*

タカチホヘビを飼おう!タカチホヘビの特徴と飼育方法を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/09/22 ヘビの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

タカチホヘビを飼おう!タカチホヘビの特徴と飼育方法を紹介!!タカチホヘビ

タカチホヘビは日本の本州に生息しているヘビですが、アオダイショウやヤマカガシなどに比べて生息数が少なく人に見つかることも少ないので、見つけることができたらレアなヘビです。今回の記事ではタカチホヘビの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

タカチホヘビは人に見つかることが少ないヘビなので、幻のヘビとも呼ばれています。ヘビに詳しくないとタカチホヘビという名前も知らないと思います。

 

タカチホヘビは都市部には生息していなく、山の中や森の中などに生息していて、個体の数も少ないので中々見つけることのできないレアなヘビです。

 

今回の記事ではタカチホヘビの特徴と飼育方法を紹介するので、タカチホヘビを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

タカチホヘビの特徴

 

 

タカチホヘビは日本の本州に広く生息しているヘビで、都市部に生息しているヘビではないので、探そうとしても見つけるのは難しいヘビです。

 

夜行性のヘビで、日中は落ち葉の下や朽木の下や地中に潜んでいたりするので、遭遇する機会がとても少ないです。

 

タカチホヘビを探すときは森林の倒れている木を動かしてみると、木の下にタカチホヘビがいることが多いです。

 

見た目は鱗に光沢があってとても綺麗なヘビです。体長は小さく30〜60cm程度までしか成長しません。

 

タカチホヘビは飼育することが難しい種類のヘビなので、正確な寿命はわかっていませんが、おそらく3〜5年程度だと考えられています。日本にはどんなヘビがいる?日本に生息している主なヘビを紹介!!

 

 

 

タカチホヘビの販売価格

 

 

タカチホヘビはペットショップで販売されることがあります。ただ、人気の高いヘビなので、市場に流通することはほとんどありません。

 

なので、タカチホヘビを飼育したい場合はペットショップをいくつか回って、店員さんと仲良くなって、入荷があったら連絡してもらうようにするのがいいと思います。

 

値段は国産のヘビに比べて高く、1万円以上で販売されることが多いです。飼育するのも大変で、餌を確保するのも大変なヘビなので、飼育する場合はちゃんと飼育環境を整えてから飼育するようにしましょう。

 

 

 

タカチホヘビの飼育方法

 

 

タカチホヘビは飼育に関する情報も少なく、飼育が難しい種類なので、ヘビの飼育に慣れてから飼育するようにしましょう。

 

タカチホヘビは温度と湿度に文官な種類なので、飼育する場合は温度と湿度をしっかりと管理するようにしましょう。

 

飼育かでも湿度が高くて涼しい場所に生息しています。飼育する場合は温度が上がりすぎないように注意して20度前後の環境で飼育するようにしましょう。簡単に飼育に必要な設備を紹介します。【蛇の飼育方法】初心者でも飼いやすい蛇と正しい飼育方法を紹介!

 

 

 

飼育ケージ

 

 

飼育ケージはどんなものでも構いません。体長の小さいヘビなので、プラケースで飼育することができます。

 

通気性のいい環境を好むので、通気性のいい爬虫類用の飼育ケージを使用するのがいいと思います。サイズは30cmもあれば十分です。

 

 

 

床材

 

 

湿度の高い環境を好むヘビなので、飼育する場合は湿度が管理しやすいようにミズゴケやパームビートなどがオススメです。

 

 

 

水入れ

 

水入れは飲み水を入れておく以外に、脱皮をする際に、水浴びをするために必要です。

 

水入れはタカチホヘビがとぐろを巻いて入れるぐらいのサイズのものを選びましょう。タッパーを使うこともできますが、あまり軽いと倒れしてしまうことがあるので、重め水入れを用意するのがオススメです。

 

 

クーラー

 

 

タカチホヘビを飼育する場合はクーラーが必要になります。タカチホヘビは高温と乾燥に弱い種類なので、飼育する場合は毎日霧吹きをして湿度を管理する必要とクーラーを使って室温を管理する必要があります。

 

飼育する場合は夏場でも気温が20度前後の環境を維持する必要があります。扇風機を使って気温を下げる方法もありますが、扇風機を使うと湿度も下がってしまうので気をつけてください。

 

 

 

タカチホヘビの飼育にオススメの餌

 

 

野生のタカチホヘビはミミズを食べているので、飼育する場合はミミズを与えるのが一般的です。

 

飼育する場合は野生のフトミミズやドバミミズなどを捕まえなければいけないので、餌を確保するのが大変です。

 

ミミズの他には昆虫も食べると言われています。ミルワームやハニーワームなどの幼虫を食べることもあるようなので、与えてみるのもいいかもしれません。

 

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です