床材は何がいい?コーンスネークの飼育におすすめの床材を紹介!!

床材は何がいい?コーンスネークの飼育におすすめの床材を紹介!!コーンスネーク

コーンスネークは蛇の中では1番飼いやすい種類なので、蛇を飼ったことがない方にオススメのペットです。コーンスネークを飼育するときに、床材は何が良いか迷う方もいると思います。今回の記事では、コーンスネークの飼育におすすめの床材を紹介します。

 

 

コーンスネークは種類(モルフ)が多く、色々な見た目がいて美しい見た目をしているので、女性にも人気の高い蛇です。

 

コーンスネークは体も丈夫で飼育もしやすいので、蛇を飼ったことがない人でも飼いやすく、初心者の方にはとてもおすすめです。

 

 

コーンスネークを飼育しようと思ったときに、どんな床材を使えば良いか迷う方もいると思います。床材によってメリット・デメリットがあるので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

 

今回の記事ではコーンスネークの飼育におすすめの床材を紹介するので、コーンスネークの床材に迷っている方はぜひ読んでみてください。

 

それでは、コーンスネークの飼育におすすめの床材を紹介します。

 

コーンスネークにオススメの床材について

コーンスネーク

 

コーンスネークの床材はなるべく体を傷つけない素材がオススメのです。簡単にコーンスネークを飼育する際にオススメの床材について紹介します。

 

キッチンペーパー・新聞紙

 

created by Rinker
スコッティファイン
¥599 (2022/12/05 07:13:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

キッチンペーパー・新聞紙は他の床材に比べて、値段も安く手軽に使うことができます。

 

値段が安いので、頻繁に床材を交換することができるので、飼育ケージ内を清潔に保つことができます。ただ、水分の吸水性が悪いので、コーンスネークが大きく成長して、糞も大きくなると水分を吸水することができず、飼育ケージの底が汚れてしまいます。

 

 

すぐに掃除をすれば、飼育ケージ内は清潔にすることはできますが、掃除を頻繁に行うことができない場合は違う床材の方がいいです。

 

なので、ベビーのコーンスネークを飼い始めたぐらいの時であれば、使いやすい床材ではありますが、コーンスネークが大きくなったら違う床材に変えるのがいいと思います。

 

 

 

ペットシーツ

 

created by Rinker
山善(YAMAZEN)
¥5,586 (2022/12/05 00:06:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

ペットシーツも爬虫類の飼育にはよく使われる床材です。

 

ウッドチップよりも値段が安く、散らからないので、交換の手間もほとんどかかりません。ただ、ペットーシーツの下に潜ってしまい、潜ったところで排泄してしまうことがあります。

 

なので、ペットシーツを使用する場合はコーンスネークがペットシーツの下に潜らないように工夫が必要になります。

 

ペットシーツで飼育していると誤食することがあります。給餌の時に歯がペットシーツに引っかかってしまうと、餌だと勘違いしてしまい巻きつくことがあります。

 

もし、そのまま飲み込んでしまうと消化することができないので、お腹を切って取り出すことになります。なので、ペットシーツで飼育する場合は、餌を与える時はペットシーツを誤食しないかちゃんと確認するようにしましょう。

 

 

ウッドチップ

 

created by Rinker
ミタニ
¥1,329 (2022/12/04 21:21:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

ウッドチップもコーンスネークの飼育にはよく使われる床材です。ウッドチップとは木材を原料にした床材で、木材の種類によっと様々な種類のウッドチップが販売されています。

 

ウッドチップは匂いと水分の吸収性がすごくいいので、蛇の飼育にはとてもオススメです。匂いの吸収性が高いので、ペットシートや新聞紙などに比べて飼育ケージ内の匂いを抑えられます。

 

水分の吸収性があるので、湿度の管理もしやすくなります。見た目の一番いいので、レイアウトもきにする方はウッドチップが良いと思います。

 

掃除も糞などで汚れた部分を取り除くだけでそれほど大変じゃありません。散らかりやすいので、ペットシートなどに比べると少し面倒かも離れませんが、私はメリットの方が多いいと思います。

 

大きくなったコーンスネークを飼育する場合は、ウッドチップかペットシーツになると思います。

 

ヤシガラ

 

ヤシガラは消臭力もあり、保湿性も高いのでコーンスネークの飼育でよく使用されている床材です。

 

多湿を好む爬虫類を飼育する際によく使われる床材ですが、湿らせて使わなければ乾燥を好む爬虫類に使用することができます。湿度を管理しやすいので使いやすい床材です。

 

床材の誤食について

コーンスネークなどの蛇を飼育する際に気をつけないといけないのが誤食です。

 

蛇の餌はピンクマウスやラットです。餌をピンセットで与えると餌に食いついて巻きついて食べます。この時に床材を一緒に巻き込むと床材も一緒に食べてしまいます。

 

少量であればフンと一緒に排泄されますが、量が多いと最悪の場合死んでしまうことがあるので床材の誤植には注意が必要です。

 

誤食のリスクが少ない床材とは

 

 

ペットシートに比べてウッドチップは誤食のリスクが少ないです。

 

マウスにウッドチップが多少くっついてしまい、そのまま食べてしまうこともありますが、それで病気になってしまうことはほとんどありません。

 

ストレスを感じていたり、もともと病気になっていて免疫力が落ちている時は、胃腸炎になることもあるかもしれませんが健康な状態ですあれば心配はいりません。

 

 

 

こんな記事もオススメです。



爬虫類の飼育に必要な設備についてはこちらの記事で紹介しているので、爬虫類の飼育を考えている方は読んでみてください。

ヘビの飼育方法

Posted by hachuarium