*

蛇の飼育にオススメのケージを紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/12/01 ヘビの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

蛇の飼育にオススメのケージを紹介!!ヘビは近年女性にも人気の高いペットです。静かで匂いも少なく、飼育の手間もかからないので、ヘビはとても飼いやすいですい。今回の記事では蛇の飼育にオススメのケージを紹介します。

 

 

ヘビは1〜2週間に1度ほどしか餌を食べないので、飼育の手間がかからないのでとても飼いやすいペットです。

 

怖いイメージもありますが、人に噛み付くことはほとんどなく、種類によってはハンドリングすることもできるので、近年とても人気が高いです。

 

ヘビを飼おうと思った時にどんな飼育ケージを使えばいいか迷う人も多いと思います。

 

今回の記事では、蛇の飼育にオススメのケージを紹介するので、蛇を飼ってみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

蛇用のケージの選び方

 

 

使用するケージは飼育する蛇の種類に合わせて選ぶようにしましょう。

 

一言にヘビといっても、地表棲のヘビと樹上棲のヘビがいます。地表棲のヘビであればそれほど高さは必要ありませんが、樹上棲のヘビを飼育する場合は立体的に移動することができるように高さのあるケースが必要になります。

 

また、飼育するヘビの体長によって、飼育ケージを選ぶようにしましょう。ヘビは丸まっていることが多いので、ケージは蛇の体長の半分程度の大きさで大丈夫です。

 

 

 

爬虫類用のガラスケージ

 

 

爬虫類用のケージは通気性が良くて、保温器具なども設置しやすいので、使い勝手がいいです。

 

また、扉が側面についていてるので、側面から手を入れてメンテナンスをすることができます。

 

ヘビの天敵は鳥なので、ヘビは上から触られることを嫌います。なので、上部に蓋が付いているよりも側面に扉が付いているケージの方がストレスを与えずに飼育することができます。

 

高さのあるケージも販売されているので、樹上棲の蛇を飼育するのにも使いやすいので、樹上棲のヘビを飼育する場合は爬虫類用のガラスケージを使用するのがいいと思います。

 

 

 

プラケース

 

 

小型のヘビであれば、プラケースでも問題なく飼育することができます。爬虫類用のプラケースには餌やり用の小窓がついているので、給餌もしやすく重ねたまま餌を与えることができます。

 

爬虫類用のケージに比べて値段が安く、1500円ほどで購入することができます。高さがないので、樹上棲の蛇を飼育することはできませんが、コーンスネークであればプラケースで十分飼育することができます。

 

なるべく初期費用を抑えたい場合はプラケースを使用するのがいいと思います。

 

 

 

アクリルケージ

 

 

プラケースと爬虫類用のガラスケージの中間的な飼育ケージです。

 

アクリル製なので、中が観察しやすくて軽いので掃除もしやすいです。値段はプラケースよりは高いですが、ガラスケージに比べると安いです。

 

蓋は上部がスライド式になっています。鍵はついていなくマグネットで止まっているので、蓋が開いてしまい脱走されてしまうことがあるので注意してください。

 

ガラス製のものに比べて保温性は低いので、温度の管理をシビアに行いたい場合はガラス製のケージの方が温度の変化を少なくすることができます。

 

 

衣装ケース

 

 

 

ボックスタイプの衣装ケースの他に、チェストタイプの衣装ケースも蛇の飼育によく使われています。

 

引き出しになっている衣装ケースに蛇を入れて飼育することができます。飼育する蛇の数が増えてきたら、チェストタイプの衣装ケースを使用するのがいいと思います。

 

そのまま使うと通気性が悪いので、引き出しの前方と後方、側面にドリルなどで穴を開けて通気性を確保しておきましょう。

 

また、鍵もついていないので、蛇が脱走しないようにタンス用のロックを設置しておきましょう。

 

 

 

ジェックス エキゾテラ ハビタットキット デザート 地上性爬虫類飼育セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です