*

シロマダラは飼える?シロマダラの特徴と飼育方法を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/12/18 ヘビの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

シロマダラは飼える?シロマダラの特徴と飼育方法を紹介!!シロマダラは探そうと思ってなも中々見つけることができないヘビです。見つけることが難しいので、幻のヘビとも呼ばれています。今回の記事では、シロマダラの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

シロマダラは幻のヘビと呼ばれたりもしています。ただ、見つけるのが難しいだけで、決して貴重な蛇ではありません。

 

ペットショップやホームセンターで販売されていることもあり、安いときは3000円ほどで購入することもできます。

 

今回の記事ではシロマダラの特徴と飼育方法を紹介するので、シロマダラを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

シロマダラの特徴

 

 

シロマダラは体長が30〜70cm程度までしか成長しない小型のヘビです。幼蛇の頃は模様がはっきりしていて、とても綺麗で、大人になってくると模様が少しくすんできます。

 

シロマダラには面白い特徴があり、外敵に襲われると死んだふりをすることがあります。

 

気性は荒い種類で、捕まえようとすると噛まれることがあるので注意してください。毒もないので、噛まれてもそれほど痛くありません。

 

ただ、口の中に細菌が繁殖していることがあるので、噛まれた場合はよく洗って消毒するようにしましょう。

 

シロマダラはアオダイショウと同じように総排泄口から悪臭を出します。主に平地や山地の森林に生息しています。特に低山地に多く生息していると言われています。

 

北海道から本州、九州、四国、などに生息していて、ほぼ日本全域に生息しています。

 

シロマダラは夜行性の蛇なので、日中は岩陰や倒木の隙間、木の皮の間などに隠れていることが多いようです。生息範囲も広くて、個体数も少ないわけではないので、探してみると見つけることができると思います。

 

 

 

シロマダラの販売価格

 

 

 

販売しているショップは少なく、流通することも少ないので、値段ははっきりしていませんが、安いショップであれば3000ほどで販売されています。

 

高いものだと1万円前後で販売されていることがあります。見つけるのは難しい種類ではありますが、個体数が少ないわけではないので、探してみるのがいいと思います。

 

 

 

シロマダラの飼育に必要なもの

 

飼育ケージ

 

 

プラケースで飼育することもできます。シロマダラは地表棲の蛇ですが、木に登ったりすることもあるので、飼育する場合はちゃんと蓋をするようにしましょう。

 

 

床材

 

 

シロマダラは森林に生息していて、湿度の高い場所に生息していることが多いです。なので、飼育する場合は湿度を保てるように腐葉土とミズゴケを組み合わせて使うのがいいと思います。

 

 

水入れ

 

 

水入れは飲み水としても使いますが、水浴び用としても使います。脱皮が近くなると水浴びをして、脱皮をしやすくします。

 

水入れは体が浸かるぐらいのサイズのものを選んで、倒れないように重量のあるものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

シロマダラにオススメの餌

 

 

シロマダラを飼育するときに1番大変なのが餌の確保だと思います。

 

自然下ではトカゲやヤモリなどの爬虫類を食べているので、個体によってはピンクマウスに餌付かないことがあります。

 

最近では冷凍ヤモリなども販売しているので、そういった餌を使うのがいいと思います。ただ、冷凍のヤモリにも餌付かないことがあるので注意してください。

 

 

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です