*

マックスノーとは?ヒョウモントカゲモドキのモルフ、マックスノーを紹介

公開日: : 最終更新日:2018/03/04 ヒョウモントカゲモドキの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

マックスノーとは?ヒョウモントカゲモドキのモルフ、マックスノーを紹介fc2blog_201402131501255a0

 

マックスノーはヒョウモントカゲモドキの中でも人気の高い種類です。とても人気の高い種類なので、値段もハイイエローなどに比べて高くなります。今回の記事ではマックスノーの魅力と特徴を紹介します。

 

 

 

ヒョウモントカゲモドキには色々なモルフがいます。モルフとは、ある特徴も持った個体同士を交配させることで、ある特徴が遺伝することを確認できとものをモルフと呼ばれます。

 

ヒョウモントカゲモドキには色々なモルフがいますが、その中でもマックスノーはとても人気の高いモルフです。マックスノーは白色系のモルフなので、ハイイエローなどの黄色系以外のモルフを飼いたいと思う方にはオススメです。

 

 

ヒョウモントカゲモドキを飼っている人の中には、マックスノーを飼ってみたいって人も多いと思います。

 

 

今回の記事ではマックスノーの特徴と魅力を紹介するので、マックスノーを飼ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

それでは、マックスノーの特徴と飼育方法を紹介します。

ヒョウモントカゲモドキと暮らす本 (アクアライフの本)

 

 

 

1、マックスノーの特徴

 

 

 

マックスノーの最大の特徴はなんといってもその見た目です。

 

普通のヒョウモントカゲモドキは黄色い肌に黒いマダラ模様ですが、マックスノーは白い肌に黒いマダラ模様が特徴です。

 

 

ハイイエローは黄色が強い個体同士を交配させることでできたモルフですが、マックスノーはその逆で色が白い個体同士を交配させることでできたモルフです。なので、マックスのーは黄色や赤などの黒以外の色素が少ないモルフになります。

 

マックスノーは若干黄色が残っていますが、マックスノー同士を交配させることで生まれるスーパーマックスノーの体はほとんど白く見た目もとても綺麗です。

 

 

黄色系のモルフは色々と出ていましたが、白系のモルフはなかなか出てこなかったので、昔からヒョウモントカゲモドキが好きな人は、とても待ち焦がれたモルフだと思います。

 

白い体に黒いマダラ模様のモノトーンはとても綺麗なので、飼ってみたいと思う人も多いと思います。マックスノーが出たばかりはすごい値段でしたが、今では値段も下がってきたので、飼いやすくなってきました。

 

 

ハイイエローに比べれば値段は少し高めですが、販売されている個体も増えているので、色々なモルフの中では比較的値段の安いモルフになります。繁殖させたりしたい人にはおすすめです。

 

マックスノーの販売価格

 

マックスノーは登場当初は流通量も少なく、値段も高かったですが、最近では流通量も増えてきて、ペットショップなどでも見かけるようになりました。マックスノーは、爬虫類が販売されているペットショップか爬虫類の即売会イベントで購入することができます。

 

ペットショップでもマックスノーは販売されていることはありますが、スーパーマックスノーは販売されていることが少ないので、スーパーマックスノーを購入する場合は即売会イベントに行くのがいいと思います。

 

即売会イベントであれば、販売されている個体も多いので、色々見て自分の気に入った個体を選ぶことができます。値段も即売会イベントの方が安いですが、病気を持っている個体が販売されていることもあるので注意が必要です。

 

 

マックスノーの販売価格はショップで購入する場合は13000〜20000円ぐらいで、販売会イベントの場合は10000円前後で販売しています。スーパーマックスノーの場合はショップだと25000円ぐらいで販売されていることが多いです。

 

 

 

 

 

3、マックスノーを飼育するときの注意点

 

 

 

マックスノーもハイイエローも基本的に気をつけることは同じです。

 

室温は25〜30度の間で安定させて、湿度は60%ぐらいで安定させてください。脱皮前に湿度が低いと脱皮不全になってしまうことがあります。

 

 

飼っているマックスノーの体が白くなって脱皮が始まったらなるべく湿度を高くしましょう。

 

室温と湿度をしっかり管理して、ちゃんと餌をあげていれば病気になったり死んでしまったりすることはありません。

 

マックスノーの中には、目があまり良くない個体もいるので、餌を与えるときにちゃんと餌が食べられているか確認してください。

 

 

目が悪い個体は生きたコオロギをうまく食べることができないので、餌を追っていなかったり、餌をちゃんと食べられていない場合は目が悪い可能性があるので、ピンセットで餌をあげてください。

 

アルビノ種は普通のヒョウモントカゲモドキよりも目が悪いので、マックスノーのアルビノを飼育する場合は注意が必要です。ヒョウモントカゲモドキのモルフについてはこちらの記事で紹介しているので、ヒョウモントカゲモドキの有名な品種を紹介!!こちらの記事も読んでみてください。

 

 

ヒョウモントカゲモドキの寿命や飼育方法はこちらの記事で、ヒョウモントカゲモドキを飼おう!平均寿命と飼育方法などを紹介!!で紹介しているので、こちらの記事も読んでみてください。

ヒョウモン飼いのきほん: ヒョウモントカゲモドキの食事から繁殖、飼育グッズ、病気のケアまで。 (はじめての飼育)

 

 

こんな記事もオススメです。



オススメの飼育セット

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です