くなります。室温が低いと便秘になることがあります。

 

パネルヒーターを設置してお腹を温められるられるようになると便秘が治ることがあります。温浴させるだけでも便秘が治ったりします。

 

便秘が原因での拒食の場合は餌に調整剤をまぶしたりパネルヒーターでお腹を温めれれるようになると便秘は治ります。

 

 

ハニーワームを与えてみる

 

 

色々やってみたけどダメだった個体でもハニーワームなら食べることがあります。尻尾が細くなって脂肪を蓄えられてない個体にはハニーワームを与えるのがオススメです。

 

ハニーワームは餌の中でも美味しい部類に入るみたいで餌をあんまり食べない個体でもよく食べます。ハニーワームはミツバチの巣の中で育てられているので栄養がたっぷりで脂肪をたくさん蓄えています。

 

尻尾に脂肪が蓄えられていない個体にとってはとてもいい餌になるので、ヒョウモントカゲモドキが拒食になってしまって痩せてきてしまった場合はハニーワームを与えるようにしましょう。

ただ、ハニーワームを与えすぎると、今度はハニーワームしか食べなくなってしまうことがあります。

 

痩せている個体にはいいと思いますが、痩せていない個体にハニーワームを頻繁に与えていると今度は偏食になってしまうので注意してください。

 

コオロギやピンセットが嫌い

 

 

ヒョウモントカゲモドキはコオロギに噛まれたり、脱皮不全になった時にピンセットを使って剥がしたりした時に嫌な思いをするとピンセットやコオロギが嫌いになってしまいます。

 

コオロギやピンセットにトラウマを持つとピンセットから餌を食べなくなってしまうことがあるので注意してください。個体によっては神経質なこともあるので、コオロギを飼育ケージ内に入れる場合は気をつけてください。

 

コオロギがヒョウモントカゲモドキに噛み付いてしまい怪我をしてしまうことがあります。噛まれたことがきっかけでコオロギなどの生き餌を怖がり餌を食べなくなってしまうことがあります。

生き餌をケース内に入れて餌を与える場合は牙の鋭いものは切ってから与えるようにしましょう。

 

コオロギの他にもミルワームも噛む力が強いので、与える場合は頭を潰すか牙を切ってから与えるようにしましょう。

 

水分不足

 

水分不足によりフンが出ず、餌を食べていない場合もあります。

 

ヒョウモントカゲモドキは水入れを設置していても水を飲まないことがあります。水をあまり飲まない個体には、霧吹きでケージの側面に水滴をつけると舐めて飲んでくれます。

 

水入れから直接水を飲むより、水滴を舐めるほうが飲みやすいので、壁についた水滴をよく舐めるので、レオパ を飼育する際は毎日霧吹きをしてケージの側面に水滴をつけておきましょう。

 

心配しすぎかも

 

ヒョウモントカゲモドキ

 

ヒョウモントカゲモドキは餌をあまり食べなくても尻尾に蓄えている脂肪で1ヶ月ぐらいは餌を食べなくても平気です。

 

ベビーや尻尾が細くなっている場合は心配したほうがいいですが、そうでなければそこまで心配する必要はありません。ヒョウモントカゲモドキはあまり動かなくなって省エネモードになることがあります。

 

そうなるとあまり餌も食べなくなってきます。急激に痩せたり下痢や便秘になっている場合は心配したほうがいいですが、そうでなければそこまで心配しなくても大丈夫です。単純に餌を変えてみるだけで食べてくれることもあります。

 

脱皮前や季節の変わり目は餌をあまり食べない時期があるので、尻尾にちゃんと栄養を蓄えられていて、痩せていったりしてない場合は様子をみるのがいいと思います。

 

病気の可能性もある

 

 

 

餌を食べない時は細菌感染している可能性もあるので注意してください。細菌感染してしまうと口の周りから膿が出るようになります。

 

口から膿がでていたり、急激に痩せてしまったり、便秘や下痢になってしまったら病院に連れて行ってあげましょう。

 

細菌感染の他にもクリプトスポリジウム症や腸閉塞などが考えられます。クリプトになると下痢をするようになり、内臓にも炎症が起きるので餌を全然食べなくなってしまいます。クリプトはクリプトスポリジウムと呼ばれる原虫に感染することで発症する病気です。

 

クリプトは感染した爬虫類を媒介にして感染します。なので、新しく爬虫類を飼育した場合は個体同士を接触させないようにして、ピンセットなどの器具は分けるようにしてください。

 

クリプトになると治療するのも大変なので、爬虫類を購入する時は痩せている個体は購入しないようにしましょう。クリプトは致死率の高い病気なので、ケージ内を清潔に保ちしっかりと予防をしましょう。

 

腸閉塞は消化不良が原因でなる病気です。幼体は特に消化能力が弱く、餌を食べすぎたりすると消化不良になってしまうことがあります。

 

また、床材を誤食するとにより腸閉塞になってしまうことがあります。多少誤食するだけであればフンと一緒に排泄されるので問題ありませんが、室温が低いと誤食した餌がお腹に溜まってしまうことがあるので気をつけてください。

 

クリプトなどの病気は病院で見てもらわないと治らないので、拒食になってしまって状態が悪いようだったら病院に連れて行ってあげるようにしましょう。クリプトスポリジウム感染症は検便などの検査で発見することができるので、疑いがある場合はなるべく新鮮な乾いていないフンを用意して、ラップなどに包み乾かないようにして病院に持っていくようにしましょう。

 

強制給餌について

 

何をやっても餌を食べてくれない場合や、病気になってしまい普通の餌が食べられない場合は強制給餌をして餌を食べてもらうしかありません。

 

強制給餌をするのは人工餌、カルシウム剤、調整剤などの他に、スポイトやシリンジ、その他に人工餌をすりつぶすためのすり鉢が必要になります。

 

レオパ用の人工餌を粉上になるまで細かくすり潰したら、そこに適量の水と調整剤とカルシウム剤を入れてください。すり潰した人工餌と水を混ぜてすり鉢の側面にうっすらと餌が残るぐらいの粘度になるように混ぜ合わせてください。

 

作った餌をスポイトやシリンジで吸い取り、レオパの鼻先に少し垂らしてください。鼻先についた餌をレオパが舐め取ってくれるのでこれを繰り返すことで餌を食べてもらいます。

 

餌を食べて体調が戻ってくれば、人工餌や活き餌も食べてくれるようになるので、それまで根気強く続ける必要があります。