*

カエルは毒を持っている?カエルの毒性について紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/11/18 カエルの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

カエルは毒を持っている?カエルの毒性について紹介!! 

this little guy was quite the poser. he seemed drawn to the camera flash

カエルは人間にも身近な生き物で、子供の頃に捕まえたことがある人も多いと思います。カエルは可愛らしい見た目をしていますが、実は毒を持っている種類もいます。今回の記事ではカエルの毒性について紹介します。

 

 

カエルは安全なイメージがあるますが、実際には毒を持っている種類もいます。カエルの種類によっては毒が目に入ると失明してしまうことがあります。

 

なので、カエルを捕まえたりするときやペットとして飼育する場合は注意が必要です。

 

今回の記事では、カエルの毒性について紹介するので、ぜひ読んでみてください。

 

 

毒を持っているカエル

 

 

ヒキガエル

 

 

ヒキガエルは日本に生息しているカエルで、日本には、ニホンヒキガエル、オオヒキガエル、ナガレヒキガエル、ミヤコヒキガエルの4種類が生息しています。

 

ヒキガエルにはブフォトキシンという強力な毒を持っています。もしヒキガエルを触ると、皮膚炎になることがあります。

 

さらに口に入ると痺れや吐き気、幻覚を引き起こすと言われている危険な毒です。後頭部の耳の後ろにある毒腺や皮膚や背中にあるイボから強力な毒液が分泌されます。

 

毒腺から毒液を噴射することがあり、その毒液が目に入ると失明してしまうこともあるようです。

 

ヒキガエルを捕まえると威嚇をして体を膨らませます。逃げられないことを悟ると白い牛乳のような色の毒液を分泌するので気をつけてください。

 

なので、ヒキガエルを見つけても触らないようにして、触ってしまった場合は石鹸を使ってよく手を洗うようにしましょう。

 

人間がヒキガエルの毒の被害に会うことはあまりありませんが、犬の散歩中などに犬がヒキガエルを噛んだりして毒液の被害にあうことがあります。

 

なので、犬の散歩中にヒキガエルを見つけらた犬を近づけないように気をつけましょう。

 

 

 

アマガエル

 

 

アマガエルも日本に生息しているカエルで、生息範囲も広く都市部にも生息しているので身近なカエルです。

 

アマガエルも意外に毒を持っています。アマガエルはヒキガエルのように毒を出すわけではなく、体を覆っている粘膜に毒が含まれています。

 

アマガエルの粘膜が傷口に入ると炎症を起こしてしまったり、触った手で目をこすると炎症を起こしてしまい、最悪の場合失明してしまうことがあるので注意が必要です。

 

アマガエルは生息している範囲が広く、使える機会も多いカエルなので、扱いには注意してください。アマガエルを触った場合はしっかりと手を洗うようにしましょう。

 

 

 

ヤドクガエル

 

 

ヤドクガエルは中南米に生息しているカエルで、赤、青、黄色、緑などとても綺麗な見た目をしているカエルです。

 

ただ、これは警告色を言って、毒を持っていることを周りに知らせるために派手な色をしています。

 

ヤドクガエルは種類によって毒の強さは違いますが皮膚から猛毒を分泌するカエルです。

 

ヤドクガエルの中にはモウドクフキヤドクガエルという、名前に猛毒とい単語が入ってしまっているものすごい強い毒性を持った種類がいます。

 

ヤドクガエルは種類によって持っているどきは違いましが、バトラコトキシンなど複数な毒を持っています。

 

猛毒を持っているモウドクフキヤドクガエルなどの粘膜が傷口に入ってしまうと命にも関わる危険な毒です。

 

元々は借りをするときに弓矢の先に塗って使用されていました。フキヤドクガエルは毒性が強くて危険なカエルですが、ペットとして販売されているヤドクガエルはそれほど強い毒は持っていません。

 

また、捕食しているアリやダニによって毒が体内に蓄積されると言われています。なので、飼育されているヤドクガエルには毒性がないと考えられています。

 

ただ、ヤドクガエルを飼育するときは素手で触ってはいけません。毒性の問題もありますが、ヤドクガエルにとって人間の体温は高すぎるので、長時間ハンドリングをすると体調を崩してしまうので気をつけてください。

 

 

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です