ローズヘアータランチュラの特徴と飼育方法について紹介!!

ローズヘアータランチュラの特徴と飼育方法について紹介!!ローズヘアータランチュラ(チリアンコモン)はタランチュラの中でも飼育が簡単でペットとして人気が高い種類です。今回の記事ではローズヘアータランチュラの特徴と飼育方法について紹介します。

タランチュラは毒性が強くて危険なイメージがありますが、実際は毒性は弱くて死亡例も存在しません。噛まれると痛いので、扱いには注意が必要ですが、無理矢理触ったりしなければ噛まれることもありません。

噛まれると赤く腫れて炎症を起こしてしまうので、扱いには注意が必要ですが、毒性は人体にほとんど影響はありません。ペットにオススメのタランチュラはこちらの記事でも紹介しているので、そちらも読んでみてください。

今回の記事では、ローズヘアータランチュラの特徴と飼育方法を紹介するので、ローズヘアータランチュラを買ってみたい方はぜひ読んでみてください。

ローズヘアータランチュラの特徴

ローズヘアータランチュラはオオツチグモ科に属している雲の中で、チリアンコモンなどと呼ばれることがあります。

全身に柔らかい体毛が生えているので、ローズヘアーと呼ばれています。体長はほかのタランチュラに比べて小さく、足を広げても10cm程度です。

アルゼンチンやチリなどの南米に広く生息しているタランチュラで、暖かくて乾燥した地域に多く生息しています。

乾燥した環境を好む種類なので、湿度の管理が楽で、初心者でも飼育しやすい種類です。地上棲のタランチュラで、バードイーターと呼ばれる種類です。地面に糸でシート状の巣を作ります。

ペットとして流通量も多く値段も安いので、タランチュラの入門種としてよく飼育されています。

ローズヘアータランチュラの性格

ローズヘアータランチュラはタランチュラの中でも性格が温厚でおとなしいので気をつけて触れば、手のひらに乗せてハンドリングすることができます。

人に懐くことはありませんが、無理矢理触ったりしなければ攻撃されることはありません。

ローズヘアータランチュラの寿命

タランチュラのオスはメスに比べて寿命が短く、メスの寿命が10年程度なのに対して、オスは2年程度です。

ローズヘアータランチュラも同様にでメスの方が寿命が長く10年ぐらい生きます。飼育下だと20年ぐらい生きた例もあるようです。

オスは寿命が短いので、メスの方が飼育されることが多く値段も高くなっています。

ローズヘアータランチュラの販売価格

ローズヘアータランチュラは流通量が多いので、爬虫類を販売しているショップなどで販売されています。

タランチュラの中でも繁殖されることが多いので、オークションなどでも販売されていることがあります。ただ、小さいうちはオスとメスの判断ができないので、メスを購入したい場合は大きくなった個体を購入するようにしましょう。

値段はオスの場合は1000円前後でメスの場合は3000円前後で購入することができます。

値段が安いので、初心者でも買いやすく入門種として最適ですが、10年程度生きるので飼育する場合はちゃんと飼いきれるか考えてから購入するようにしましょう。

ローズヘアータランチュラの飼育に必要なもの

飼育ケージ

タランチュラは逃げてしまうことがあるので、脱走しないようにしっかりと蓋ができる飼育ケージを用意するようにしましょう。

タランチュラを飼育する場合はしっかりと蓋ができるプラケースがオススメです。地表棲のタランチュラなので、飼育ケージに高さが必要なく、どんなものでも使用することができます。

体長が10cm程度までしか成長せず、そんなに動き回る種類じゃないので、横幅が20〜30cmサイズの飼育ケージで飼育することができます。

床材

床材はヤシガラと腐葉土を混ぜたものがよく使われています。腐葉土には農薬が入っていることがあるので、農薬が入っていないものを選ぶようにしましょう。

シェルター

シェルターがなくても飼育することができますが、入れておくとタランチュラが安心することができます。シェルターはどんなものでもよく、植木鉢を割ったものや爬虫類用のシェルターを使うのがいいと思います。

水入れ

タランチュラは水を飲むので水入れを入れておきましょう。水入れは爬虫類用の水入れを使うのがいいと思います。

爬虫類用の水入れだと重さがあってひっくり返ったりすることがないのでオススメです。

パネルヒーター

ローズヘアータランチュラを飼育する場合は25〜28度前後の温度で飼育する必要があるので、パネルヒーターが必要になります。

夏場が特に温度を上げる必要はありませんが、冬場になって気温が下がってきたらパネルヒーターを使って保温するようにしましょう。

パネルヒーターは飼育ケージの半分か3分の1ぐらいのサイズのものを選ぶようにしましょう。パネルヒーターのサイズが大きすぎると熱くなったときに避難することができないので注意してください。

餌の与え方

野生では小動物や昆虫などを捉えて食べています。飼育下ではコオロギやデュビアなどの昆虫を与えるのが一般的です。

冷凍マウスを与えて飼育することもできますが、サイズが大きいので昆虫を与えるのがいいと思います。

それほど餌を食べる種類でもなく、長期間餌を食べないことがあります。なので、餌を入れたのに食べない場合は飼育ケージからコオロギやデュビアなどの餌を取り出すようにしましょう。タランチュラの餌についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、そちらも読んでみてください。

サソリを飼ってみたい人へ!!サソリの種類と飼育方法を紹介!!

タランチュラって繁殖できる?タランチュラの繁殖方法を紹介!!

爬虫類の飼育に必要な設備についてはこちらの記事で紹介しているので、爬虫類の飼育を考えている方は読んでみてください。

毒蟲・奇蟲の飼育方法

Posted by hachuarium