*

シシバナヘビの特等や飼育方法・毒性を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/06/24 ヘビの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

シシバナヘビの特等や飼育方法・毒性を紹介!! 

出典:シシバナヘビ

 

シシバナヘビはペットとして近年人気の種類のヘビです。反り返った鼻が特徴のヘビで、可愛い見た目をしています。今回の記事では、シシバナヘビの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

シシバナヘビは顔先の花が反り返っていて可愛らしい見た目のヘビです。見た目が可愛いので、飼ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

体長もそれほど大きくならないので、小さいスペースで飼育することができます。可愛らしくて体長も小さいので、飼育が簡単そうに思われますが、シシバナヘビを飼育するのは少し大変です。

 

 

今回の記事では、シシバナヘビの特徴と飼育方法を紹介するので、シシバナヘビを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

シシバナヘビの特徴

 

 

シシバナヘビはアメリカに生息しているヘビです。

 

シシバナヘビにはセイブシシバナヘビとナンブシシバナヘビがいます。セイブシシバナヘビは体長が大きく、120cm程度まで成長すると言われていますが、ナンブシシバナヘビは体長が小さく80cm程度までしか成長しません。

 

メスよりオスの方が小さく、ナンブシシバナヘビのオスの場合は60cmほどまでしか成長しません。

 

シシバナヘビはホッグノーズスネークとも呼ばれています。セイブシシバナヘビはウェスタンホッグノーズスネーク、ナンブシシバナヘビはサザンホッグノーズスネークと呼ばれていることもあります。

 

シシバナヘビは鼻が反り返っていて、イノシシのような形をしています。穴を掘りやすいように鼻先が反り返って進化したようです。

 

他のヘビに比べて、体が太く短いので、ずんぐりした見た目をしています。他のヘビに比べて、面白い見た目をしているので飼ってみたい方も多いと思います。

 

 

 

シシバナヘビの毒性

 

 

シシバナヘビには毒があります。毒がなければ飼育も簡単なのですが、シシバナヘビは毒を持っているので、飼育する場合には注意が必要です。

 

シシバナヘビの唾液には神経毒が含まれています。少し噛まれただけで、唾液に触れていない場合は、軽く出血する程度で、毒の影響はありません。

 

ただ、長時間噛まれて、神経毒が含まれている唾液が傷口に触れてしまうと腫れてズキズキと痛むようになります。

 

そこまで強い毒性ではありませんが、飼育する場合には注意が必要です。

 

 

 

シシバナヘビの飼育方法

 

 

シシバナヘビは毒ヘビですが、許可なしで飼育することができます。セイブシシバナヘビとナンブシシバナヘビは国内での繁殖も多く行われていて、様々なモルフが販売されています。

 

 

毒があることを考えなければ、シシバナヘビの飼育はとても簡単です。

 

飼育方法はコーンスネークと同じです。

 

飼育する場合は飼育ケージ・床材・水入れ・シェルター・保温器具・サーモスタットが必要になります。

 

脱皮するときのために、コルクの皮や脱皮のとっかかりになるようなシェルターを用意してあげるようにしましょう。

 

餌は冷凍のピンクマウスやカエルなどを食べます。カエルをストックしておくのは大変だと思うので、冷凍のピンクマウスを与えるのがいいと思います。

 

野生の個体だとピンクマウスを食べないことがありますが、繁殖個体であれば大体はピンクマウスを食べてくれます。

 

 

 

オススメの飼育セット

ジェックス グラステラリウム4530 PT2603

アクリルケージ 小 TOP-AC180

ジェックス タイマーサーモ RTT-1

みどり商会 暖突 M

ジェックス レプタイルヒート M

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です