*

初心者向け上級者向けのトカゲを種類別に紹介!!

公開日: : 最終更新日:2017/10/28 トカゲの飼育方法

初心者向け上級者向けのトカゲを種類別に紹介!!201109032200

 

トカゲには色々種類がいます。飼育が簡単な種類のトカゲもいれば飼育が難し種類のトカゲもいます。今回の記事では、初心者向け上級者向けのトカゲを種類別に紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

トカゲは見た目もかっこいいし表情も愛らしいので飼ってみたいと思う人も多いと思います。

 

トカゲには飼育が簡単なものや飼育が難しいものがいるので、初めてトカゲを飼育する場合には飼育が簡単なものを選ぶのがいいと思います。

 

 

今回の記事では、初心者向け上級者向けのトカゲを種類別に紹介するので、トカゲを飼ってみたい人はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、初心者向け上級者向けのトカゲを種類別に紹介します。

 

 

 

初心者にオススメのトカゲ

 

 

 

 

1、ヒョウモントカゲモドキ


ヒョウモントカゲモドキと暮らす本 (アクアライフの本)
ヒョウモントカゲモドキは厳密に言えばトカゲではありませんが、飼育も簡単だし見た目も可愛いのでオススメです。

 

今までトカゲを飼ったことがない人でも飼育設備さえしっかり揃えておけば簡単に飼育することができます。

 

室温の管理と湿度の管理をちゃんとして、3回に1回ぐらい餌にカルシウムパウダーをまぶして与えておけば病気になったりすることもありません。

 

 

室温は25〜30度の間で安定させておかなければいけないので、冬場はパネルヒーターなどの暖房器具が必要になります。

 

トカゲは基本的に太陽の光を浴びないとビタミンを作ることができないので、トカゲを飼育する場合には紫外線ライトを設置しなければいけません。

 

 

でも、ヒョウモントカゲモドキを飼育する場合は紫外線ライトが必要ないので、その点も飼育が簡単な理由でし。

 

 

飼育設備もそれほど多くないので、飼育する時にかかるお金をそれほど多くないので、初めてトカゲを飼う場合はヒョウモントカゲモドキがオススメです。

 

ヒョウモントカゲモドキの飼育方法についてはこちらの記事でも紹介しているので、こちらの記事も読んでみてください。

 

 

 

2、ニホンヤモリ・ニホンカナヘビ・ニホントカゲ

 

 

ニホンヤモリとニホントカゲも飼育が簡単です。

 

ニホンヤモリは指先が吸盤のようになっていますので、ガラス水槽などは登ってしまうので、ニホンヤモリを飼育する場合はちゃんと蓋をしていないと逃げてしまうので気をつけてください。

 

ニホンカナヘビ・ニホントカゲは意外に大きくなるので、飼育するのは楽しいと思います。

 

 

ニホントカゲ・ニホンカナヘビは25センチぐらいまで成長するので、飼育する場合は30センチ以上の水槽で飼育するのが良いと思います。

 

 

ニホントカゲとニホンカナヘビを飼育する場合は毎日の日光浴が必要になります。日光浴させるのが面倒だと思う人は紫外線ライトを設置してあげてください。

 

ニホンヤモリ・ニホンカナヘビ・ニホントカゲはコオロギやミルワームを食べます。コオロギやミルワームはペットショップで販売されているので、簡単に用意することができます。

 

 

 

中級者にオススメのトカゲ

 

 

 

1、フトアゴヒゲトカゲ


フトアゴヒゲトカゲと暮らす本 (アクアライフの本)
フトアゴヒゲトカゲは大型のトカゲの中では飼育が簡単です。

 

トゲがいっぱいあってカッコイイのでトカゲの中でも人気の高い種類のトカゲです。

 

飼っている人も多く、情報も多いので困ったことがあっても調べればすぐに情報を見つけることができます。イグアナなどの大型のトカゲを飼育したいと思っている人はフトアゴヒゲトカゲから飼育を始めるのがいいと思います。

 

 

体調は50センチぐらいまで成長するので、少し大型の飼育ケージが必要になります。

 

飼育ケージの他に、フトアゴヒゲトカゲを飼育する場合には保温球、バスキングライト、紫外線ライトが必要になります。

 

 

室温は30度前後にして、バスキングライトで照らしている一部分だけを40度ぐらいにしておきましょう。

 

また、フトアゴヒゲトカゲを飼育する場合は3日に1回ぐらいは温浴させてあげてください。

 

 

温浴させる時は35〜38度のお湯を用意して、5〜10分ぐらい入れてあげてください。個体によっては温浴をさせてあげないと糞をしない個体がいます。

 

飼っているフトアゴヒゲトカゲがあまり糞をしないようなら温浴をしてあげるようにしてください。

 

フトアゴヒゲトカゲの飼育方法についてはこちらの記事で紹介しているので、こちらの記事も読んでみてください。

 

 

 

 

2、オニプレートトカゲ

 

 

オニプレートトカゲは人に慣れやすいのでオススメです。

 

飼育方法はフトアゴヒゲトカゲをあまり変わりませんが、床材は砂のものがオススメです。

 

オニプレートトカゲは砂を掘って砂に潜るのが好きなので、床材を砂のものにしてあげるのがいいと思います。

 

 

体調は40センチぐらいまで成長するので、飼育ケージは60センチ以上のものが必要になります。

 

 

 

 

上級者にオススメのトカゲ

 

 

 

1、グリーンイグアナ

 

 

グリーンイグアナはとても人気の高い生き物です。

 

ただ、最大で180センチまで成長するので、飼育するのは大変です。

 

自宅で飼育する場合は自宅で放し飼いにするか、一部屋使ってグリーンイグアナようの部屋を作る必要があります。

 

また、グリーンイグアナのオスは発情期に凶暴になるので、飼育する場合は注意してください。

 

グリーンイグアナを飼うときの注意点はこちらの記事で紹介しているので、こちらの記事も読んでみてください。

 

 

 

 

2、ナイルモニター

 

 

ナイルモニターは150センチぐらいまで成長しちゃうので飼育が大変です。

 

また、性格が凶暴なので飼育がとても大変です。

 

トカゲの飼育に慣れていない場合は飼育するのは大変なので飼わないほうがいいと思います。

 

餌は小さい頃はコオロギやピンクマウスを食べますが、大きくなると肉片などを食べるようになります。

 

ナイルモニターは肉食なので、猫や犬を飼っているおうちでは飼育できないと思います。凶暴で飼育するのは大変ですが、トカゲの飼育に慣れている人にはオススメです。

 

こんな記事もオススメです。



おすすめの飼育ケージ

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

おすすめの保温器具

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

関連記事

トカゲを飼育するときにオススメの餌を紹介!!

トカゲを飼おうと思っているけど何を食べるのかわからないって人も多いんじゃないでしょうか。トカ

記事を読む

no image

ウォータードラゴンの特徴と飼育方法を紹介!!

ウォータードラゴンはインドシナ島や中国の南部などに生息しているアガマ科のトカゲです。ドラゴンのような

記事を読む

トカゲを飼おう!!トカゲをペットにする時に気をつけてほしい3つのことを紹介!!

恐竜のような見た目に愛らしい仕草がとても可愛いのでペットとしても人気があります。トカゲを飼っ

記事を読む

まるで恐竜!!アルマジロトカゲの魅力と飼育方法を紹介!!

アルマジロトカゲは一般的にはそれほど有名なトカゲではありませんが、爬虫類が好きな人には有名なトカ

記事を読む

カナヘビってどうやって飼うの?カナヘビの飼育方法を紹介

カナヘビは日本のどこにでもいるトカゲです。子供の頃はカナヘビを捕まえて遊んだって人も多いので

記事を読む

カナヘビを飼育する時にオススメの餌を紹介!!

カナヘビはニホンの生息しているトカゲです。子供の頃に捕まえたことがある人の多いのではないでし

記事を読む

フトアゴヒゲトカゲっていくらするの?フトアゴヒゲトカゲの値段を紹介

フトアゴヒゲトカゲはトカゲの中でもとても人気の高い生き物です。ペットとしても飼いやすいので今

記事を読む

イグアナを飼いたい人へ!!イグアナの飼育方法を紹介!!

イグアナを買ってみたいと思っても周りに飼ってる人もいないしどうやって飼えばいいのかわからない

記事を読む

イグアナを飼うのは大変?イグアナをペットにする時の注意点を紹介

イグアナはペットとしてはあまりポピュラーじゃありませんが、イグアナを飼ってみたいと思う人も多

記事を読む

恐竜みたいでかっこいい!!ヨロイトカゲの魅力とオススメのヨロイトカゲを紹介!

トカゲの中にはヨロイトカゲと呼ばれる種類があります。ヨロイトカゲは見た目がカッコよくて値段も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • まだデータがありません。