*

リクガメの種類とペットにオススメのリクガメを紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/10/01 その他生き物の飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

リクガメの種類とペットにオススメのリクガメを紹介!!kam0003-012

リクガメは爬虫類の中でも人気の高いペットです。カメはミドリガメなどの身近なカメもいるので、何かカメを飼ってみたいと思う人も多いと思います。今回の記事ではリクガメの種類とペットにオススメのリクガメを紹介します。

 

 

 

リクガメは名前の通り陸上に生息しているか目で、立派な甲羅が特徴的です。ゆっくり歩く姿はとても可愛らしいです。飼育する場合は水辺を必要としないので、飼育がしやすいカメです。

 

リクガメは飼育が簡単なので、初めてカメを飼ってみようと思う人はリクガメから飼育するのがいいと思います。

 

リクガメには体長が大きく成長する種類もいて、中には飼育が難しいのもいますが、体長がそこまで大きくならなず気温の変化にも強い種類のリクガメは飼育が簡単です。

 

今回の記事では、初心者におすすめの飼いやすい種類のリクガメを紹介するので、リクガメを飼ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは初心者におすすめの飼いやすい種類のリクガメを紹介します。

リクガメが100%喜ぶ飼い方遊ばせ方―自分に合った種類の見つけ方から快適カメ・ハウス作り、病気のケアまで (SEISHUN SUPER BOOKS)

1、ヘルマンリクガメ

 

 

 

ヘルマンリクガメはリクガメの中で最も初心者向けのリクガメです。

 

 

体長も最大で30センチぐらいまでしか成長しないので、マンションでやアパートでも飼育ができるリクガメです。30cmほどまで成長するのは稀で、ほとんどの個体は20cm程度までしか成長しません。

 

リクガメを飼育する場合はヒーターをつけて室温を管理しなければいけませんが、ヘルマンリクガメは寒さにつよいのでそこまで室温に気を付かなくても大丈夫です。最低で18度ぐらいあれば病気になったりすることもありません。

 

餌は小松菜やチンゲン菜などの葉野菜を食べます。小松菜はカルシウムが豊富なので、栄養面を考えるなら小松菜を与えるのがいいと思います。

 

カルシウムが不足すると甲羅が凸凹になったり骨が歪んだりしてしまいます。飼育していると多少甲羅に凹みが出来たりはしますが、ちゃんと栄養価の良い餌を与えることで、凹みを抑えることが出来ます。リクガメをに餌を与える場合は3回に1回ぐらい餌に爬虫類用のカルシウムパウダーをまぶして与えてください。

 

ヘルマンリクガメは90センチの水槽で飼育することができます。ただ活発でよく動き回るので、大きな水槽で飼育してあげるのが理想です。

 

場所に余裕がある場合は120センチ水槽で飼育してあげるのが良いと思います。流通量も多く値段は安く1〜3万円程度で購入することが出来ます。ヘルマンリクガメの飼育方法と特徴、飼育に必要な設備を紹介!!

 

 

 

2、ロシアリクガメ

 

 

 

ロシアリクガメも飼育が簡単なので初心者でも飼いやすいリクガメです。

 

ホルスフィードリクガメ、ヨツユビリクガメという名前でも呼ばれています。

 

寒い地域に生息しているので、寒さにも強く屋外で飼育することができます。ただ、冬眠させたりするのが怖いと思う場合は室内で飼育するのが良いと思います。

 

ロシアリクガメは穴掘りが上手なので屋外で飼育していると穴を掘って逃げ抱いてしまうことがあります。冬眠させるのにもリスクがあるので初めて飼育する場合は屋内で飼育するようにしましょう。

 

ロシアリクガメは最大で25センチぐらいまでしか成長しないので、小型なので室内でも飼いやすいです。

 

飼育方法はヘルマンリクガメと同じです。ロシアリクガメはそこまで大きくならないので90センチの水槽で飼育することができます。

 

室温は20度ぐらいあれば病気になることもありません。ただ、気温が低いと消化不良になってしまったりすることがあるので、昼間は25度前後、夜は22度前後で安定させて、30〜35度前後のホットスポットを作っておくのがオススメです。ロシアリクガメを飼おう!ロシアリクガメの特徴と飼育方法を紹介!!

 

 

 

 

 

3、ギリシャリクガメ

 

 

 

ギリシャリクガメも飼育が簡単な種類のリクガメです。

 

南ヨーロッパや東南アジアなどに生息しているリクガメです。名前は甲羅の模様がギリシャのモザイク模様に見えることが由来です。ギリシャリクガメも低温に強いリクガメです。低温に強いリクガメですが、飼育する場合は25度前後の環境で飼育するのが良いと思います。

 

ただ、飼育が難しい亜種もいます。初めてリクガメを飼う人にとっては見分けるのは大変など思うので、ギリシャリクガメを飼育する場合はペットショップでよく質問してから購入するのが良いと思います。

 

ギリシャリクガメの種類によっては体長が最大で20センチぐらいまでしか成長しない種類や寒さにつよくて冬眠できる種類などがいます。体長が20cm程度と小さいので、省スペースで飼育することが出来ます。頭もよく飼い主の顔を覚えることも出来ます。

 

リクガメの中でも人気が高く、流通量も多いです。値段も安く1〜3万円ほどで購入することが出来ます。低音に強く日本の気候にも会いやすいので、リクガメの入門種として人気があります。

 

 

自分に生活環境にあったリクガメを選ぶことができるのだいいと思います。リクガメってどうやって飼うの?リクガメの飼育方法

 

 

 

こんな記事もオススメです。



ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です