ザラクビオオトカゲ(ラフネックモニター)の特徴や飼育方法について紹介!!


ザラクビオオトカゲ(ラフネックモニター)の特徴や飼育方法について紹介!!ザラクビオオトカゲは黒地の体で独特な顔つきをしているとてもかっこいいオオトカゲです。オオトカゲは体も大きいので飼育は大変ですが飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事ではザラクビオオトカゲの特徴や飼育方法について紹介します。

 

 

流通量は他のオオトカゲに比べて少ないので、値段も高いですがとてもかっこいいオオトカゲなので飼ってみたい人も多いと思います。

 

流通が量が少なく、飼育自体も他のオオトカゲに比べて臆病で飼育も少し大変です。なので、飼育に慣れていないと大変だと思います。

 

今回の記事では、ザラクビオオトカゲの特徴と飼育方法について紹介するので、ザラクビオオトカゲを飼ってみたい人はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ザラクビオオトカゲの特徴について

 

 

ザラクビオオトカゲはラフネックモニターとも呼ばれているオオトカゲです。

 

キイロオオトカゲ亜属に分類されています。キイロオオトカゲ亜属に分類されているオオトカゲはあまり日本では流通していません。キイロオオトカゲ亜属の中で、日本で販売されているのはザラクビオオトカゲとデュメルモニターが多いです。

 

ザラクビオオトカゲはタイやマレーシアなどの熱帯雨林に多く生息しています。

 

樹上棲で主にマングローブ林に生息しいることが多いです。臆病な性格をしているので、現地でも見つけることが難しいと言われています。

 

マングローブ林に生息していることから水辺に好んで生息していると言われています。水辺の近くに生息していますが、泳ぐのが得意なわけではありません。

 

体長は100〜120cmほどと言われています。大きな個体だと150cmほどまで成長することがあるので、飼育する場合はしっかりと飼育環境をの準備をするようにしましょう。

 

 

 

ザラクビオオトカゲの飼育環境について

 

 

飼育ケージ

 

 

他のオオトカゲと同様の方法で飼育することができます。樹上棲の強いオオトカゲなので、飼育する際は半樹上棲のレイアウトで飼育するのがいいと思います。

 

幼少期であれば60cmサイズのケージで飼育して、飼育環境に慣れてもらうのがいいと思います。

 

成長に合わせて150cmのアクリル水槽なのど大きなケージを使用して、やそれでも手狭になってしまったら自作のケージや温室を使用するようにしましょう。

 

 

温度と湿度

 

 

熱帯雨林に生息しているので、飼育する際は高温多湿の環境で飼育するようにしましょう。

 

飼育する際は室温を最低でも26度以上にして、ホットスポットは35度ぐらいになるようにするのがいいと思います。

 

冬になると湿度がすぐに下がってしまいます。湿度が低くなると脱皮不全になったり、呼吸器系の疾患になってしまうことがあります。

 

なので、冬場は特に温度と湿度に気をつけるようにしましょう。

 

 

レイアウトについて

 

 

樹上棲の強いので、飼育ケージないには流木や登り木などを設置して立体的に移動することができるようにしましょう。

 

また、水浴びをすることはそれほど多くありませんが、水入れを設置して水浴びができるようにするのがいいと思います。

 

水入れを設置しておくことによって湿度の管理もしやすくなるので全身が入るほどのある程度大きなものを設置しておきましょう。

 

 

ザラクビオオトカゲの餌について

 

 

幼体を飼育する場合はコオロギやデュビアなどの昆虫を与えて飼育することができます。

 

活き餌を与えて方が反応がいいので、お迎えしたばかりは活き餌を与えて、飼育環境に慣れてきたら、乾燥や冷凍のコオロギなどを与えるのもいいと思います。

 

整体になっても昆虫を食べますが、量も多くなり管理も大変になります。なので、ピンクマウスやうずら、鳥のササミなどをバランスよく与えるのがいいと思います。

 

モニターを飼育していると餌を与えすぎてしまい、肥満にしてしまうことが多いと思います。肥満は様々な病気の原因になり寿命を縮めてしまいます。

 

なので、餌を与える量は頻度に気をつけて、餌を与えすぎないようにしましょう。

 

 

オススメの飼育ケージ

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 3030

ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 4530