マタマタの飼育は難しい?マタマタの餌や値段、飼育方法を紹介!!

マタマタの飼育は難しい?マタマタの餌や値段、飼育方法を紹介!!マタマタ

マタマタは枯れ葉や岩のような不思議な見た目をしているカメです。あまり動かずのんびりしているので、とても可愛いく魅力的なペットです。見た目が面白いので飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事では、マタマタの特徴と飼育方法を紹介します。

マタマタは木の葉に擬態した甲羅が特徴的な独特な見た目をしているカメです。ペットとして昔から人気があり、飼ってみたい方も多いと思います。面白い見た目をしているので、水族館などでもよく見かけます。

今回の記事では、マタマタの特徴と飼育方法を紹介するので、マタマタを飼ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

ペットにオススメの亀については、下記の記事で紹介しているのでそちらの記事も読んでみてください。

亀を飼いたい人へ!ペットにオススメの亀の種類を紹介!!

マタマタについて

マタマタはコロンビアやボリビア、ペリーなど南米に広く分布しているカメです。自然下では流れの緩い川や沼地などに生息していて、川底の落ち葉などに擬態をしています。

他のカメに比べて顔が大きくて、甲羅の中に頭をしまうことはできません。甲羅の中に首をしまうことができないので、首を曲げて収納します。

陸上に上がることはなく、川底で枯葉などに擬態しながら、目の前を魚が通るのを待ちます。魚が通りかかると魚を水ごと飲み込んで捕食します。ほとんど動くことがないので、飼育下でも底でじっとしていることが多いです。

目は小さくてつぶらな瞳をしています。口元はよくみると笑っているようにも見えてとても可愛いらしい表情をしています。

マタマタの体長について

マタマタの甲羅は平均で30cmぐらいまで成長して、体重は10kgほどまで成長します。最大では50cmほどまで成長する大きなカメなので、飼育する際はちゃんと最後まで飼いきれるかよく考えてからお迎えするようにしましょう。

マタマタは成長速度はとても遅いので、50cmほどまで成長させるのは大変です。成長が遅いので、大きなマタマタは販売価格が高くなっています。

マタマタの販売価格

流通量もそんなに多くないので、値段も比較的高く15000〜30000円ぐらいします。飼育も比較的難しいので、亀の飼育に慣れてから飼い始めるのがいいと思います。

先ほども紹介しましたが、成長している個体の方が高い値段で販売されています。また、発色が綺麗な個体も値段が高くなります。

マタマタの寿命について

マタマタは飼育下では突然死してしまうことが多いので、寿命ははっきりとわかっていませんが、10年ほどは生きます。

運動不足になると短命になりやすいので、なるべく大きな水槽で飼育するようにしましょう。

マタマタの飼育に必要なもの

マタマタは水棲のカメです。飼育設備は他の水棲のカメと同じです。簡単に必要な飼育設備を紹介します。

水槽

マタマタは大人になると50cmまで成長することを考えると、水槽は大きめのものが必要になります。

水質を安定させるには水量が多い方が安定させやすいので、そのことを考えても大きめの水槽を使用するのがオススメです。

ペットショップなどで販売されている幼体を飼育するのであれば、30cm水槽で飼育することもできますが、50cmまで成長した場合は120cm以上の水槽が必要になります。

成長はそんなに早くないので、45cmぐらいの中型の水槽で飼育して、成長とともに水槽を大きくしていくのがいいと思います。

ろ過装置

水質を安定させるためにもろ過装置が必要です。

外部フィルターと上部フィルターを使って緩やかに流れを作って上げるのがいいと思います。マタマタは餌を食べる量も多く、フンの量も多いので、ろ過フィルターを設置しておかないとすぐに水質が悪化してしまいます。

エアポンプ

熱帯魚などと同じようにエアポンプが必要になります。水中の酸素濃度が下がってしまうと酸欠になってしまうことがあるので注意してください。

底砂

かっこいいレイアウトで飼育したい場合は底砂を入れるのがいいと思います。ただ、底砂を入れると掃除がしづらくなって水質が悪化してしまうことがるので注意してください。

マタマタは水から少し出て、日光浴をすることがあります。ほとんど出ることはありませんが、陸地を少し作って上げるのもいいと思います。

ヒーター・サーモスタット

ヒーターとサーモスタットを用意して水温を安定させましょう。

マタマタは暖かい地域に生息しているので、水温は下がらないように注意してください。水温は26〜30度ぐらいで安定させて20度より下がらないようにしましょう。

ヒーターがいきなり壊れてしまうこともあるので、予備を用意しておくようにしましょう。

紫外線ライト

マタマタは水からほとんど出ることはありませんが、紫外線を浴びる必要があると考えられています。紫外線が入っている照明を用意しましょう。

紫外線ライトは水中に向けて照射しておきましょう。

流木

アマゾン川などに生息しているカメなので酸性化している水質を好みます。なので、流木やマジックリーフを入れて、水質を弱酸性にさせるのがオススメです。

マタマタの飼育にオススメのエサ

マタマタは肉食なので、基本は生きた魚を食べます。

小赤やメダカなどなら売っているお店も多いので小赤やメダカを与えるのがいいと思います。人工餌を食べる個体もいるので、人工餌を食べるようであれば、人工餌を与えるのもいいと思います。

ただ、人工餌にはなかなか餌付かないので、基本的には生き餌で飼育することになります。

餌やりの頻度はベビーであれば毎日与え、大人になったら週に2〜3回ぐらいにしましょう。

飼育下では運動不足になりやすく、肥満になりやすいので、餌の与えすぎに注意してください。ベビーのころは成長も早いので食べるだけ与えても大丈夫ですが、大人になったら少し腹八分目ほどに抑えましょう。

生き餌を与える時の注意点

生き餌を与える場合は購入してから1週間ほど別の水槽で飼育してから与えるようにしましょう。

購入したばかりの生き餌は寄生虫がついていたり、病気になっている可能性があります。1週間ほど飼育して、様子を見てからマタマタに与えた方が安全に飼育することができます。

マタマタの飼育環境について

水深について

マタマタは首を伸ばして息継ぎをします。飼育する際は立ち上がって首を伸ばした時に口先が水面に出るぐらいの水深になるようにしましょう。

水質について

マタマタはアマゾン川に生息していて、弱酸性の水質を好みます。

マジックリーフなどブラックウォーターを作るための商品が販売されているので、そういったものを使用してブラックウォーターを作るのがオススメです。

マタマタは餌を食べる量も多く、フンも多いので、水換えは2〜3日に1回、は行うようにしましょう。水換えをするときはプロホースなどで底に溜まっているフンや食べ残しを吸いとって捨てるようにしましょう。

水換えの量は3分の2ほどにした方が水質が安定しやすいです。

こんな記事もオススメです。

リクガメの入門種!!ヘルマンリクガメの特徴と飼育方法を紹介!!

飼育がしやすいリクガメ!!エロンガータリクガメの特徴と飼育方法を紹介!!

亀の飼育方法とは?亀の飼育に必要な設備・餌・日常の管理を紹介!!

 

爬虫類の飼育に必要な設備についてはこちらの記事で紹介しているので、爬虫類の飼育を考えている方は読んでみてください。

カメの飼育方法

Posted by hachuarium