*

タランチュラを飼うのは危険?タランチュラの毒性について紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/12/08 毒蟲・奇蟲の飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

タランチュラを飼うのは危険?タランチュラの毒性について紹介!!タランチュラ

タランチュラは今ペットとしてとても人気の高いクモです。タランチュラは毒性が強いと思われがちですが、実際はそれほど強い毒は持っていません。今回の記事ではタランチュラの毒性について紹介します。

 

 

 

 

 

タランチュラとはオオツチグモ科のクモのことを言います。足が太くて毛が生えているのが特徴のクモになります。

 

タランチュラはその丸っこい見た目から、可愛らしくてペットとして人気があります。最初にも毒はあまりありませんが、それでも飼育する場合には注意しなければいけないこともあります。

 

 

今回の記事では、タランチュラの毒性について紹介するので、タランチュラを飼ってみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

ペットにオススメのタランチュラについては、下記の記事で紹介しているのでそちらの記事も読んでみてください。

タランチュラを飼おう!ペットにオススメのタランチュラの種類と飼育方法を紹介

 

 

それではタランチュラの毒性について紹介します。

 


猛毒動物 最恐50 コブラやタランチュラより強い 究極の毒を持つ生きものは? (サイエンス・アイ新書)

タランチュラの毒はどこにあるのか

 

 

 

タランチュラには大きくてて太い牙があります。

 

この牙に毒が含まれてます。また、種類によっては腹部に刺激毛と呼ばれる毛がついていて、危険を感じるとその毛を脚で飛ばします。

 

牙には毒はあまりありませんが、牙も太いので噛まれると痛いので注意してください。また、刺激毛は目に入ったりすると危険なので、注意してください。

 

 

 

 

タランチュラの毒性について

 

 

 

タランチュラは毒が強いイメージがあって、噛まれたりすると死んでしまうようにに思われている方もいるかもしれませんが、実際にはタランチュラに噛まれての死亡例は世界でもありません。

 

ただ、タランチュラの牙には実際に毒があります。毒はタランチュラトキシンという毒で、人間にはその毒が作用しないので、人間には効果がありません。

 

毒はなくても、牙は鋭くて太いので、噛まれると痛いです。なので、タランチュラを飼育する場合は毒がないからといって、油断していると噛まれてしまうので注意してください。

 

 

注意しなければいけないのが、お腹やお尻にある刺激毛です。刺激毛は種類によってあるものとないものがいますが、刺激毛がある種類のタランチュラを飼育する場合は注意してください。

 

刺激毛が皮膚に刺さってしまうと激しい痒みが出ます。目に入ってしまうと失明してしまう場合もあるので、やはりタランチュラを飼育する場合は、飼育するタランチュラのことを調べてよく知ってから飼育するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

安全に飼育できるタランチュラ

 

 

タランチュラの毒性について紹介しましたが、中には刺激毛もなく、性格もおとなしくて飼育しやすいタランチュラがあります。

 

中でも安全に飼育することができて、人気が高いのがローズヘアタランチュラです。チリアンコモンとも呼ばれています。

 

ローズヘアタランチュラはタランチュラの中でも性格がおとなしくて、体も丈夫で飼育がしやすく、値段も安いので、初めてタランチュラを飼育する場合はローズヘアタランチュラがオススメです。刺激毛もないので、他のタランチュラに比べても安全に飼育することができます。

 

 

刺激毛があるタランチュラ

 

 

メキシカンレッドニータランチュラはペットとして人気の高いタランチュラで、タランチュラの中でも代表的な種類です。

 

毒性も弱いくて性格もおとなしいので初心者の方でも飼育がしやすいと種類です。ただ、刺激毛があります。飼育がしやす種類ではありますが、危険を感じると刺激毛を飛ばすので、ケージを掃除するときなどは十分注意が必要です。

 

刺激毛が刺さると刺さった場所がかぶれて、痛痒くなります。刺激毛もそこまで強い毒はありませんが飼育するときは注意してください。

 

 

こんな記事もオススメです。



ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です