*

可愛くて人気のヤモリ!ヘルメットヤモリの特徴と飼育方法を紹介!

公開日: : 最終更新日:2018/12/08 ヤモリの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

可愛くて人気のヤモリ!ヘルメットヤモリの特徴と飼育方法を紹介! 

ヘルメットヤモリ

ヘルメットヤモリは見た目も可愛らしくて人気の高いヤモリです。小さくて丸っこい体をしていてとても可愛いので飼ってみたい方も多いと思います。今回の記事ではヘルメットヤモリの特徴と飼育方法について紹介します。

 

ヘルメットヤモリは丸っこくて可愛い見た目と恐竜のような雰囲気があって恐竜の赤ちゃんのようなヤモリです。

 

飼育も簡単なヤモリでハンドリングすることもできます。壁に登ったりすることもないので脱走の心配もなく体も丈夫なヤモリなので初心者の方にもオススメです。

 

今回の記事ではヘルメットヤモリの特徴と飼育方法を紹介するのでヘルメットヤモリを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

ペットいnオススメのヤモリについては、下記の記事で紹介しているのでそちらも読んでみてください。

ペットに人気のヤモリの種類を紹介!!

 

 

 

ヘルメットヤモリとは

 

 

ヘルメットヤモリは西アフリカなどに生息しているヤモリで、砂漠などに生息しています。

 

砂漠にある岩場などに生息していて、昼間は岩陰などに隠れていて、夜になると餌をさがして活動する夜行性のヤモリです。

 

体長は小さくて平均で7〜8cm程度で、最大でも10cm程度までしか成長しない小型のヤモリです。

 

体長が小さいヤモリなので、省スペースで飼育することができます。地表棲のヤモリなので、背の高い飼育ケージも必要ありません。

 

ただ、流木などを入れて立体的なレイアウトにしておくと木登りをすることもあるので、飼育スペースに余裕があるなら入れておくのもいいと思います。

 

温厚ですばしっこくないので、ハンドリングすることもできます。性格も温厚で暴れたりすることもないので初心者の方でも扱いやすいヤモリです。趾下薄板と呼ばれる吸盤のような器官が指先についているので、垂直のガラス面でも問題なく登ることができるので、脱走しないように気をつけてください。

 

 

 

ヘルメットヤモリの飼育に必要なもの

 

 

ヘルメットヤモリはヒョウモントカゲモドキと同様の飼育設備で飼育することができます。

 

簡単に必要な飼育設備を紹介します。

 

 

 

飼育ケージ

飼育ケージは小型のもので構いません。20cm程度の爬虫類用の飼育ケージで飼育することもできますが、シェルターや流木などを設置することを考えると少し大きな30cmサイズの飼育ケージで飼育するのがいいと思います。

 

壁を登って脱走することがなるので、ちゃんと蓋ができるものを選ぶようにしましょう。爬虫類を飼育する時にオススメの飼育ケージを紹介

 

 

床材

ヘルメットヤモリは自然環境では日中は岩陰や砂の中に穴を掘って潜っています。飼育下では砂を掘ることは少ないですが、砂を掘ることもあるので入れておきましょう。

 

床材はデザートサンドなどのサンド系のものがオススメです。

 

 

保温器具

 

暖かい地域に生息しているヤモリなので飼育する場合は保温器具を使って室温を管理するようにしましょう。

 

室温は30度前後にする必要がありますが、そこまで厳密に室温を管理しなくても飼育することができます。ただ、寒すぎると体調を崩してしまうので20度より下回らないようにしましょう。

 

夜行性のヤモリなので、ホットスポットや紫外線ライトを設置しないでも飼育することができると言われています。

 

 

サーモスタット

 

室温を管理するために必要です。サーモスタットをつけておくと温度が上がりすぎたときにヒーターの電源を切ってくれて、温度が下がりすぎるとヒーターの電源を入れてくれます。

 

 

温度・湿度計

 

温度と湿度の管理に必要です。サーモスタットを使っていても多少誤差があるので温度計を設置しておきましょう。

 

また、乾燥しすぎると脱皮不全になってしまうこともあるので、湿度は40%ぐらいになるようにしましょう。

 

 

シェルター

 

日中は隠れていることが多いのでシェルターを設置しておきましょう。シェルターはどんなものでも構いません。登り木などを設置していて、隠れられる場所があるなら、シェルターを設置しなくてもいいと思います。

 

 

霧吹き

 

ヘルメットヤモリを飼育する場合は週に1〜2回程度霧吹きをする必要があります。毎回のことなので使いやすい霧吹きを使用するのがいいと思います。ベビーを飼育する場合はできれば毎日霧吹きをするようにしましょう。

 

噴射機だと簡単に霧吹きをすることができるので、少し高いですが噴射機を使うのがいいと思います。霧吹きをするときは生体に水がかからないように注意しましょう。

 

 

ヘルメットヤモリの飼育にオススメの餌

 

 

コオロギたデュビアなどの昆虫を食べます。大人のヘルメットヤモリであれば週に1〜2程度、頭の半分ぐらいのサイズの昆虫を2〜3匹ぐらい与えるのがいいと思います。

 

ベビーを飼育する場合は頭の半分ぐらいのサイズの昆虫を毎日食べるだけ与えるのがいいと思います。

 

ミルワームも食べますがミルワームは脂肪分も多く栄養バランスも悪いので与えすぎには注意してください。ミルワームを与える場合はおやつ程度にして、たまに与えるぐらいにしましょう。コオロギの飼育方法を紹介!

 

 

 

 

 

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です