*

アオダイショウの特徴と飼育方法を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/11/18 ヘビの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

アオダイショウの特徴と飼育方法を紹介!!アオダイショウ

アオダイショウは青っぽい緑色をしているヘビで、鱗には光沢があってとても綺麗なヘビです。日本に生息しているへびの中では体長が大きく、飼育もしやすい種類です。今回の記事ではアオダイショウの特徴と飼育方法について紹介します。

 

 

アオダイショウは地方ではなくて、都市部にも生息しているヘビなので、アオダイショウを見たことがある人も多いと思います。

 

ヘビには毒を持っている毒ヘビもいますが、アオダイショウは毒も持っていなく、性格も比較的おとなしいので、慣れてくるとハンドリングすることもできます。日本に生息しているヘビについてはこちらの記事でも紹介しているので、そちらも読んでみてください。

 

今回の記事では、アオダイショウの特徴と飼育方法を紹介するので、アオダイショウを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

アオダイショウとは

 

 

アオダイショウは日本で生息しているヘビの中で最大の大きさを持つヘビで、最大で2メートル前後まで成長します。

 

沖縄には生息していないようですが、日本全土に生息していると言われています。都市部にも良く生息しているので、ヘビの中でも身近な種類です。

 

アオダイショウは平地から山などに広く場所に生息しています。森の中や河川敷などの他にも、家の軒下や下水道など様々な場所に生息しています。

 

ヤマカガシやシマヘビは山など自然の多い場所に生息していますが、アオダイショウは家の軒下などにも生息していて、短な場所に生息していることが多いです。

 

野生のアオダイショウはネズミや鳥などの小動物の他に、鳥の卵やトカゲなどの爬虫類などを食べています。餌があれば生息することができるので、都市部にも多く生息しています。

 

 

 

アオダイショウの特徴

 

 

アオダイショウは名前の通り青っぽい緑色をしているのが特徴です。

 

アオダイショウの体色には地域差があると言われていて、北海道に生息しているアオダイショウは青みが強いと言われています。

 

アオダイショウの幼体はニホンマムシに似た体色をしています。これはマムシに擬態することで、天敵に狙われることを減らすためだと考えられています。

 

アオダイショウは毒を持っていないので、手で触ることもできますが、アオダイショウの幼体はニホンマムシに似ているので、見分けが難しい場合は触らないようにしましょう。

 

アオダイショウのお腹の側面にはキールと呼ばれる鱗がついています。キールとはひとつひとつが膨らんでいる鱗のことを言います。

 

アオダイショウはこのキールを使って壁や木をよじ登ります。アオダイショウの見分けが難しい場合は体色の他にキールを見て見分けるようにしましょう。

 

 

 

アオダイショウの飼育方法

 

 

アオダイショウは野生の個体を捕まえることもできますが、ペットショップでも販売しているので購入することもできます。

 

値段も3000〜5000円前後それほど高くありません。また、北海道に生息しちるアオダイショウは青みが強くて美しいので、海外では人気の種類です。

 

アオダイショウを飼育する場合は、ピンクマウスを食べてくれることが多く、特別な餌を用意したりする必要もないので、飼育が簡単です。

 

日本に生息しているヘビなので、日本の気候にも合いやすく室内であれば保温器具がなくても飼育することができます。

 

ただ、冬眠させてしまうとお腹の中で食べた餌が腐ってしまったりして死んでしまうこともあるので、保温器具を設置するのがいいと思います。簡単にアオダイショウの飼育に必要なものを紹介します。

 

 

 

飼育ケージ

 

 

アオダイショウは2メートル前後まで成長するので大きな飼育ケージが必要になります。ただ、2メートルほどの飼育ケージは必要なく、アオダイショウがとぐろを巻いた時の3倍程度の大きさがあれが大丈夫です。

 

とぐろを巻けばそれほど大きくないので、飼育する場合は120cm程度のケージがあれば飼育することができます。

 

水槽や衣装ケースで飼育することもできますが、脱走してしまうと大変なので、飼育ケージはしっかりとフタができるものを選ぶようにしましょう。

 

壁を登るのが上手なヘビなので、フタをしていてもちゃんと締めてしまいと持ち上げて開けてしまいます。

 

なので、アオダイショウを飼育する場合はちゃんとフタを閉めることができる爬虫類用の飼育ケージを使うのがいいと思います。

 

 

 

床材

 

 

アオダイショウは糞も多く、尿酸という尿のような液体を出します。飼育ケージないを綺麗に保つためにも床材を強いておくようにしましょう。

 

床材はウッドチップを使うのもいいと思いますが、掃除が簡単なペットシートを使うのがいいと思います。

 

また、尿酸が緑色っぽくなっているときは内臓に負担がかかっているときなので、飼育しているヘビが緑色っぽい尿酸を出したときは病院に連れて行ってあげるようにしましょう。

 

ペットシートの方が尿酸を確認しやすく、糞の量も確認しやすいのでペットシートがオススメです。

 

 

 

水入れ

 

 

水入れは飲み水の他に、水浴びをするためにも必要です。蛇は脱皮をしながら大きくなります。

 

脱皮をするときに湿度が下がっていると上手く脱皮することができなくて、脱皮不全になってしまうことがあります。

 

なので、飼育ケージの中にはアオダイショウがとぐろを巻いて入れるぐらいの大きさの水入れを用意しましょう。

 

大きめのタッパーを使うのもいいと思いますが、軽い素材だとひっくり返してしまい、飼育ケージないがビショビショになってしまうことがあるので、重みのある容器を使うのがいいと思います。

 

 

 

シェルター

 

 

蛇は暗くて狭い場所が好きなので、飼育ケージ内にシェルターを設置してあげると落ち着くことができてストレスも減ります。

 

特に飼育を始めたばかりだと飼育環境に慣れていないので、ストレスを感じやすいのでシェルターを用意しておくようにしましょう。

 

シェルターの大きさはとぐろを巻いてピッタリと収まるぐらいのものを選びましょう。アオダイショウの大きさによって、必要なシェルターのサイズも変わってくるので、アオダイショウの成長に合わせてシェルターを用意するようにしましょう。

 

 

 

アオダイショウの飼育に必要な餌

 

 

野生のアオダイショウはネズミや鳥などの小動物や鳥の卵やトカゲやヤモリなどの爬虫類を食べています。

 

飼育する場合はピンクマウスを与えるのがいいと思います。ピンクマウスは様々なサイズが販売しているので、幼体から成体の飼育まで問題なく使用することができます。

 

値段もそれほど高くなく、冷凍されているので、冷蔵庫で保管することができます。生き餌のように飼育する必要もないので、餌として使いやすいです。

 

ピンクマウスを解凍するときにお湯に浸けて解凍してしまうとピンクマウスの匂いがなくなってしまうので、餌を食べなくなってしまうことがあります。

 

なので、ピンクマウスを解凍する場合は袋に入れて、袋の中の空気を抜いてからお湯の中に入れて解凍するようにしましょう。

 

ピンクマウスを解凍したら、ピンセットでつかんでアオダイショウの顔の前に持っていて、軽く揺らすを食べてくれます。

 

蛇はそれほどたくさん餌を食べる生き物ではありません。50cm以下の幼体の場合は頭と同じぐらいのサイズのピンクマウスを2日に1〜2匹程度与えるようにしましょう。

 

50cm〜1メートル以下ぐらいのサイズのアオダイショウを飼育する場合は3日に1匹ぐらい餌を与えるようにしましょう。

 

1メートル以上に成長した個体はあまり餌を食べません。1週間〜10日に1度程度餌を与えるだけで十分です。

 

また、1ヶ月ぐらい全く餌を食べなくなることもありますが、1ヶ月程度であれば餌を食べなくても心配する必要はありません。

 

餌を与える頻度と量は目安なので、飼育しながら様子を見て与える餌を量を決めるようにしましょう。

 

 

 

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です