*

コーンスネークを飼おう!コーンスネークの値段・特徴・飼育方法を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2016/11/15 ヘビの飼育方法

Pocket

コーンスネークを飼おう!コーンスネークの値段・特徴・飼育方法を紹介!!Kornnatter

 

コーンスネークは蛇の中でも人気の高い種類です。蛇を初めて飼う人の入門種として多くの人に飼われています。今回の記事ではコーンスネークの飼育方法を紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

コーンスネークは爬虫類の中でもすごく人気の高い種類です。

 

蛇を飼い始めたい人にとっては入門種としてとても人気があります。

 

コーンスネークは性格がおとなしいので、こちらが無理やり触ったりしない限りは噛み付いたりすることはないのでハンドリングをすることもできます。

 

 

コーンスネークは飼育が簡単な種類なので、繁殖が多く行われていてペットショップで販売されているコーンスネークのほとんどはブリード個体です。色々なカラーバリエーションがあったり色々な模様の個体が販売されているので、自分が気に入った個体を探すのも楽しいと思います。

 

寿命も10年以上と長いので長く付き合うことができるペットなのでオススメです。

 

 

今回の記事ではコーンスネークの飼育方法を紹介するので、コーンスネークを飼育してみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではコーンスネークの飼育方法を紹介します。

 

 

 

1、コーンスネークについて

 

 

コーンスネークはアメリカに生息しているナミヘビ科のヘビで、日本に生息しているアオダイショウの仲間になります。

 

 

コーンスネークはのんびりした性格をしていて、とてもおとなしいので、いきなり触って驚かせたりしなければ、噛み付いて来ることはまずありません。ヘビは人に触られて喜ぶわけではありませんが、人に慣れれば触られても嫌がることがないので、ハンドリングなどをしてスキンシップを楽しむことができます。

 

 

飼育が簡単な種類で、繁殖が多く行われているのでコーンスネークには様々なモルフがいます。コーンスネークには体色が真っ白な個体やピンク色の個体など美しい個体がいるので、女性にも人気の高い種類のヘビになります。

 

 

 

コーンスネークの値段

 

 

コーンスネークの値段はモルフによって違います。

 

有名なモルフでは、アルビノであれば1万円前後、スノーであれば1万5千円前後になります。流通量の少ないモルフであればもっと値段が高くなります。

 

ノーマル個体であれば高くても8000円、安い個体であればイベントなどで3000円前後で販売されていることもあります。

 

コーンスネークを飼ってみたいと思う方は爬虫類の販売イベントに行って色々なモルフを見てみるのがいいとおもいます。珍しいモルフであれば値段は高いですが、ノーマルであれば値段も安いので初心者の方にもオススメです。

 

 

 

 

コーンスネークの寿命

 

 

コーンスネークの寿命は平均で10〜15年と言われています。

 

ただ、ヘビは長生きする生き物なので、いい環境で飼育してあげればそれ以上に長生きすることもあります。長生きする生き物なので、飼育する場合はちゃんと飼いきれるか考えてから購入するようにしましょう。

 

 

2、コーンスネークの飼育に必要な物

 

 

 

 

コーンスネークを飼育する場合は

 

飼育ケージ


ジェックス グラステラリウム6030 PT2604

 

なるべくお金をかけずに飼育したいと思ったら、飼育ケージは昆虫用のプラケースがいいと思います。

 

最大で150センチぐらいまで成長するって聞くとすごく大きくなるような気がしますが、基本トグロを巻いているのでそこまで場所を取ることはないので、大きな飼育ケージじゃなくても飼育することができます。

 

ベビーの頃は昆虫用のプラケースで飼育して大きくなったら90センチか120センチの水槽で飼育するのがオススメです。

 

 

 

 

ヒーター


ジェックス レプタイルヒート M

 

ヒーターはパネルヒーター用意しましょう。飼育ケージの半分か3分の1ぐらいのサイズのパネルヒーターを用意してあげてください。

 

飼育ケージ全体を温めてしまうと暑い時に体温を下げる場所がなくなってしまうので、バテてしまいます。パネルヒーターを設置する時はちゃんと体温調節が出来るように飼育ケージの半分ぐらいのサイズにしてください。

 

 

パネルヒーターはビバリアのパネルヒーターがオススメです。

 

 

水入れ


ウォーターシェルター Mサイズ 爬虫類 ヘビ 蛇 シェルター

 

脱皮の時に湿度を求めて、水入れに入ることがあります。

 

水入れは爬虫類用のものが販売されているのでそれを用意するのがいいと思います。いらないタッパーがある場合は工具が必要になりますが、自分で作ることができます。

 

 

 

湿度計・温度計


レプタイル アナログ温湿度計 TH-22

 

爬虫類を飼育する場合は温度と湿度の管理が重要です。

 

なので温度計と湿度計は用意しましょう。室温全体は25〜28度前後でパネルヒーター上部は35度前後で安定させるようにしてください。

 

 

床材


ビバリア アスペンマット 8リットル (乾燥環境の床材)

 

ペットシーツや新聞紙を敷いて飼育することもできます。掃除を簡単にして飼育しやすくしたい場合はペットシーツや新聞紙を使って飼育するのがいいと思います。

 

見た目を気にする場合は木材のチップ系の床材がいいと思います。チップ系の床材は爬虫類用のものも販売されていますが、ハムスターや小動物の飼育用のものを使うこともできます。

 

 

ピンセット


スドー ハプクラフト バンブーピンセット

 

ピンセットは餌を与える時に使用します。コーンスネークはおとなしい性格なので、飼育ケージ内に手を入れても噛まれることはありませんが、他の種類の蛇の場合、飼育ケージ内に手を入れると噛まれることがあります。

 

そういう場合は餌をあげるとき用の他に、飼育ケージ内の手入れ用のピンセットも用意するようにしましょう。

 

 

コーンスネークを飼育する場合には以上の設備が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

3、コーンスネークの飼育にオススメの餌

 

 

 

コーンスネークを飼育する場合は冷凍のピンクマウスを与えましょう。

国産冷凍ピンクマウス L 10匹

 

生き餌じゃなくても全然食べてくれるので冷凍のピンクマウスがいいと思います。冷凍のピンクマウスを与える場合はちゃんと解凍してから与えるようにしてください。

 

 

ちゃんと解凍されていなくて、中が凍っているまま与えてしまうとお腹を壊してしまったり、ちゃんと消化することができなかったりするので注意してください。

 

ピンクマウスのサイズにもよりますが、3時間も置いておけば自然に解凍します。ずっと外に置いているとピンクマウスが腐ってしまうので気をつけてください。

 

 

自然解凍をする場合はキッチンペーパーにピンクマウスを置いて3時間ぐらい様子を見ましょう。触った感じで凍っていなければコーンスネークに与えるようにしましょう。

 

お湯につけたり電子レンジを使って解凍することもできるので時間がない場合は60度ぐらいのお湯につけて解凍したり電子レンジを使って解凍するのがいいと思います。

 

コーンスネークはそんなにたくさん餌を食べません。ベビーの場合は1週間に2回ぐらい、アダルトの場合は1週間に1回で十分です。

 

 

結構大きな餌でも飲み込んでしまいます。顔の倍ぐらい大きさだったら平気で食べてるので、最初はちゃんと食べられるか不安になると思います。

 

餌を与えるときはピンセットでピンクマウスを持って顔の前に持って行ってあげてください。口元にもっていけばすぐに食べてくれます。

 

 

神経質な個体はピンセットから餌を食べないことがあるので、ピンセットから餌を食べない場合は飼育ケージに解凍したピンクマウスを置いておきましょう。蛇を飼育したことがない方でも飼育しやすいヘビをこちらの記事で『【蛇の飼育方法】初心者でも飼いやすい蛇と正しい飼育方法を紹介!』紹介しているのでぜひ読んでみてください。

 

 

 


コーンスネーク (見て楽しめる爬虫類・両生類フォトガイドシリーズ)

 

こんな記事もオススメです。

蛇を飼ってみたい人へ!!蛇をペットにしたい人にオススメの蛇を紹介
蛇を飼ってみたいと思う人は多いと思います。 ペットとして蛇を飼うなら何がいいのかって迷いますよね。 今回の記事では蛇をペットにしたい人にオススメ

ペットにオススメの飼いやすい爬虫類を紹介!!
爬虫類って可愛いですよね。 最近では爬虫類を飼っている人も増えてきたので、自分も飼ってみたいと思う人は多いと思います。 今回の記事では、ペットに

爬虫類を飼育する時にオススメの飼育ケージを紹介
爬虫類を飼育する場合は飼育ケージが必要です。 飼育ケージには色々な種類があるので、どれを選べば良いのか迷う事があると思います。 今回の記事では、

おすすめの飼育ケージ

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

おすすめの保温器具

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

関連記事

床材は何がいい?コーンスネークの飼育におすすめの床材を紹介!!

コーンスネークは蛇の中では1番飼いやすい種類なので、蛇を飼ったことがない方にオススメです。コ

記事を読む

【蛇の飼育方法】初心者でも飼いやすい蛇と正しい飼育方法を紹介!

  蛇は怖いと思われていたり気持ち悪いと思われたりしていますが、ペットとして

記事を読む

ハンドリングをしよう!蛇をハンドリングさせる正しい方法を紹介!!

蛇をハンドリングする際には注意が必要てます。間違った方法だと蛇にストレスを与えてしまうことが

記事を読む

グリーンパイソンを飼いたい!グリーンパイソンの特徴と飼育方法を紹介!!

グリーンパイソンは美しい見た目をした樹上棲のヘビです。見た目が美しいので飼ってみたいと思う方も多

記事を読む

ヘビを飼いたい人にはオススメのペット向きのヘビの種類を紹介!!

ヘビは爬虫類の中でもペットとして人気の高い種類です。   飼育も簡単な

記事を読む

ヘビを飼いたい人へ!!ヘビを飼育する時に気をつけてほしいことを紹介!!

最近はヘビの人気も高く、ヘビを飼ってみようと思う人も多いと思います。でも、ヘビを飼育する場合

記事を読む

コーンスネークってどんな種類がいるの?色々な種類(モルフ)を紹介!!

コーンスネークには様々な種類があります。 特徴を持った個体同士を掛け合わせることで新しい種類のコ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑