*

まるで恐竜!!アルマジロトカゲの魅力と飼育方法を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/12/08 トカゲの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

まるで恐竜!!アルマジロトカゲの魅力と飼育方法を紹介!!arumajirotokage
アルマジロトカゲは一般的にはそれほど有名なトカゲではありませんが、爬虫類が好きな人には有名なトカゲです。見た目がとてもカッコイイので、飼ってみたいと思う人も多いと思います。今回の記事では、アルマジロトカゲの特徴を紹介します。

 

 

アルマジロトカゲはとても稀少性が高いのであまり日本では販売されていません。輸入の量が少ないので、日本で販売されるハルマジロトカゲの値段はとても高く、30万円前後で販売されています。

 

見た目もっかこよく、輸入量も少なく繁殖個体も出回っていないため値段が高くなっています。繁殖個体が出回るようになれば値段も下がると思いますが、まだ繁殖個体は出てきていません。輸入量が少ないので、ネットで販売されることはほとんどありません。購入する際は爬虫類専門のショップやペットショップをいくつも回って、店員さんに入荷したら教えてくださいとお願いするしかありません。

 

値段は高いですが、アルマジロトカゲはとても体が丈夫なので飼育はとても簡単です。寿命もすごく長くて25年以上生きるとも言われています。

 

恐竜のような見た目でとてもカッコイイので飼ってみたいと思う人も多いと思います。今回の記事では、アルマジロトカゲの特徴を紹介するので飼ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

ヨロイトカゲの種類は、下記の記事で紹介しているのでそちらの記事も読んでみてください。

恐竜みたいでかっこいい!!ヨロイトカゲの魅力とオススメのヨロイトカゲを紹介!

 

それではアルマジロトカゲの特徴を紹介します。

 

 

 

 

アルマジロトカゲの特徴

 

 

 

アルマジロトカゲは南アフリカに生息しているトカゲです

 

南アフリカの乾燥地帯に生息しているので昼間はとても暑く夜間はすごく寒い厳しい環境を生き抜いているので体はとても丈夫で飼育は簡単だと言われています。

 

身の危険を感じるとアルマジロのように尻尾をくわえて丸くなって防御姿勢をとることからアルマジロトカゲと言われています。

 

体がトゲトゲとした鎧のような鱗で覆われていて、まるで恐竜のような見た目をしています。漫画やゲームに出てきそうな見た目をしていてとてもカッコ良いトカゲです。

 

体長は20センチほどまで成長すると言われていて、小型のトカゲなのでとても飼いやすく体も丈夫なので爬虫類の飼育に慣れている人であれば問題なく飼うことができます。

 

アルマジロトカゲはトゲトゲしていて見た目は少し怖そうですが、性格は温厚なので飼育しやすいトカゲです。また、野生のアルマジロトカゲは集団で生活をしていて、10匹程度で群れを作って生活ををしています。

 

トカゲの多くは単独で生活していることが多いですが、アルマジロトカゲは珍しく集団で生活をしていて、社会性を持っていると言われています。集団で生活しているので、多頭飼育をすることもできるし、社会性があるので、人にもなれやすいと言われています。

 

 

 

 

 

アルマジロトカゲが高い理由

 

 

最初にも書きましたがアルマジロトカゲはとても希少性の高いトカゲです。

 

南アフリカでもあまり見かけることがなく、ワシントン条約で輸出を規制されているトカゲです。購入する場合には証明書を渡されるのですが、密輸された個体だと証明書がありません。

 

密輸された個体なら10万円前後で購入することも出来るようですが、密輸と知っていて購入するのは犯罪になってしまうので十分注意してください。

 

南アフリカに生息している個体数も少なく、ワシントン条約で規制されているのがアルマジロトカゲの値段が高い理由です。また、アルマジロトカゲの需要はとても高いのも値段が高くなる理由の1つです。

 

流通量が少ないので、相場もはっきりと決まっていませんが、30万円程度で販売されることが多いです。購入しようと思っても、どこでも売っている訳ではないので、購入するのは大変です。

 

 

アルマジロトカゲを購入する場合は色々なペットショップに行って、販売実績があるお店を探してみてください。販売実績のあるお店がみつかったら、入荷したら教えてもらえるように予約しておくのがいいと思います。

 

希少なトカゲなので、ペットショップを探しても売っているところを見つけることはできません。なので、予約しないと購入することは難しいです。

 

 

 

 

 

アルマジロトカゲの飼育方法

 

 

アルマジロトカゲの飼育方法は他の乾燥系のトカゲと同じです。

 

海外のサイトを見ていると飼育ケージは大きめの90センチ水槽などを使うのが良いようです。床材はサンド系を使用して、岩や流木などを設置している人が多いです。

 

岩場の隙間に隠れていることが多いトカゲなので、飼育する場合は身を隠すことができるようにシェルターを設置しておきましょう。身を隠すことができることによってストレスを軽減することができます。自然の環境に近ずけるためにも床材を敷いておくようにしましょう。何もしていないと足や腰に負担がかかってしまいます。アルマジロトカゲを飼育する場合はサンド系の床材を敷いておくのがいいと思います。

 

バスキングライトと紫外線ライトが必要です。可能であれば日光浴をさせてあげてください。ホットスポットは40度以上にするのがいいようです。室温は昼間は25〜30度前後で安定させて、夜間は一部の保温器具の電源を切って室温を少し下げたほうがいいそうです。

 

アルマジロトカゲを飼育する場合は昼間は25〜30度前後、夜間は20度前後で安定させる必要があります。もともと昼と夜で温度差がある場所に生息しているので、温度の変化には強いと言われています。バスキングライトだけでがピンポイントにしか温度を上げることができません。

 

なので、バスキングライトの他に保温球やパネルヒーター、暖突などを使って温度を管理するようにしましょう。昼と夜で温度を変える場合はサーモスタットを使用するのがいいと思います。サーモスタットによっては時間によって電源のオンオフをすることができます。

 

毎回手動で電源を入れたり切ったりするのは大変なので、サーモスタットを使用するのがいいと思います。

 

アルマジロトカゲはとても高価な生き物なので飼育する場合は購入する際に飼育の仕方をよく聞いてから購入するようにしましょう。トカゲを飼うときの注意点とペットにオススメのトカゲはこちらの記事で、トカゲを飼おう!!トカゲ飼育するときの注意点とオススメのトカゲを紹介!!こちらの記事も読んでみてください。

 

 

アルマジロトカゲの餌について

 

 

肉食のトカゲなので、飼育する場合はコオロギやデュビアなどの昆虫を与えるのがいいと思います。デュビアは飼育も簡単でロスも少ないので、爬虫類の餌にオススメです。

 

デュビアはゴキブリなので、ゴキブリが苦手な人は扱いずらいと思います。ただ、デュビアは動きも遅く見た目も家に出るゴキブリとは少し違うので、それほど気持ち悪くありません。

 

餌用に使われてるコオロギはヨーロッパイエコオロギとフタホシコオロギの2種類があります。ヨーロッパイエコオロギの方が動きが早いので少し扱いづらいです。ただ、どちらもそれほど違いはないので、コオロギを使用する場合は入手しやすいものを使用するのがいいと思います。

 

アルマジロトカゲの他にも、恐竜みたいでかっこいいトカゲはたくさんいます。ペットにおすすめのヨロイトカゲをこちらの記事で紹介しているので、ヨロイトカゲを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

こんな記事もオススメです。



ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です