アオジタトカゲの特徴と飼育方法を紹介!!

アオジタトカゲの特徴と飼育方法を紹介!!アオジタトカゲはペットとして人気の爬虫類です。昔から人気の種類で、飼育もしやすい種類です。今回の記事ではアオジタトカゲの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

アオジタトカゲは昔から人気の種類で、日本では1970年頃からペットとして飼育されるようになりました。

 

体も丈夫で飼育も簡単な種類なので、少し大きなトカゲを飼いたい人にオススメのトカゲです。

 

今回の記事では、アオジタトカゲの特徴と飼育方法を紹介するので、アオジタトカゲを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

アオジタトカゲの特徴

 

 

アオジタトカゲはオーストラリアやインドネシアの一部に生息しているトカゲで、森や草原などの他に砂漠など様々な場所に生息しています。

 

名前の通り舌が青いトカゲで、威嚇するときにシューと音を出しながら、青い舌を出して相手を驚かします。

 

大きさは60cm程度ですが、最大で70cm程度まで成長することがあります。アデレードアオジタトカゲは体長が小さい種類で、20cm程度までしか成長しません。

 

大きく成長する種類のトカゲなので飼育する場合は大きな飼育ケージを用意するようにしましょう。手足の短いトカゲなので、尻尾も短いのでずんぐりむっくりしていて、見た目もとても可愛いです。

 

性格もおとなしくてハンドリングすることもできるので、ペットとして人気が高いです。

 

 

 

アオジタトカゲの飼育に必要なもの

 

 

飼育ケージ

 

 

アオジタトカゲは60cm程度まで成長するので、飼育する場合は大きな飼育ケージが必要になります。

 

サイズは90cm以上のものを用意するようにしましょう。幼体のときは小さい飼育ケージで飼育することが出来ますが、すぐに大きくなるので、あらかじめ大きな飼育ケージを用意しておくようにしましょう。

 

 

保温器具とバスキングライト

 

 

アオジタトカゲを飼育する場合は飼育ケージ内には温度の勾配を作る必要があります。勾配があれば適した温度の場所に移動することができるようになります。

 

温度はバスキングライトを使って、高いところで35〜38度前後になるようにして、飼育ケージ内は20〜28度ぐらいで勾配ができるようにしましょう。

 

 

紫外線ライト

 

 

昼行性のトカゲなので飼育する場合は紫外線ライトが必要になります。紫外線を浴びることで、体内でカルシウムを吸収するために必要なビタミンDを作り出します。

 

ビタミンDが不足するとカルシウムを吸収することが出来なくなって、クル病になってしまいます。

 

クル病になると骨が弱くなって、骨が曲がったり顎が外れて口が閉じなくなってしまったりするので気をつけてください。

 

 

床材

 

 

床材はどんなものでも大丈夫です。ペットシートなどを使うこともできます。

 

床材を誤食すると腸閉塞になってしまう可能性があるので、なるべく粒の小さいものを選ぶのがいいと思います。

 

 

シェルター

 

 

飼育ケージ内の涼しい場所にアオジタトカゲが隠れられるようにシェルターを設置しておくようにしましょう。

 

隠れられる場所があった方が落ち着くことが出来るのでストレスを溜めないようにシェルターを用意してください。

 

 

水入れ

 

 

アオジタトカゲが水浴びをすることがあるので、飼育ケージ内にはアオジタトカゲの全身が入れるぐらいの水入れを入れておきましょう。

 

脱皮前になると自分で水に浸かります。水入れを設置してないと脱皮不全になることがあるので気をつけてください。

 

 

平たい石

 

 

バスキングライトが当たっている場所に平たい石を置いておきましょう。石を設置して石を温めておくことで、トカゲはお腹も温めることが出来ます。

 

 

 

アオジタトカゲの餌について

 

 

アオジタトカゲ雑食のトカゲで、野菜を中心に食べます。

 

小松菜やケール、などの葉野菜を中心にバランス良く与えるようにしましょう。果物もすくなので、おやつとして果物を与えるのがいいと思います。

 

昆虫やピンクマウスなども食べますが、カロリーが多いので与えすぎると肥満になってしまうので注意してください。

 

トカゲ用の人工餌やリクガメ用の人工餌で飼育することが出来ます。人工餌に刻んだ野菜を混ぜて与えるのがいいと思います。