ヒメツメガエルを飼おう!!ヒメツメガエルの飼育方法を紹介!!

ヒメツメガエルを飼おう!!ヒメツメガエルの飼育方法を紹介!!ヒメツメガエルは水棲のカエルで熱帯魚を飼っている方などに人気のカエルです。見た目が可愛いカエルなので水棲のカエルを飼ってみたいと思う方にはとてもオススメのカエルです。今回の記事ではヒメツメガエルの飼育方法を紹介します。

ヒメツメガエルは一生を水中で暮らすカエルです。

とてものんびりしているカエルで見た目も可愛く水棲のカエルの中でにはとても人気の高いカエルです。体調も小さく4センチ程度までしか成長しません。

熱帯魚と同様の飼育設備で飼育することができ、餌も人工餌を食べるので、飼育も簡単です。

今回の記事ではヒメツメガエルの飼育方法を紹介するので、ヒメツメガエルを飼ってみたいと思う方は是非読んでみてください。

ペットにオススメのカエルは、下記の記事で紹介しているのでそちらの記事も読んでみてください。

飼いやすいカエルの種類とは?ペットにオススメのカエルの種類を紹介!!

それではヒメツメガエルの飼育方法を紹介します。

ヒメツメガエルの飼育に必要なもの

ヒメツメガエルは熱帯魚と同様の飼育設備で飼育できます。飼育設備はペットを健康に飼育するためにとても大切なのものなのでぜひちゃんと揃えてあげてください。

飼育容器

ヒメツメガエルは水槽で飼育することができます。

ヒメツメガエルは体長が小さいカエルなので、30センチ水槽などの小型の水槽で飼育することができます。

水槽を用意するときはちゃんと蓋も用意するようにしましょう。ツメガエルは水槽のガラス面に張り付きながら脱走するこがよくあります。なので、水槽に隙間が当ていると脱走してしまうのでちゃんと蓋を用意しましょう。

ヒメツメガエルはのんびりした性格なので、熱帯魚と混泳させることもできます。熱帯魚のサイズが小さすぎるとヒメツメガエルが食べてしまうので、ヒメツメガエルよりもサイズの大きな熱帯魚と混成させてください。

また、熱帯魚が大きすぎて肉食の魚だとヒメツメガエルが餌になってしまうので注意してください。

濾過フィルター

熱帯魚と同じ飼育設備になるので濾過フィルターが必要になります。濾過フィルターがなくても飼育することはできますが、水質が悪化しやすくなるので濾過フィルターは用意しておいたほうがいいでしょう。

濾過フィルターからでる水流が強すぎると疲れてしまうので、水流が強くなりすぎないようにしましょう。

ヒーター

ヒメツメガエルの飼育にはヒーターが必要になります。

ヒメツメガエルの適温は25度前後と言われています。水温の変化には強いカエルですが、あまり急激に水温が変わったり、水温が低すぎたりすると病気になってしまうことがあるので注意してください。

水温が15度以下に下がると食欲が落ちたりするので、水温が15度以上になるようにヒーターを設置して水温を管理するようにしましょう。

隠れ家

隠れ家があったほうがヒメツメガエルが安心することができるので、隠れ家を用意してあげるようにしましょう。

隠れ家がなくても飼育することはできますが、隠れるところがないとストレスになってしまうので用意するのがいいと思います。

床材

床材はなくても飼育することができますが、かっこいいレイアウトで飼育したい場合などは床材を敷くのがいいと思います。

床材は砂利などでもいいですが、角ばなく滑らかなもののほうが怪我をすることがないのでオススメです。

水草

他の水棲のカエルはよく泳ぐので水草を荒らすことがありますがヒメツメガエルは体が小さくそんなに泳ぎ回らないので水草を設置しても荒らすことは少ないです。

水草は隠れ家にもなるので、水草を設置してあげたほうがヒメツメガエルにとってストレスのない環境になります。

ヒメツメガエルの飼育にオススメの餌

ヒメツメガエルは人工餌も食べるので、簡単に飼育することができます。

亀用の餌や金魚用の餌なども食べます。人工餌の他には冷凍の赤虫やイトミミズなども食べます。

赤虫やイトミミズの方が嗜好性が高いので、餌をあ、あり食べない時には赤虫などを与えるのがいいと思います。

熱帯魚と混泳させていて、エサを食べることができないようであればピンセットで赤虫をつまんでヒメツメガエルの顔の前に持って行って、食べさせてあげてください。

ヒラタピパを飼おう!!ヒラタピパの飼育方法と必要な設備を紹介!!

アマゾンミルキーフロッグを飼育しよう!特徴と飼育方法を紹介!!

アフリカウシガエルを飼おう!アフリカウシガエルを飼育する方法を紹介!!

爬虫類の飼育に必要な設備についてはこちらの記事で紹介しているので、爬虫類の飼育を考えている方は読んでみてください。