イシガメの餌は何がいい?イシガメの飼育にオススメの餌!!


イシガメの餌は何がいい?イシガメの飼育にオススメの餌!!イシガメは雑食性のカメなので、いろいろなものを食べることができます。水棲の亀の中でも飼育が簡単でポピュラーな種類です。今回の記事ではイシガメの飼育にオススメの餌について紹介します。

 

 

イシガメは雑食性のカメなのでいろいろなものを食べます。人工餌にも慣れやすいので人工餌で飼育することもできます。

 

ただ、与える餌の栄養バランスが悪いと甲羅が変形してしまったり、綺麗に成長しないので、イシガメを綺麗に育てたい場合は与える餌に気を使ってあげるのがいいと思います。

 

今回の記事ではイシガメの飼育にオススメの餌を紹介するので、イシガメを飼育している人はぜひ読んでみてください。

 

 

イシガメの餌について

 

 

イシガメは雑食性のカメなので、動物性の餌でも植物性の餌でも食べることができて、栄養にすることができます。

 

イシガメは生息している環境によって食べる餌が変わると言われています。コケや植物が多い環境だと草食性が強くなり、昆虫や魚などを多く食べていると肉食性が強くなると言われています。

 

飼育下では同じ餌だけを与えていると栄養価に偏りができてしまい、病気になってしまうこともあるので、色々な餌をバランスよく与えるのがいいと思います。

 

簡単にイシガメにオススメの餌を紹介します。

 

 

人工飼料

 

 

イシガメを飼育する場合は栄養価のバランスがよく、使いやすいレプトミンなどのカメ用の人工飼料を与えて飼育するのがいいと思います。

 

レプトミンにはカメの飼育に必要な栄養素をバランスよく含まれているので、レプトミンだけで飼育することができます。

 

ただ、人工飼料だけ与えていると餌に飽きてしまって餌を食べなくなってしまうことがあります。そういった場合は、人工飼料の他に生き餌などを与えるのがいいと思います。

 

カメ用の人工飼料の他にもドックフードや熱帯魚用の餌も食べます。

 

 

鶏肉や牛肉

 

 

イシガメは鶏肉や牛肉などを食べることができます。

 

料理をする場合は切れ端を与えるのもいいと思います。鳥肉や牛肉は脂身の少ない部分を与えるようにしてください。

 

他にはレバーや砂肝なども食べることができます。

 

 

生き餌

 

 

ミミズやコオロギ、アカムシ、ミルワームなど生き餌も好んで食べます。人工餌に飽きて来た時やおやつとしてたまに与えるのがいいと思います。

 

アカムシは生き餌の他にも冷凍のものが販売されています。冷凍のものであれば冷蔵庫で保管することができるので、生き餌に比べて保存が簡単で使いやすいです。

 

 

水草

 

 

植物性のものも食べるので、イシガメは水草も食べます。アナカリスやマツモなどを入れておくと餌として食べることができます。

 

餌があげられない時のために入れておくと、お腹が空いた時に食べることができるのでオススメです。

 

 

イシガメが餌を食べない原因

 

 

イシガメは体が丈夫なように見えますが実はデリケートな生き物です。飼育していると体調を崩して餌を食べなくなってしまうことがあります。

 

簡単に餌を食べなくなってしまう原因を紹介します。

 

 

気温・水温の低下

 

 

イシガメは変温動物なので、水温や気温が下がってしまうと消化機能が低下するので、餌を食べなくなってしまいます。

 

イシガメを飼育する場合は水温は25度前後で、陸地のホットスポットは35度前後必要です。

 

温度や水温が下がってしまうと消化のスピードが遅くなって餌を食べなくなってしまうので、しっかりと温度管理するようにしましょう。

 

 

日光浴不足

 

 

イシガメはバスキングといって日光浴をすることで体温を上げます。日光浴をすることができないと代謝が低下してしまい餌をあまり食べなくなります。

 

代謝が低下するだけでなく、日光浴をして紫外線を浴びることができないとビタミンD3を合成することができないので、カルシウムを取り込むことができなくなってしまうのでちゃんと陸地を作って、バスキングライトと紫外線ライトを設置しておきましょう。

 

 

オススメの飼育ケージ

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 3030

ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 4530